マーチさんの映画レビュー・感想・評価

マーチ

マーチ

映画(32)
ドラマ(0)

ミックス。(2017年製作の映画)

4.6

銭湯帰り、氷結を飲みながら土曜ロードショーにて。
酔っていたのか、ラストはベビースターラーメンを噛み締めながら泣いていました。

すっきりしました。ありがとう。

玄関にラー油撒いとけ‼︎
シャシャシ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

てらいなく、押し付けがましくなく、
面白がっている背中を見せてくれる嬉しさったら!

東京ミッドタウン日比谷。
あの会場であのグルーヴ感。
会場をあとにする人の波には共犯のような居心地の良さが残ってい
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

細かいところはさておき、
とにもかくにもカッコいい。
この映画はこれでいい!!

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.5

ファッション、音楽、色遣い。ゆっくり、大きな車に運ばれているような不思議な感覚。観る度に違った後味の残る魅力的な作品。

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.0

財団が実家に訪れたあたりのカット割り、テンポはとても好きでした◎
あとは男心をくすぐるシーン多数!

モテキ(2011年製作の映画)

4.0

間の取り方や表情。自分が汚れてから見ると上手いなあと思う各シーンの空気感。

重い話をする2人の間を通り抜けるバイク。ぬあ、ってなる。

くるりの東京がしみる。

ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

言い回しがとても好み。
それぞれの表情が語る。

リクガメは大事な用事に出かけた。
縁があればまた会える。

複雑なうえにくだらない世の中。
たどり着く先が無ならば。
だからこそ微笑む。

ブルースに
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.0

ツチダのフってくれれば良いのに。
バギオの興味がなくなるまでは好き。
悲しい事に、思い出される記憶がある自分にうんざりする。

映画ほど派手ではなくても。
誰にもきっと潜んでいて、ふとしたきっかけで突
>>続きを読む

解夏(2003年製作の映画)

3.0

"おそれ"から解かれる様、解夏。
見ておかなくてはならないもの、記憶しておきたいことをハタと突きつけられる作品でした。

長崎の街が綺麗に撮られています。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

5.0

好きな映画。
あんなに愛おしかったものが、
落ちて腐ってしまうなんて、悲しい。
みすぼらしくて目も当てられなくなっても。

ジャムにしよう。

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.5

今見ると良い。あとDVDで本編再生を永遠としないとトランス状態になる。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.0

自分の中の"映画"からは外れる構成。
だかど短かくテンポ良くまとまっている。

ラストはニヤッと、エンディングでは自室で小さくダンスした。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

久しぶりにパンフレットを買って帰りました。建築設計の仕事に携わるものとして背筋の伸びる言葉がたくさんあった。
誠実に良いものを作りたい。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

良さも悪さも含めて人間らしさを色彩豊かに明確に表現している映画だった。
情けない笑い顔が思わず溢れてしまうシーン達。

その存在は、完全な光。メッセージがたたみかけるラストは圧巻。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.0

嵐の教室でのシーンに感じるところがあった。
自分にも打ち明けられなくなって、みぞおち辺りでじっとしている澱がある。本当の事をさらけ出せたら。誠実ならば、思いのほかサラッと受け止めて貰えることもあるのか
>>続きを読む

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

4.0

すぐには言葉にできない。すくなくとも時代背景と少年の瑞々しさのよく分かる映画だった。

様々な人物の瞳が印象的。好奇心旺盛な少年の眼には何がうつっていて、大人びた少女はどう世を捉えているのか。壊れた学
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

5.0

格好つけたくなる映画。ときどき見たくて、見て男友達と会いたくなる。

◾︎180212 再見
1番好きな映画。
男同士のくすぐったさはきっと大人になっても変わらない。
そして、切り取られた美しさは
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

とにもかくにも幸せに終わって良かった。世界の終わりとハードボイルドワンダーランドに通ずるテーマ。

ショート・ターム(2013年製作の映画)

5.0

人生はあたたかいから騒ぎ。
周りに教えたいような、
そっとしまっておきたいような、
素敵な映画でした。

サケボム(2013年製作の映画)

3.0

疲れた日に流し見るにはちょーどよいスピード感と内容。良い話。

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

4.5

深夜の屋上。こーゆーことって忘れない、が聞けて良かった。4人の掛け合いも学生の自分を見ているようで。

"あの頃の空気感"を忘れずにいて、たしかに表現して見せた名作。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

飽きないシーン展開。音楽と映像。映画館で見られて良かった。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

5.0

1番好きな映画で、1番繰り返し見ている映画。はりきりスタジアム。冬であれよ。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

5.0

最高に好き。オープニングの曲から名作の雰囲気漂い、ラストのダンスシーンは涙が出た。不器用でどこかためらいのある人たちが壁を打ち破る瞬間に出会えた。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

5.0

やっぱり好き。毎年、このエンディングテーマを聞くことが夏の終わりにゆっくり体を追いつかせてくれる。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

あったかもしれないの繰り返しなんだと実感させるラストは素直に切なかった。でも暗くなく、全体を通して力強い優しさが通る名作。
やや男性寄りの心理なきはした。

プリシラ(1994年製作の映画)

4.5

とにかくシーンひとつひとつが美しかった。たくましい映画。