tomocoさんの映画レビュー・感想・評価

tomoco

tomoco

アラフォー♀ since 2013

劇場鑑賞<自宅鑑賞。
マイペース更新。
最近ここ見れてません(´._.`)
脳内ジャンキー。
五感を感じさせる映画が好き。
レビューなんてものじゃないです。
コラムっぽい書き方をします。
スコア低め(3.5〜ハイスコア)。
なにこれ映画 #なにこれくしょん 展開中

映画(1130)
ドラマ(34)

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.4

とある食堂に集う様々な人間模様と、映し出す思い出の味が絡み合う…人情に満ち溢れたほっこりムービー。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.1

あんなに"漫画原作好きじゃない"って言ってたのに観てしまったw

今をときめく若手俳優の宝庫的な作品。
「半分、青い。」色が強い。
菅田将暉の強烈すぎるメイクや、志尊淳のキャラわろた。
竹内涼真、学生
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

世間の評判は気にせず観たけど、やはり脚本の展開がおもしろく、今後のインディペンデント作品の後押しする様な(若干大袈裟かw)、作品でありました。
映画好きの人なら、ストーリーの過程が楽しく感じると思いま
>>続きを読む

永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!(2011年製作の映画)

3.5

英国で古くから知られている、ファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドの日常を追ったドキュメンタリー。

では、現代70代の彼女のバイタリティはどこにあるのか?
それは、政治的な思想との戦い
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.5

期待度よりスコア低かった。

"それ"は視覚的な錯覚で観客側を怖がらせる。
それにあまり怖くなかった。
もうちょっと怖くても良いのでは?
それより大人の人間の方がある意味怖かった。
🤡がふざけすぎw
>>続きを読む

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.4

漫画の原作は未読。

ゴイステ〜銀杏BOYZ…ライヴでの奇行から始まり、どちらかと言うと嫌煙されがちな峯田だったが、「アイデン&ティティ」の評価からボチボチ役者人生を歩みだし、今や朝ドラの名脇役、石原
>>続きを読む

オールディックフォギー 歯車にまどわされて(2016年製作の映画)

3.5

やっと観れた…日本のラスティックバンドのオールディック・フォギーのドキュメンタリー。
自分はライヴ行ったことないけど、少し聴くぐらいのファンで、ヴォーカルの伊藤さんがライヴで和服を着ている映像を見て、
>>続きを読む

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ(2016年製作の映画)

3.5

Filmarks試写会にて。
旧ユーゴのネオナチ(?)ロックバンド、ライバッハについては無知だった。
なぜ彼らが北朝鮮に招致されたのかが、謎だけど、平穏でありたいのに、誤解・嫌煙される両者にとって同じ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

前レビューの「ファインディングドリー」と内容が少しかぶるw

これを観終わった後思い出したのは、リンチの「エレファントマン」だった。
表面上の醜さだけで判断し、大事なコアな部分を知ろうとしない…我々人
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.3

愛らしいキャラがたくさん出てくるけど、ストーリーがありきたりな気がした。
キッズ目線では◎
吹替えの室井滋さん…良いけど、も少し若い方の方が良いかもと思ったw

27クラブ(2017年製作の映画)

3.0

27歳で海外の大物ミュージシャンが謎の死を遂げる…都市伝説的なあれですが、その27クラブにまつわるドキュメンタリー。
あまりおもしろいものではなかったw
ブライアン・ジョーンズに始まり、ジミ・ヘンドリ
>>続きを読む

CLUB JASON THE MOVIE(2013年製作の映画)

3.5

まさか登録されてるとは思わなかったw
日本のロックバンド・髭のイメージフィルムです。
限定公開で観に行ったなぁ。
懐かしく淡い思い出w

INSTRUMENT フガジ:インストゥルメント(2003年製作の映画)

3.8

DVDリリースでやっと観れた💧

DC…ストレート・エッジから引き継いだDIY精神orH.C精神、音の静と動、エモーショナルサウンドの先駆者的バンドのFUGAZIのライヴ映像を含んだドキュメンタリー。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

綿矢りささんの原作は未読。

学生時代目立たなくって、名前もおぼえてもらえない非モテキャラ…いるよなー。
ひねくれてるから、遠回りした言い方しか出来ないし、誤解を自ら招いてしまう。
そんな主人公を演じ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.3

正直、鑑賞前の期待度は裏切られた感w
カニバリズムに目覚めた獣医を目指す少女の行く末は…?
グロさは思ったよりない。
もっとグロくても良いのではないか?
って思った。
ストーリー的に薄いのと、オチが笑
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

パターソンに住む、バス・ドライバー(アダム・ドライバーw)、ポエトリーを愛するパターソンの日々。
何気ない日常でも、感じ方はそれぞれ。
言葉・言霊から溢れる色彩や感情…クリエイションするだけで、少しの
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

劇場でも逃し、久々の映画鑑賞。
「LA LA LAND」よりは印象が薄い気がするが、ミュージカル映画としては高度な出来映えである。
キャスト総勢のダンスシーンや歌唱力申し分ないぐらい…って…一旦置い
>>続きを読む

ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ(2011年製作の映画)

3.6

チャールズ・イームズ&レイ・イームズの活躍した痕跡のドキュメンタリー。
仕事でも日常でも尊敬し合えるパートナーってなかなかいないけど、チャールズの命日にレイも亡くなった事実は、運命を感じずにいられない
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

南米のミュージシャンに憧れる靴職人一家の息子・ミゲル、曾々おじいちゃんが元音楽家である事を知るが、音楽で家庭環境を壊した経緯があり、ミゲルの一家は音楽禁止。
思い通りにいかないミゲルが家を抜け出し、あ
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

短編。
オラフがバカかわいい。
ピエール瀧の声じゃないみたい。
少しホロリときた。

無伴奏(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ラブ&ピースを謳った60年代、学生運動さ中の女子高生の恋愛模様。
内容がさっぱりだった。
山場がなく、ドラマ並。
暗闇で浮かぶ池松壮亮と齊藤工の絡み…w
成海璃子ちゃんの60's ファッションが似合っ
>>続きを読む

隣人13号(2004年製作の映画)

2.8

井上三太のマンガ原作は読了済み。
いじめられっ子によるリベンジものだけど、うーんイマイチイマニ…。
マンガ原作~映画化の流れをいち早く取り入れた感はある。
演技派俳優・小栗旬の演技を、中村獅童の演技が
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

2.9

「ネイバーズ」の続編。
続編と言っても、あまりストーリーに大差なく盛り上がりにかけた。
全体的に単調な気が。
この作品のザックもなんかパッとしない。
やっぱり下品なシーンが多いw
セス・ローゲンに初め
>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

3.3

ジャレット・レトが戦後日本の893を演じる…とのことで観てみた。

米兵が刑務所内で出会った任侠道に身を投じる男の助けを担ぎ、ファミリーとして同じ道を志すストーリー…だが、やはり白人なので違和感w
>>続きを読む

暗闇の金庫(2011年製作の映画)

3.4

短編映画。
マイケル・ファスベンダー主演。
プロの金庫破りの話。
よぱらいは強盗しない方が良いと思うw

着信履歴(2004年製作の映画)

3.5

短編映画。
ストーリーの構成がおもしろく、よく出来ていた。
マーティン・フリーマンが若い。

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.7

北野映画は「キッズ・リターン」が好きで、ヤクザやバイオレンスを題材にしてから少し離れていた。
今回の突然の訃報を受けて、追悼と共に拝見。
静と動、空虚と暴力、明と暗。
血と海のコントラストが印象的。
>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

3.5

サム・ペキンパー監督が手がけた作品での代表作。
ダスティン・ホフマンがわかーい!

アメリカからイギリスのド田舎に引越して来た夫婦…その村民から様々な嫌がらせを受ける。
旦那はバカにされ続ける。
妻は
>>続きを読む

ウルトラミラクルラブストーリー(2009年製作の映画)

3.1

東京からいなくなった恋人を青森に探しに来た、町子(麻生久美子)と、町子が偶然出会った少し壊れたキャラ・陽人(松山ケンイチ)の物語。
松山ケンイチの津軽弁のセリフは出身なので違和感ないw

母の畑仕事を
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.3

ハンバーガーチェーンの王様と言われるマクドナルドで登りつめた、自称(?)創業者・レイのサクセスストーリー。
アメリカンドリームのお手本と言ったら何だが…ここまでしつこくて濃い人物もあまりいないのではな
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

韓国発パニックゾンビムービー。
脚本がうまいなぁ…と思った。
韓国ならではなのか、演出がド派手でした。
しかも若干おどろおどろしい…ここら辺は日本のホラーにも似た?

感染→ゾンビへの速さがすごい。
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.4

「グレイテスト・ショーマン」上映前と冬季オリンピック時期…で思いついた鑑賞。

英国発オリンピックバカの奮闘記!
しかも実話!
ただの左官屋の息子が、小さい頃から夢見た果てしない夢!
…が、周囲にバカ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

♥️エル・ファニングを愛でる映画♥️

予習なしで鑑賞。
思ったよりSFしてました。

大好きなダムドのNew Roseのオープニングから、1977年のイギリスパンクムーブメント…雰囲気抜群、ファッシ
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.6

10の方を先に見てしまうという…間違った鑑賞方法ですが💧

POV方式でリアリティに溢れたパニック×SF映画とでも言うのかな?
パニック度はかなりすごい。
少しマジで怖くなった(手汗w
そして、気持ち
>>続きを読む

マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~(2007年製作の映画)

4.0

※スコアは気にしないで😏

先日、日本の歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛」でイベントを行ったマーク。親日家でもあるそうだ。
NYを代表する、Marc Jacobs自身を追ったドキュメンタリーだけど、ルイ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

2.8

GReeeeNの事はよく知らない。
松坂桃李さんのメタル(って言うか、ミクスチャー?)バンドのヴォーカル見たさ+菅田将暉さん見たさ。
主人公が歯科医兼アーティストなので、ケツメイシの影響なのかと思った
>>続きを読む

>|