リカオンさんの映画レビュー・感想・評価

リカオン

リカオン

  • 37Marks
  • 72Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

-

子どもの時にみたときは、ひとりだし、お人形遊びもするよねぇ、って思ってたけど、大人になって改めてみると、、、主人公くん、、けっこう限界よね、、。ウィル・スミスの見目が永遠かっこいい。

君の名は。(2016年製作の映画)

-

女子力って言葉嫌いやなぁ、人間力、生活力って言おうぜ。映画館でみた時の映像でボコ殴ってくる感じ、スマホサイズでみても威力が、、すごいいい、、、

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

-

俺らどこまでも追求すっからな、って喋り方、追求、って言葉選び、絶妙になんというか、こういう人っぽさ溢れるね。距離をつめると決めた時のコミュ力エグい。

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

うちも看板盗られて壊されて殴られたらふける。もし手元にあったらたまに危ない自分を演出したくて拳銃チラつかせる。その場にあった正しい表情って難しいよね。

インセプション(2010年製作の映画)

-

基本的に面白くて大好きな作品。だけど、ほぇ?どういう事?ってのを女の子と外国人にばっかやらせてる感じがちょっと、ってか結構好きくない。それにしても終わり方好きすぎる。

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

よくも悪くも不快な映画が続編つくったらこうなるだろうな、じゃじゃーん、これ、って感じ。

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

-

金色のなかから出てくるシャーリーズセロン氏の敬称はなんかめっちゃ高貴じゃなくっちゃ。

スノーホワイト(2012年製作の映画)

-

若さを「吸いとる」表現が昔から疑問、若い人間の生き血を飲んだり臓物食べたりは気持ちの問題だと思うから理解できるけど、実際魔法を使える魔法使いは若さを吸いとらず、「老いを押し付ける」魔法を使うのでないだ>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

怪獣が海の周辺の家を襲いました。ってテロップが微妙に面白い、そういう面白さがたくさん。

トロイ(2004年製作の映画)

-

私だったら太もも丸出しで戦場に行きたくないな。

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

光vs闇、みたいなの、最近あんま納得できないんだよねぇ、、みた時期が悪かった。

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

Der letzte Strahl. って書いてあるならさ、太陽光だめかぁ、、なら、月かなぁ、って普通なるよね、、、王さまなのにトーリン?教養?無さすぎでは?ってなった。

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

-

改めてみて、子どもの時に観といて読んどいてよかったな、ってなる作品。

タイタニック(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ローズがジャックという流し雛の力で自立した生涯を送る。って解釈した。

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

水ぶっかけられてI'm sorry mother. って言ってた、って所、自分の身に起こったことじゃないのにめっちゃ腹立った。

第9地区(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

パワードスーツ?ジェイソンボーンだったら無双出来そうだけど、さすがに本作の主人公さん、ってところがすごく好き。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

金髪ストレートヘアの真面目な感じの女の子がなんとなぁく、雰囲気、元ルームメイトににてて懐かしい気分。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最初の動画回しながら調子こいてるシーン好きw

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

-

ピカチュウがただただかわいい、ピカチュウがかわいい。

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

お父さん、泳げるようになっといてよかったね。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

人が齧られるシーンは毎回ちゃんと物陰に隠れてて、なんかお上品?でちょっとクスッとくる。こんだけ人殺しといてr指定にはしたくない、気合いを感じられる作品。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この、ネドリーのうざさをこの作品ではなく、もっとリアルなファンタジー色の薄いところでみたらストレスだったと思う。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

気付け薬?のシーン、子どもの時大好きだったんだけど、大人になってみると口のなかがすごい唾液だらけになるな。汽車でも猛スピードどかんどかんのシーン好きだなぁ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1、3に比べて評判悪いけど、結構好きだったりする。車、とばなかったねぇ、2015年。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ロレインのいかにも惚れてます、ポワワン、って顔が面白さを倍増させてる、あと、いじめっこの鼻息ブルルンって感じとドクのビックリぃいの顔芸。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

基本びちゃびちゃしてて気持ち悪い、ただただウィル・スミスがかっこいい。

ターミネーター2(1991年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

だって知らなかった、、、って言っちゃ駄目だなぁ、、と、サラの「Woher hättest du das wissen sein. Das war ein verfluchte Männer wie d>>続きを読む

>|