moetさんの映画レビュー・感想・評価

moet

moet

登録した後に観たもののみ

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

予備知識ゼロで挑んで、始まった瞬間もうやられました。
最高です………。何もかも………。
最高の音楽とドキドキ。映画館で観るべき。

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

途中寝てしまった…。

パターソンの眼に映る風景や日常、バーでのやりとりなど素敵なんだけど、彼女とのやりとりが終始居心地悪くてなんだか辛かった…。この彼女、パターソンのこと何も分かってないのでは、とし
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.3

日本住宅公団のエースとしてニュータウンの構想を任されていた修一さん。彼の構想するニュータウンは緑が組み込まれ自然と風が流れていくそれはそれは素敵なものでした。が、当時は人口大爆発時代。多くの人を受け入>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

"何か忘れ物ですか?"

リリーフランキーはこういうのやらせるとほんとぴったりだなー。ゲラゲラ笑ってしまった。
橋本愛ちゃんが美しい、佐々木蔵之介が怖くてとても良い。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

I can't beat it.

とてもじゃないけど乗り越えられない。それでも生きてく。生きてほしいと願わずにはいられない。
甥っ子のパトリックがチャラい奴かと思いきやとても優しい子で、二人の最後の
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

20年前の閉塞感や切なさみないなものを全部ぶっとばしてただのおっさんがただただバカなことやってるのが最高だった。
時折差し込まれる20年前のレントンが美しい…。あと思いがけずユアンの美声が聴けたのも嬉
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

5.0

何も言えない。
ただただ眩しい、そして悲しい。
余りにも重い。

チャン・チェンはこんなに幼い頃から素晴らしい演技をしているし、あの瑞々しさよ…。結末を知ってから思い出すとほんとに悲しい。余りにもピュ
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

4.2

ダサい。全てがとにかくダサい。どうしたらあんなにダサい演技ができるのか不思議でならない。でもほんとに愛おしくなる。全力でナポレオン・ダイナマイトを応援したくなる。青春〜〜〜。
それにしてもアメリカ映画
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

途中まで、ぱ、ぱりぴ〜!!ってことしか情報が入って来なくて、死にたいって思ったけど、最後はなんか良い感じに収まった。これは夢だなって思ってダラダラ観るのが良い。映像は素晴らしかった。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.8

「今夜はブルーでいさせて」っていつかどこかで言いたい。

チェット・ベイカーには正直そんなに興味が無いんだけど、「演奏がしたいんだ」って言うあのシーンは、あぁ、ミュージシャンってやつはほんとにこんな気
>>続きを読む

世紀の光(2006年製作の映画)

3.8

気持ち良くうとうとした(褒めてます)。
最初のカットから美しかった。アピチャッポンは本当に光を映すのが上手い。
タイに行ったことは無いのだけど、タイでうっかり昼寝をしたらこんな不思議な夢を見てしまうの
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.2

フォース無しの戦闘シーンが予想外に格好良かった!そしてラストのダースベイダー卿の格好良さはんぱない…。
結果を全部知ってるのにここまで楽しめると思わなかったし、観たら確実にエピソード4を観たくなる。
>>続きを読む

JACO(2015年製作の映画)

4.0

ジャコ・パストリアスという人についてはほとんど何も知らなかったのだけど、流れてくる音楽は知っているものばかりだった。強すぎる感受性と繊細さ、オープンな精神ゆえに受け止め過ぎて傷つく感じが自分自身とシン>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

この先もずっと笑ってまぬけでぼんやり生きてたいので、観れる人は観てほしい。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

美味しそうな料理がたくさん出てくる映画はそれだけで幸せな気持ちになれる。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

もっくんが下衆い下衆いと話題なので観てきました。最後まで下衆いかと思いきや、ちゃんと前に進んでた。
歪んだ自己愛で自分を守って他者を全く観て来なかった主人公が、妻の死から色んなことにぶつかって、他者を
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

Roomを出たら何事もなく幸せになれるんではないのが現実だよね…。ジャックがとにかく可愛いし素直で優しいのに救われる。そしてどんな場所であっても自分が育った場所は愛しいんだな…。
映画観てる間ずっと、
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.4

最後になんの躊躇もなくケイレブを見捨てるあたりが、やっぱり人間ではないんだな〜と。人間って時として論理的に説明できないことをやってしまうし、それが感情であり人間。

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

キャメロン・ディアス良い女だな〜。コリンは頼りなくて可愛らしい。わははははーって言いながらあっという間に観れる楽しい映画。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

3.6

詐欺だと分かってても父の夢に付き合ってあげる息子の優しさにぐっときた。
本人が幸せなら、って思っててもつい自分の正しさを相手に押し付けてしまうことってある。こんな風に優しくできたらいいなーって気持ちに
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.9

おとぎ話。美しくて哀しい、哀しい話。
波の音、雨の音、風の音、全てが鮮やかで生で聴いてるようだった。これは映画館で観るべき。
途中の津波のシーンはかなりショッキングなので人によっては観るのをお勧めしな
>>続きを読む

山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

5.0

時代に翻弄される男女の三角関係が淡い感じで描かれちゃうんでしょう〜?って思ってたら全然そんな話じゃなかった…。ごめんなさい。
人生の喜び、悲しみ、優しさ全てがあった。よしもとばななの小説かよ!って展開
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.6

実際自分がリタイアしたら、ほんとにやることなんてすぐなくなっちゃうんだろうなって何故か老後の心配をしてしまった。映画は甘々な感じで、仕事やる気ない時とか見ると、働けるってありがたい!って気持ちになれま>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.8

蒼井優がとにかく良い。狂気と無邪気と切なさと…。オダギリジョーはセンチメンタル過ぎておいー!って言いたくなっちゃうけど、人ってそんなもんだ。強い気持ちをぶつけられて自分の気持ちを吐き出してさらけ出した>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

ストーリーはいたってシンプルなんだけど音楽がとにかく良い。音楽の力には敵わないってつくづく思う。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

これがそんなに響かなかったのは、大人になってしまったからなんだろうか…。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

さんざんタイムトラベルを使って思い通りの人生にした後で、「僕はもうタイムトラベルを使わない」(毎日を大切に生きているから的なセリフが続いてた気がする)と言われても、いやいやいやいや、としか言えないけど>>続きを読む