かんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

かんちゃん

かんちゃん

陰鬱な映画が大好きです

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.2

泣いた、本当に泣いた。
そして今このレビューを書きながら泣いている。
なんの涙だろう。感動?悔し涙?
たぶんビョークの歌声のせいだ。
彼女の唯一無二の歌声に終始鳥肌が立っていた。
この映画は私にとって
>>続きを読む

鉄男 THE BULLET MAN(2009年製作の映画)

3.0

期待しすぎてしまった。とゆうか、オリジナルをまだ観てないから、なんとも言えない。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.1

こんな言わずと知れた名作を今更ながらの観賞で申し訳ないのですが、期待したほどではなかった。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

玉城ティナ→高橋メアリージュンとゆう流れは、ちょっと違和感がある。笑
ウシジマくんは良かったけど。

闇の子供たち(2008年製作の映画)

3.7

自分の子供が臓器移植が必要となったとき、自分はどうするだろうか。。。

本当にタイトル通りの映画だった。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.9

母親の愛情って大切なんだな、としみじみ思った。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.5

未だにボーンスリッピーを聴くと鳥肌が立つほど当時好きだった映画の続編。前作を観てから本作を観ることをお薦めします。時々出てくる昔のユアン・マクレガーがこんなにカッコ良かったとは!
あとベロニカが小松菜
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.3

奥菜恵が可愛すぎるし、山崎裕太の声変わり前のハスキーボイスがたまらない。笑

完全なる飼育(1999年製作の映画)

3.3

監督が和田勉って知らなかった。笑
そして塚本晋也出てるなんてことも知らなかった。
竹中直人は安定の気持ち悪さ。

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.5

大島渚監督と言えば、野坂昭如との乱闘騒ぎを思い出すくらいしか印象がなかったんだけど、この映画がこんなにすごいもんだとは思ってなかった。
参りました。
藤竜也もかっこいいし。
ただ、衛生的なことが気にな
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.9

映像美で言えば、アニメ映画の中でずば抜けていると思う。
ストーリーは正直よくわからなかったけど、そんなことはどうだってよくなるくらいの美しさだった。

脳男(2013年製作の映画)

3.9

初っぱなから痛々しくて面白かった。
生田斗真の血の通ってなさそうな感じも良かった。

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

登場人物のほとんどが最低なヤツばかりで、後味も悪く、ほんと最高でした。
こうゆう映画、大好物です。
妻夫木聡と満島ひかりはやっぱり良かった。
それにしても、あんな大学には行きたくないな~。

アドレナリン・ドライブ(1999年製作の映画)

3.8

普通に面白かった。安心して観れる。オチも読めたけど、なんか憎めない作品なので許せます。

コンクリート(2004年製作の映画)

-

なんのために作った映画なんだろう。
主人公のクソ男をかっこ良く撮ろうとしている感じが本当に気分が悪くなる。

>|