hyakさんの映画レビュー・感想・評価

hyak

hyak

レビューではなく感想です。
かわいい女の子が出てくると評価が甘くなりがち。
劇場で見たのだけカウント。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

-

私もう一生奴隷でいいから坂口健太郎とハンカチの端っこと端っこを持って海辺を散歩する!!!、!!!!!!
藤棚見にいきたい

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

-

みてるあいだ思考が止まる。吸収させられるのみ。
感想がまとまらないので個人的にフェチが反応したところを挙げると「これで勇気が出るよ」って口紅で日の丸描いてくれるあたりめちゃ悶えました。

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

-

浮き方が中二病感あってよい。
でもすげーーってなったのわりと最初だけだしこれじゃない感つよめ。やっぱ神道最強だなとは思った。

チーム・ハリケーン(2017年製作の映画)

-

日本のエロゲは世界でイチバン〜
思春期は眩しくて目にしみる

友だちの恋人(1987年製作の映画)

-

両成敗がとまらない。
さすがに衣装で遊びすぎやろ〜。
結論としてはロメールかなり好き

緑の光線(1985年製作の映画)

-

めしのひとつも一人じゃ満足に食べられない人たちほどしんどい存在ってあまりないけど(そんなこともないけど)この映画はシンプルに好き…です…。緑の光線観測して一緒にひゃあいってしたい。

満月の夜(1984年製作の映画)

-

面白かったんだけど寝た。続きめっちゃ気になる。パスカルオジェは人形かなんかか。

海辺のポーリーヌ(1983年製作の映画)

-

15歳のひと夏の経験…なんだこりわ…
なにもかもが可愛い。健康的なエロ。ありがとう。気がついたら私は夏のフランスにいました。とりあえずぜんぶ夏のせい。

サリュート7(2017年製作の映画)

-

宇宙モノ ストーリーたいしたことなくてもなんかアツい現象に名前つけたい。最後ウッカリ敬礼したら隣席のしらないおじさんも同じポーズしてた。いやでも普通に良かったです。ときどき出てくるソ連グッズがたまらん>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

まあ自分はすぐ諦めて妥協しちゃう意志よわよわ軟弱マンだけど、ボロクソ殴られた相手にもオレンジジュースをわけてあげられるような人でありたいよね。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

ハマらず。終始なんか気持ちわるい…。役者の無駄遣い。
陣治がメダカ買ってくるところと天井から砂が溢れてくるところは好き。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

-

やべえよ…。激アツの一言に尽きる。
前作見てから行ってよかった。
終演後に客席から自然と拍手が湧いてた笑

希望のかなた(2017年製作の映画)

-

いろいろ根が深すぎてヘタなこと書けないけどイヌかわいい。あと音楽がぜんぶいいよね…寿司屋でかかってる歌謡曲までぜんぶ好き。たったひとりのちょっとした正義感で世界が輝くよ。

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

-

かさついた心にニベアクリームみたいな映画だった……優しい……人類みな兄弟……

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

勝手にふるえてるだけなんでほっといてください、ごめん嘘やっぱ今の嘘ですごめんなさいでも今日ちょっともう帰ります。松岡茉優ちゃんすごくてわりと鳥肌たつ。松岡茉優になりてえよ。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

なんか野菜サラダとかアセロラジュースとかもりもり食べて明日のビタミン摂取しなきゃ…ってなる

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

-

う、うごいとる〜〜〜っっ
画がオリジナルとばちっと合う瞬間めちゃくちゃテンションあがる。話はあんまり聞いてなかった。笑

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

やっと観た〜。楽しかった〜。
四六時中iPodで好きな音楽かけてイヤホンしたままちょっと歌っちゃったり踊っちゃったりしながら道の真ん中を歩きたいなーっていうの人類共通の願望だと思うんですけど なんで皆
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

-

菅田将暉くんオーラがありすぎて売れない芸人やってる場合じゃないだろ!!!ってなった。でも菅田くんが幸せそうだとこっちも幸せな気持ちになるよね。あとやっぱり漫才の相方って関係性がただただ好き。実際芸人こ>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

-

友達ほしいなあ。私も女子高生だったはずなんだけどな〜〜おかしいな。殴り合ってケンカして泣きながら抱き合ったりしたい。ああ…。なんかベタに泣かされてしまった。曲がいいよね。

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

-

なんか知らないけどめちゃくちゃ琴線に触れてしまってたまらない気持ちになってしまった、、なにこれ、、どうでもいいけど高橋一生のお嫁さんになりたい、、

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

これ観て三日三晩は放心状態になるくらいの予定でいたんですけどちょっと期待しすぎたな〜〜〜太賀もオダジョもかっこいいけどさ〜〜〜

ナラタージュ(2017年製作の映画)

-

2017年ベスト快眠賞でしたが嫉妬に狂ったヤンデレ坂口健太郎にバチバチに束縛されて土下座させられるのは全然アリっていう夢のお告げは受信しました。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

-

前篇よかっただけにこれは……???前半はともかく、途中からわりと醒めてしまって最後まで集中できず。森なに??ハトなに??でも客席にいるおばちゃん全員がバリカン健二のこと大好きで笑った。菅田将暉くんの眼>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

-

登場人物が出揃ったくらいでだいたいオチまで展開読めて、さらにそれを覆してドンデン返し来るか!?と思ってたらストレートにそのまま展開しちゃって笑った。錦戸くんはイケメンでした。市川実日子の心の闇に触れた>>続きを読む

MATSUMOTO TRIBE(2016年製作の映画)

-

終わる前にとりあえず、って思って観たらなんか謎体験した。青春映画…でいいかな…。ファイターと同い年でやっぱり悔しくて泣いたことはない私もきっと試されている。多分。とりあえずカキタレ出てくるらへんが最高>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

-

後編観ないとわからん。が、良し悪しはともかく とにかく釘付け。2時間半呼吸してたっけ…。そして主演の2人は無限に見ていられる。こういう世界とか人間関係とか、まるで無縁に生きてきたゆとり産モヤシだから >>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

-

今まさにこういう映画見たかったタイミングとドンピシャで、めちゃくちゃギュンギュン来てしまったしいろいろ救われた気持ちになってしまった……ありがとうございました……。とにかく明日は一日中ファイティングT>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

-

最初の5分と最後の5分が結構すき。というか多分それが映画のすべて。暗闇で見るフィクション。
あとは服かわいいなーとか壁紙かわいいなーとかばっかり考えてた。

月と雷(2017年製作の映画)

-

二日酔いを抱えて観る飲酒シーンがけっこう堪えた(バカ)。なんか初音えりこって好きなんだよなあ。私も誰かの生活になりたい人生だった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

不覚にも最後の立ち食い蕎麦のシーンが刺さってしまった…。タイトルに掛けて上手いこと書こうとしたけどセンスが感じられなくてやめました。

パターソン(2016年製作の映画)

-

親が聞いたら泣くレベルの金欠を押して見た映画がこれでよかったなー。それもまたパターソン。私の日常も映画にならんかなー(ならない)。嫁と犬がツボすぎて私もやれやれとか思いながら振り回されたりしたい。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

女島の女戦士たちが超スーパークールすぎてワシャ序盤から涙ぐんでしまったよ…。いろんなことがスパーーーンと潔く割り切られてて脳髄痺れるくらい茫然となるし ダイアナ覚醒とテーマ曲は最高すぎるし なんだか今>>続きを読む

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016年製作の映画)

-

あんまり静かじゃなかった。
けど夜中の3時から朝まで何かに没頭できる生活羨ましいなあ。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

-

働きたくない〜〜〜
もう一生原っぱをお散歩とかしてたい〜〜
ホイットニーヒューストン最高やったな