かんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

かんちゃん

かんちゃん

陰鬱な映画が大好き

映画(677)
ドラマ(0)

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.0

36年前だけあって、さすがに古臭さは否めないものの、公開当時はかなり斬新で最先端だったんだろうなぁ。
随所に日本や中国の要素を織り込むあたりとか、なんかあざとい気さえする。笑

SF好きな人ならドはま
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

色々考えさせられる内容。

実際のあの事件の犯人は今どうしているんだろう。
まさか、すぐ近くにはいないはず。
いたらどうする?
とりあえず避けるだろうな。

人間はそう簡単には変われない。

てか、瑛
>>続きを読む

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

3.0

淵上泰史、ちょっとヤバい役やらせたら最高にはまる。
高橋和也も同じく。ちなみに彼は男闘呼組の唯一の成功者。笑
(男闘呼組知ってる人、どれくらいいるだろうか。笑)
先日、君の名前で僕を呼んで、とゆう素敵
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

朝っぱらから何観てんだか、私は。笑
ヤバいですよ、松坂桃李ファンは悶絶ですよ、この映画。
実際観ながら桃李と一緒にイッちゃった人いるんじゃない?笑
私は爆笑でしたけどね、数ヶ所。

西岡徳馬、キャスト
>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

思ってたほど衝撃的ではなかった。
レイプはこの世で最も許しがたい犯罪行為だと思う。
でも、いくらハイテンションになったとしても、あんな男だらけの酒場で肩ヒモずらして腰振って踊ったら危険よ~、ジョディ。
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

3.9

「どうやったら普通になれるの?」

普通ってなんなんでしょうね。

父親やお兄ちゃんの気持ちもすごくわかるけど。。。
でも、ゆきなみたいないとこがそばにいて良かったね~。
みんながみんな特別扱いしてた
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.0

予想以上に良かった❗
今、予想を上回る作品を観た後の充実感に浸っております。
笑いあり涙あり。
数々の田舎あるある、葬式あるある、家族あるあるが出てきて、邦画の良さが全開だった。
個人的には、坊さんが
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.5

リリーとピエールを白石和彌が撮ってるんだから、面白くないわけがない。
誰もがそう思ってたはずのこの映画、残念ながら不評のようですが、
私はけっこう好きです。
人間のどうしようもない感じが、絶妙に表現さ
>>続きを読む

触手(2016年製作の映画)

2.9

エロもグロもたいしたことなくてガッカリ。
『君の名前で僕を呼んで』の後に観たから、この映画の男同士の濡れ場が気持ち悪く見えた。笑
モザイクがなかったら、もうちょっとスコア上げるけど。
見どころは、色ん
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

美しい風景、美しい少年と青年、美味しそうな料理に果物、そして素敵すぎる両親。
ボーイズラブは正直あまり好きではないけど、この映画は全く不快感がなかった。むしろ、もっと観ていたい。
あと、出てくる車がど
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.1

自分の生活を24時間SNSにさらけ出すなんて、なんと末恐ろしい。
このサークルって企業、やることが鬼畜の極みです。
トム・ハンクスがスティーブ・ジョブズに見えた。笑

地獄愛(2014年製作の映画)

3.3

期待したほどグロい描写はなく、とにかく主人公の女がウザイ。
最後の馬小屋の場面で、おまえが殺されてしまえ❗って心の中でツッコミました。
歌からのノコギリは最高。
今まで観てきた映画の中で3本の指に入る
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

日本好きな外国人がめっちゃハマりそうな映画。
独特な世界観、音楽、そして何より超豪華声優陣。アタリ君のたどたどしい日本語が妙にクセになって、声優誰?ってなって思わずググりました。コーユー・ランキンって
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

実話だと信じたくない。

でも観て良かった。
これだけ賞を総なめできるのも頷ける!

さんかく(2010年製作の映画)

4.0

面白い‼️
ずっとただのラブコメだと思ってスルーしていた私は馬鹿でした。ヒメアノールが好きな人は好きだと思います。
てか、なにあのクソだせぇ車。笑
自画像はないだろ、自画像は。笑

最後のシーンの田畑
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.8

何がハッピーエンドだよ、ふざけたタイトルつけるよね全く、ファニーゲームといいコレといい、この監督のセンスほんと疑うわ。大好きです。笑
愛アムール、観ておけば良かった。

早春(1970年製作の映画)

3.0

城田優似の童貞美少年のこじらせ恋物語。
名作らしいですが、そこまで響かなかった。もうちょっと狂ってても良かった。

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

3.5

どんなオチが待っているのか、ワクワクしながら観てたのに、、、

なんじゃそりゃ~❗ですわ。笑
衝撃とゆうよりか、笑撃。

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

2.8

伊藤くん、かなり痛い。
でも、実際に居そう、ああゆう人。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

4.0

久々の涙腺崩壊。
こんなにいい映画だったんですね。
小池栄子以外、興味をそそられる人は出てないから全然観るつもりなかったけど、私の崇拝している方のレビューを呼んで、ちょっと興味わいたから観てみたら、こ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.5

おかしいな~、この映画が充分楽しめる年齢と予備知識を持っているはずなのに、全然面白くなかった。
平均スコア高いのに。
なんか自分だけノリについていけない人みたいで悔しい。笑
金田のバイクとシャイニング
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.8

超有名な本作、今さらながら観賞させていただきました。
デビットリンチが監督で、アンソニーホプキンスも出演してたんですね❗
ホプキンスと言えばサイコパスですから、いつ人格が崩壊するか心配しながら観てまし
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

3.5

パッと見は好青年のサイコパス野郎が、一人旅美女を監禁する話。
逃げ出すチャンスが何回か訪れるんだけど、失敗に終わる。そのイライラがたまりません。
ゴリゴリの監禁映画とゆうより、こじゃれた感じ。
あと、
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.2

難解と聞いてたけど、身構えてたほど難しくなかった。
かと言って100%理解はできてない。
でも観賞後のこの満足感。
これだから映画はやめられない。

神と人との間(2018年製作の映画)

3.0

期待しすぎた。
谷崎3部作の中で一番観たかったヤツなのに、一番面白くなかったかも。
内田ちかの裸が拝めたからまあいっか。

スマホ持ってるから時代設定は現代のはずなのに、なんでみんなやたらダサいのか。
>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.0

満島ひかり目当てで観賞。
絶対乳首見せない派の女優だろうな~と思ってたけど、脱いでます。濡れ場ではないけど。
興味のある方は是非。笑

わらの犬(1971年製作の映画)

3.5

想像以上に胸糞でした。

なるほど、残酷なホームアローンとはこうゆうことだったのね。
確かにひとつも笑えない。
ただ奥さんが、やめて、とゆう割にはけっこうノリノリだったのがツッコミどころ。
最初から家
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.5

しょうもねぇ❗ほんましょうもねぇ❗
なにが、おっふだよ‼️
ふざけるのもええかげんにせぇよ❗

でも決して憎めない映画。
かと言って二度とは観ない。
スコアはすべて橋本環奈に捧ぐ。

悪魔(2018年製作の映画)

3.1

楽しみにしていた谷崎トリビュート3部作二つ目、大した悪魔は出てこなくて残念。もっと残酷なものを期待してました。そもそも谷崎潤一郎を読んだことないんですけどね。
でも吉村界人がなかなかの変態ぶりを見せて
>>続きを読む

富美子の足(2018年製作の映画)

3.0

ずっと観たかった谷崎潤一郎トリビュート3部作のひとつ。
でんでんの魅力が満載だった。
淵上泰史もなかなか良い変態ぶりを見せてくれました。
でもちょっとなんか物足りないかも。
あ~、私も富美子みたいなス
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.0

オチが予想通りで残念。
刺激を求めすぎてしまった。
こんなんなら、実写でやれば良かったのに。
やっぱりこの監督、アニメの方が得意なんかな?

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

またしても期待しすぎた。
思ってたよりファンタジーだった。
特に最後の首が転がるところ。笑
前半まではけっこう面白かったんだけどな~。
キャストはみんな良かった。
大好きな安藤玉恵が出て来てテンション
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

終始漂う不穏な空気。不気味な少年。胸糞ラスト。
まさに自分の大好物な映画でした。
こうゆうのばっかり観ていたいです。
とにかくバリーコーガンが清々しいほど気味悪い。

どなたかレビューで仰ってましたが
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

2.5

ずっと観たかったこの作品。かなり高評価だけど、ぶっちゃけ何がそんなにいいのかわからない。
この映画の良さを理解できない自分を責めたくももなるが、
なんせ長い。とにかく長い。3日くらいかけて観たもんね。
>>続きを読む

>|