hyakさんの映画レビュー・感想・評価

hyak

hyak

お葬式(1984年製作の映画)

-

へんな儀式がたくさんあって 大の大人がおおぜいもちゃもちゃ動いていて大変かわいい

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

-

話も画面も暗すぎて感覚バグってしまい借り物の杖で火柱上がるシーンでゲラゲラ笑ってしまった

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

-

右往左往 会話の成立しなさに見てるこっちが大きい声出しそうになる スマホ買ってあげたい(そういうことではないと思うが…)

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

-

ひなこだけ本業の声優??と思ったりしたので川栄李奈すごい
湯浅政明の水を描きまくりたい欲求がためにこんなバカップルを見せつけられてよォ(大好物だった)

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

-

コナンくんでこういうの見た気がするけど正月にちょうどいいかんじ
口内に打つとコロナ予防できるやつ怪しさ満点だけどマジなら便利すぎ

さよなら、私のロンリー(2020年製作の映画)

-

オールドドリオの動き仕草ぜんぶ最高…
親に奪われた人生を取り戻そうとするとき隣にいる女、めちゃ良い

ゆれる(2006年製作の映画)

-

香川照之がいつ土下座を要求してくるかハラハラしたけど全然そういう映画ではなかった、ちゃんと切なくてちゃんと気持ち悪い、兄の宿命

罪の声(2020年製作の映画)

-

スリーピースの星野源が見られるやつ 丁寧で面白いけど長い
グリコ森永事件のwikiめちゃ読み応えある

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

-

思ったよりハートフル(??)な感じでもっと気持ち悪くてもよかったかも 最後の教室のシーンもシュミ悪いけどなんか好き
小憎たらしいガキがよ!!!と つくづくクズの父親が似合う田中圭がよ!!!の気持ち

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

-

死を待つ間の過ごし方
戦中の若者の遺書、文才がすごいがち

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

-

個々のエピソード面白くなりそうなのに全てが唐突でなんだか乗り切れないな… 最近何を見ても伊藤沙莉が出てる(気がする)

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

-

目と耳が澄む体験、最近は映画でもアニメでも主人公の心情を丁寧に言葉で説明するのがトレンドっぽいけど セリフがなくてもヒリヒリ痛い気持ちも視野の開く感覚もわかってなんか安心した

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

-

永野芽郁ちゃんがまっすぐな子に育ったからいいもののさすがにひどすぎるだろ

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

-

ほとんど追悼のための映画 こういう世界観でやってる以上同じキャストが続投できなくなることは今後もあると思うけどどうしていくんだろうねえ
ワカンダピープルの暮らしもっと見たい

町田くんの世界(2019年製作の映画)

-

森のフェアリーにひっかき回される世界、は〜なんかめちゃめちゃおもろかったな
わたしは前田あっちゃんの演技が無性にすき

SR サイタマノラッパー(2008年製作の映画)

-

なっつかしい
東京東京言っとるけど埼玉からすぐ行けるでしょうが!!と思ってしまうわね

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

-

超ハイテクロボのくせに1日に数秒しか記録できないなんてひどい、選べん選べん!!てなってバグる 壊れたらもう参照できなくなるとしても忘れたくない日々
ミスチルの永遠がずっと脳内再生されてた

恋人はアンバー(2020年製作の映画)

-

お互い恋愛対象にならないからって完全に油断しまくってる二人が可愛いすぎる、一方同級生たちはせっかく「普通」なのになんにも羨ましくない青春なのがわろた、どんな属性でも人類がもっと油断しまくって生きられる>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

-

ワンピースの知識ゼロでなぜか見に行ったけどあどちゃんのライブとして普通に楽しかった

RRR(2022年製作の映画)

-

めちゃめちゃおもろかったけど正直ダンスシーンはもっとあっていい、ナトゥナトゥ楽しすぎた
しかし当事者がどう思ってるかわからないが実在する国の人たちが殺し合ってるのはもう映画の中でもつらいところがあるし
>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

-

ひとひらの影も閉塞感も皆無のただただやわらかでやさしい青春!早くも夏が恋しい

はい、泳げません(2022年製作の映画)

-

みんな優しくてよかったね
しずかコーチのはい歩けませんは克服されないまま…

リバー・オブ・グラス(1994年製作の映画)

-

ふつうの人たちによる俺たちに明日はない、とくにドラマチックでも悲劇的でもなく ただただゆるふわに明日がないだけ、、たまらん水色

パリの恋人(1957年製作の映画)

-

見たことないのにずっとスマホの待受画面にしてた映画、いろんな衣装のオードリー全部最高だ〜〜ピンクは解放の色
ファニーフェイス言われまくってるけど360度完璧にかわいい

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

-

ピンチは大小さまざまあれど飄々と日々をやっていくガールズ最高、二人の日常カットだらだら永遠に見られる

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

-

ミュージカル見に行くので予習👠👠セックスはヒールにあり
婚約者ちょっとかわいそうではある

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

-

子供のころ歩いたあの湿った土の匂いがしてくる……母の幼少期にわたしは触れることができない現実 後部座席からお菓子分けてくれるの可愛いすぎる

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

-

メッセージ for IMALU
初潮きたら赤飯炊く文化 マジのマジで消えてほしい

>|