たなかさんの映画レビュー・感想・評価

たなか

たなか

自分用 ただの感想文書いてます

映画(119)
ドラマ(0)

帝一の國(2017年製作の映画)

1.0

エンディングのダンスが良くて
何回も見てしまった

本編は正直あまり記憶に残らなかった

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

レビューの点数が正しかった

連休前に映画を無性に見たくなって
特に観るものを決めずに映画館へ行って、レビューが肯定的だったこの映画をチョイス。
結果、とても面白かった。
皆のレビュー通り。
ジェット
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

痛快な映画とはこのことかと

人の頭がたくさん飛ぶし、なんか痛い通り越して気持ち悪い。そんなシーンもあれば、
笑えるし悲しいようなシーンもある。
映画はなんでもありなんだからとことんやってやるっていう
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

不純な理由で始めたことでも創りだすことは大変なことだ。

いつも映画を見終わったらときは、何かしら響いて、自分のなかにあるほんの少しのクリエイティブが刺激される。
でもこの映画はなにか刺激を受けたかと
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.0

いろいろな事情だろうけれど
この時期にクリスマスの話を観ることになるとは思わなかった。

オラフ大活躍。
かわいいな

忍びの国(2017年製作の映画)

1.5

とにかくアクションシーンが多い。
戦国時代の忍びの話だから仕方がないのかもしれないけれど
ちょっと話が展開したなと思ったらすぐ戦う。
背景描写がその分少なくて見辛い。

なにより、石原さとみの無駄遣い
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5

犬の死ぬ映画は好きじゃない。
実際に犬を飼っていて、いつかはそういう日が訪れるとは理解しているけれどちょっと目を背けていたいとなるべく避けてきた。
それでもこの映画はあくまで犬が主人公ということ、映像
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

色彩豊かな映像と
メキシコの明るい音楽で
自然と楽しい気分になる映画。

話は王道だけど
それがディズニーの良さなので
気にならなかった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

音楽がとにかく最高だった。

曲数も多いし、ダンスも迫力があってエンターテイメントな映像だった。
ただ、歌うシーンが凄い反面、ストーリーが省略されてるなあと感じる。
どちらもバランスよくとなるとたぶん
>>続きを読む

最後に恋に勝つルール(2005年製作の映画)

3.4

出会いからの数年間、さくさく進んで良かった。

たまたま出会った人と
街中でまた会って、
たまたま思い出して
会って

なんてこと現実では無理。

それが起きたから
惹かれていくって
分かりやすい。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

2.0

わりと前半でトリックに気づいてしまった
キャストからも推測できる。

>|