hyakさんの映画レビュー・感想・評価

hyak

hyak

レビューではなく感想です。
かわいい女の子が出てくると評価が甘くなりがち。
劇場で見たのだけカウント。

映画(199)
ドラマ(1)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-

超かるい気持ちで見に行ったのにポスター詐欺も甚だしいし ほんと同じ国旗掲げて何をしてるんだろうねほんとに、やるせないよ
緑色のタクシーのトミカが欲しい。

それから(2017年製作の映画)

-

セクハラおじさん日記。あまりにもままならなすぎて笑ったけど笑ってるの私だけだった😂😂 キムミニが怒ってるとこ永遠に見てたい。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

こんなちまちまこまごま作り込まれた映画、2時間で見てしまうなんて贅沢すぎるのでは???日本愛がどうたらっていうよりはワサビが効いてた印象

田園に死す(1974年製作の映画)

-

虚実がいりまじるところにほんとうのこと。なんやかんや思い出だいすきなとこかわいいよね…

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

前作ほど脳汁映画じゃなかったのだけ残念だけど やっぱ設定が良いし終盤のドリフのやつと初期デップーを執拗に殺すやつマジで最高。あとユキオ好きすぎて泣いた。

聖なる酔っぱらいの伝説(1988年製作の映画)

-

嬉しいことも悲しいこともパピコはんぶんこ(?) 大人から子供まで動植物から街並みにいたるまで 全部の要素に愛を感じるのほんとすご。

木靴の樹(1978年製作の映画)

-

なんだか最近どうもわたしは都会を離れて農業でも始めるべきなのでは??みたいな妄想に取り憑かれがちなのですが、それはともかくこれをスクリーンで見られたのは本当によかったすごく幸せなきもちだった

ラブレス(2017年製作の映画)

-

半袖デビューの日に観るには冷たすぎる映画……。アレクセイの泣き顔なんあれつらい。前に進みたいなんて、結局ルームランナーの上を走っているだけ。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

こんな手放しで最高のやつあります??
2018年でもこんなザ名作みたいな映画生まれるんだな…

藍色夏恋(2002年製作の映画)

-

魚のシャツのせいで途中の会話がなんにも入ってこなくなりましたが女子学生の理屈じゃない言動と百合にはどうにも弱い、可愛い。

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

-

エドワードヤン基本好きなんですけど1秒も寝なかったのたぶんこれが初めてでそのくらい好き。台湾映画なのになんで日本の景色こんなに味あるん…。なんか、何者かになろうなんて思い上がりなのかもしれん。それぞれ>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

-

こういうの見るとしばらくラップ口調でしか話せなくなるYO… 最後の10分くらいわかってたけど普通にぐっときたよね

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

マジで腹立つクソガキのくせに時々はっとするようなこと言うのずるい。キラキラしたものを裏返すと大抵はファッキン現実だけど 子供は尊いし母親は美しいのである。いつかまた夢の国で。普通に泣きました。

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

-

女たちがとにかくカッコいいのが何より良かった。マルクスは当時私と同い年にしては老けすぎだし頭良すぎだしちょっと……。資本主義なんてもう無理あるの自明だし仕事とか全部ロボットやAIに任せて芸術を愛でたり>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

エリオとオリバーとパパが皆既日食みたいに重なるのがわかったとき震えた。音楽が良すぎる。誰かの名前がほしい人生だった。
あとオリバーに杏食われかけて泣くシーン最高すぎるしあれが創世記でいう禁断の果実だと
>>続きを読む

泳ぎすぎた夜(2017年製作の映画)

-

よくわからんけど涙がぽろぽろ出たよね…。この服とか小物とかひとつひとつ両親が選んで買ってくれたんだなあとか思うとハーーってなる。すぐずり落ちるランドセルの蓋を毎回律儀にちゃんとしめるところが好き。

港町(2018年製作の映画)

-

そのへんにいる蟻みたいな視線になっているときってなんか癒される。このまま地元のバアチャンや観光客に雑に撫でられてしっぽを引っぱられては魚をもらう港猫になりたいけど現実はまあいろいろある。

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

-

ハムちゃんとか崩落事故とか画面越しのできごとは全然現実味なく見えるんだけど、まあ映画だから基本ぜんぶ画面越しなんだけど、私のプライベートなんて99割 画面の中だしこんな人生…ってなる。なんとなく海に行>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

-

人魚地上で悪いことばっかり覚えていくやん…。さいごの夜明けのシーンめちゃくちゃ綺麗で変な声出た。序盤の音楽がとくによいです。あーなんかやっぱ女の子っていいよなー。ガールズパワーをめっちゃ感じた

娼年(2018年製作の映画)

-

これはコメディ。松坂桃李くんのン゛ン゛ッがツボすぎてしんどい。なんというか松坂桃李くんのおしりには夢と希望がつまってるし エッチなお姉さんも夢いっぱいでした…。もう脚本とかは同じでいいからいろんな男…>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

-

見てるあいだはなんかうるさい映画だなあと思ってイマイチ良さがわからないものの エンドロールの遠郷タワーが刺さりすぎて呆然となった帰路 渋谷の交差点の信号待ちらへんでようやくはっとするところがあるそうい>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

-

ずっとああ……ああーー……てなりながら結局エンドロールで涙腺崩壊した。
荷車押してもらって出歩くやつと今日だけだぞって言われながら足の上に乗ってくるくるするやつ…最高です……やさしくなりたい

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

-

メリルストリープ序盤からの変わり様が最高すぎ。輪転機まわすシーンが良い。超良いんだけどまあこれ司法がちゃんと機能してるのが大前提よねっていう。予告編で別の映画にもスピルバーグの名前出てきて振り幅やべえ>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

-

光と影とか、守りたいものと訴えたいことの狭間とかのことを考えます。なんか日本人って変なときだけ優しすぎるし、板挟みになる人らのこととかも考えちゃうし、いろんなことが浮かんでは消える観後感。しかし日本て>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

これは……スパイというよりホグワーツ魔法魔術学校なのでは……。それにしても仲間があっさり死にすぎてなあ。冒頭のカーチェイスが最大瞬間風速。

キングスマン(2015年製作の映画)

-

ファッキン最高クレイジー
花火のとこマジ最高……とにかく最高。ロキシーかわいすぎかよ。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

-

真野ちゃんかわいい加点:50点
知念くん大きくなったね加点:20点
訛りが強めの小松菜奈:8000000億

ふつーに好きです。長いけど。
ドア越しの糸電話は神。

早春(1970年製作の映画)

-

最高。流れと奥行きと色彩。
音楽よすぎません??
スーザンの罵詈雑言が好き。

blank13(2017年製作の映画)

-

高橋一生の美しさの方程式を解くのに70分じゃぜんぜん足りない。結婚してください。ちなみに映画はぜんぜんおもしろくなかった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

-

ちょっと体調優れないときに見たら没入しすぎてクライマックスで吐き気が止まらなくなるという謎体験をした、しんどかった…あったかいスープが飲みたい

あしたはどっちだ、寺山修司(2017年製作の映画)

-

ドキュメンタリー映画としてはアレだけど内容は面白い。寺山修司と彼をとりまく人々がチャーミング。わりと笑った。最初っから全部嘘ばっかりなんだよなあ、的なコメントが秀逸。

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

-

こういう歌の使いかたに弱い。
たった一人でも自分を理解してくれる人がいたらまあそれは幻想かもしれないけど、それはともかくそーいう存在の安心感に身を任せて自由に自然体で生きられたらなあとか思うんですけど
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

たまらん…よかった…
なんか思い返すとすごいエロかった…
映画館の2階に住みたい

犬猿(2017年製作の映画)

-

なんやこれはきょうだいって最高やんって思うけどやっぱひとりっ子でよかったなってなった。始まりからイカしてる。ノーチェンジの卓司。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

こういう映画でぐっとくる人間になりてえよ。あと二階堂ふみにもなりたい。吉沢亮の表情はどれもいい。オザケンもいい。秘密を打ち明けられる側の気持ちにもなってほしいと私は思います。こんな青春も10代の苦悩も>>続きを読む

>|