tomocoさんの映画レビュー・感想・評価

tomoco

tomoco

映画(1285)
ドラマ(37)

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.5

原作はBLコミックスで未読。

結構際どいシーンもあり、大倉忠義さんと成田凌さんの身体を張った演技が垣間見れた。
恭一(大倉忠義)は、容姿端麗で大学時代からモテ男で、後輩の今ケ瀬(成田凌)はずっと憧れ
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8

※多少のネタバレありの文章なので、嫌な方はすっ飛ばしてください。


やぁ!みんな!
オレはスティーヴィー。

毎日毎日鬱陶しい小うるさいママと、何かにつけてイキってくるイアン兄と共に、LAに住んでい
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

クリストファー・ノーラン監督の作品は、(バットマンシリーズ以外は)何となく自分に合ってない気がする…。
今作も前もって情報は入れず、自分の中でハードル下げて観た。
冒頭部分は実は時間に遅れて観れてない
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.7

この作品には有名なキャストはなく、🇺🇸ロックフォードに住む若者の日常を描いた作品だったが、予想以上にめちゃくちゃ良かった。

貧困・離婚・差別・DV…を目の当たりにしている若者達がスケボーを通じて仲良
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

このスコアなのは、日本人視点だからなのと、パリピ視点で観れないからだと思うw

しかしながら、キャストのおり出すダンスシーンとカメラワークは良かった。
サングリアにLSDイン発想はよくわからないけど、
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.6

生きていても報われない。
正しい心を持っていても、理不尽な何かに阻害される。
世の報道ではよくある事。
そんな環境を歩んで精神が蝕まれた彼らが集まるのが閉鎖病棟であった。。。

キャストの演技力が凄ま
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

三浦春馬さん死去のニュースが未だに信じられずにいる。
今でも彼は映像を通して、生きているのだから。
彼の物腰柔らかい眼差しは、この作品でも堪能出来える。
日常のあるがままのふんわりとした空間が、少し大
>>続きを読む

ALL YOU NEED is PUNK and LOVE(2017年製作の映画)

3.5

ここのところ仕事も多忙だったor精神的余裕がなくなかなか映画に辿り着けなくて、やっと選んだ一作(まぁ映画じゃないかもだけどw
本作は"楽器を持たないパンクバンド(アイドル)"、BiSHのドキュメンタリ
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.4

又吉直樹原作小説は読了済。

小説の中でも永田は本当にダメンズだなーって思ってたけど、映像化しちゃうとよりそう感じてしまうと言うか、山崎賢人が男前すぎるとかそういう感覚もなく。
もっさり感とか人当たり
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

3.6

追悼:志村けんさん…の意味を持って鑑賞。
志村けんさんがこの世にもう居ないのが、未だに信じられないでいる。
今放映している朝ドラの「エール」も素晴らしい存在感と演技…。

それとは対局するが、高倉健さ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

テーマ性を知るとおもしろい映画のひとつ。

初盤~中盤まではちょっと?が多くて、途中断念しそうになったりした。
終盤にかけてはテーマ性に沿った作りになってる。

萎えた点は、あんな凶暴な襲ってきたファ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

上に立っている者達は下を見向きもしない…ポン・ジュノ作品はこういうテーマが多い。
半地下で暮らしている貧しいファミリーが、試行錯誤して地上に上り詰めたら…?な話だけど、上階級の奴らは(この作品では)、
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.5

大正時代のキネマ、無声映画のセリフに声やナレーションをあてる活動弁士のお話。
周防監督らしく、品の良いコメディになっていた。
主演の成田凌さんは、主演というだけあって、本当にがんばっていた。
当時の劇
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前評判やレビューをひたすら見ないでの遅めの鑑賞…。
ホルガの村は激ヤバだった…!!!!!

カルトや宗教がかったものは「ウィッカーマン」の流れを新しく受け継いだ感じだ。
文明を知らず育つと、恐ろしい事
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

好きなビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ様が出演しているだけで私得。
ジャームッシュのゾンビもの!?なので、さらに興味津々。
結果、めっちゃゆるかった。
TWDみたいな世界を想像したら、肩透
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.3

セス・ローゲンのラブコメっていったら下品なのしか浮かばないけどw、わりとまともだった。
アメリカらしいコメディだった。
米国長官とフリージャーナリストの恋愛なんて本当にあるのか(笑?
先が見えちゃう話
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.9

普段アニメ映画は観ないのだけど、予告編で気になって観たくなった。
わたしはかなりの雨女だったのだけど、ここ最近はそうでもない(前置きいらないw

結果、予想を遥かに超えてきた!
良かった!

突っ込み
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

是枝監督作品らしい?のかな?
ラブドールが心を持ってしまうお話。
ラブドール役のペ・ドゥナさんの身体が綺麗すぎて…うっとり。
ラブドールと暮らす板尾さん……w
なぜか徘徊してレンタルショップの店員にな
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.3

アメリカンビートの代表的詩人、アレン・ギンズバーグの実話ベースもの。
ギンズバーグ役がラドクリフくんっていうのは置いておいて…
ビートニクが好きなわたしにしてみたら、ケルアックやバロウズなんかが出てき
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

リュック・ベッソン監督作品。
「フィフス・エレメント」で描くSFとはまた違った印象。
に、してもフィフス〜で感じた美術やファッション、キャラの描き方が今作でも濃くて素晴らしい。
かなり未来のお話だった
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.0

ジム・ジャームッシュ監督作品でずっと観たかった作品。

永瀬正敏が若く尖っている印象。
メンフィスと言えばエルヴィス・プレスリー。古きロックンロールと異国情緒が溢れる街。
エルヴィスをキーワードにシュ
>>続きを読む

クライム・ヒート(2014年製作の映画)

3.0

クライムサスペンスものなんでしょうか?
トム・ハーディとワンコのツーショの安易な考えで観たくなり、中古DVDまで買ってしまったけど、あまり満足感は得ず…。
トム・ハーディは正義のためにも悪にも手を染め
>>続きを読む

ロボット(2010年製作の映画)

3.5

尺が長いので日数わけて観た|´-`)

でもエンタメ語らせたらNo.1ですね、インド映画って。
ストーリーはもちろん、歌やダンスも魅せ場がてんこ盛り。
インド映画もここまで来たと言わんばかりの、CG技
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.5

本が良く練られてて素晴らしい。
キャラもほっこりする。
一瞬シュールでわかりづらいけど、優しい映画だった。
笑いも泣きもしっかりあった。
子供の教育に!是非(笑!
自分はまめマスターが推しですw

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.2

蜷川実花さんの監督する映画はわたしはことごとくダメで(ファンさんごめんなさい🙇🏼‍♀️)、その中でも良かったかなぁ…と。
小栗旬さんはじめ、演者さん達の演技が良かったです。

小栗さんの太宰治の妖艶さ
>>続きを読む

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

3.9

長い人生の中で負った傷を、体感・体現により癒しに変えていく、ホド爺によるセラピー講座。
愛に満ち溢れていて、時には過激。

ビースティ・ボーイズ・ストーリー(2020年製作の映画)

4.2

Beastie Boys×Spike Jones。
スパイクがスライド方式で画像や映像をスクリーンに写し、当時に経緯やエピソードをマイクDとアドロックが語るというもの。

ビースティーズのビッグファン
>>続きを読む

MOTHER FUCKER(2017年製作の映画)

3.5

家族愛、人間愛。

YouTubeにあがってたので観ました。
https://youtu.be/7QRVVJcYLps

この作品は日本におけるパンク〜ハードコアインディーズレーベルの代表格・Les
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.7

60年代の混沌とした時代。学生運動〜過激派の行動が盛んだった日本。
小さな頃衝撃的だったあさま山荘事件などの過去のテレビ報道を追うように、自分もこの時代背景を追うようになった。
過激な思想は持ち合わせ
>>続きを読む

Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡(2014年製作の映画)

3.6

アマプラにあったので鑑賞。

米国の今は亡きロックギターヴォーカリスト、ジョニー・サンダースのドキュメンタリー。
自分もティーンエージャー時にバンドで彼の曲を弾いてた。
今でも初期パンクの影響の流れを
>>続きを読む

詩人の大冒険(1993年製作の映画)

3.3

コロナ…コロナで、笑いが必要だったので、Youtubeにあったのでありがたく鑑賞しました。

https://youtu.be/Yh4KZD1_ZVc

ストーリー的にはドリフのコントっぽくくだらない
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.2

話題になった連続ドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。
とりあえずキュンキュンしたい人向け(笑。
吉田鋼太郎の乙女キャラかわいすぎw
最新話の設定よりみんな春田×牧コンビの方が好きなのかな…???
劇場版
>>続きを読む

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.4

アンソニー・ホプキンス×ジェフリー・ディーン・モーガンのサスペンスもの(?)。
TWDの二ーガンがFBI捜査官に!!
それだけでお腹いっぱいw
アンソニー・ホプキンスの謎めいたキャラも◎
映像が若干ブ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.3

最近レビューサボり気味…。
で、これ観に行ってからだいぶ経ってる…(´・ω・`)

ドイツなのに英語なんですね(皆まで言うなw
世界観や美術は良かったのだが、ジョジョとユダヤの少女とのやり取りで中だる
>>続きを読む

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010年製作の映画)

3.4

マリファナ愛好者のクソ汚い、ホアキン

ヘタクソで胡散臭いラップをかます、ホアキン

家に娼婦を呼びクソじゃれこむ、ホアキン

フェイクとは知りながらも、観てる自分もクソ。

ファッキンシットなホアキ
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

3.6

ポン・ジュノ監督、アカデミー作品賞、監督賞㊗️
自分はまだ「パラサイト」は未見です。
反日とか言われているらしいけど、やはりそうなのかな…( °×° )
そうだとしたら、とても悲しい。

今作はポ
>>続きを読む

>|