まさんの映画レビュー・感想・評価

ま

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.0

登場人物馬鹿ばっかり
なんじゃこりゃ〜〜〜〜!!!!!!

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

-

ブルーレイで見たら鮮やかすぎてより画面酔いが増した
映像が綺麗だから役者は凄く若いのに最近の映画見てるみたいな感じで不思議な感覚になった 途中で出てくる写ルンですも今っぽいし
とにかく画面の色が青い
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.2

自分の理解力が足りなくて見た後に、疑問点もちょくちょくあったりしたけど、
映像(綺麗すぎて何回かこっそり泣いた)とライアンゴズリングの悲壮感のあるかっこよさで力ずくでねじ伏せられてしまった感じ👳‍♂️
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.7

何度も寝落ちしそうになったけど諦めずに最後までちゃんと観てよかった。。。、

ロブスター(2015年製作の映画)

3.6

記録
トースターの使い方が斬新
わたしはうまれ変わるなら蝉がいいなぁ〜
(中学生くらいの時からずっと思ってる)

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

おばさん(妹)はともかく主要キャラ達を次々と生贄にして生き延びようとするおっさんまじ許さない
結局かなり泣いた

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.1

日本人が喋る英語ってなんか変で違和感しかないイメージだけどこの映画に出てくる人たちの英語と中国語はすごく上手いわけでもないのにすっと入って来た
全部が本物みたいに見えた

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

設定とか色々説明無さすぎるところもあるけど細かいことを気にせず見てたらすごく満足できた

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

菅田将暉は理性的な役より拓児みたいに喜怒哀楽がはっきりしてる役の方が似合うことを実感

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.1

疲れた。苦手なジャンルだけど見たことは全く後悔してない
疑いまくり、惑わされまくり。
もう一回ちゃんとみたいけど体力がね

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

-

続編やるから再見した
これ見た後に上京して
本物の日本橋の麒麟の像見るたびにこの映画思い出す
今思うと超絶豪華キャスト〜

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

-

テレビの放送で見た
台詞の情報量多いから字幕で見て正解だったな〜
評価はつけられない

渇き。(2013年製作の映画)

3.0

公開された時に満員の劇場で見た
レンタルでもう一回見てみたけどやっぱりしっくりこなかった
しっくりきたのは小松菜奈のキャスティングだけ

舟を編む(2013年製作の映画)

-

見たのだいぶ前でよく覚えてないけど、プロポーズのシーン?がすごく好きだった

恋人たち(2015年製作の映画)

3.8

生々しい人間をずっと見させられるかんじ
苦しい
人間味

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

-

ドラマの方が好きかも知れない
どっちも見直すと話が補完しあえて良いかも

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

-

めっちゃ笑った
一瞬出てくるYOUが一番まともなこと言ってる

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.4

苦手なジャンルではあるけどこれだけは見てよかったと心から思える
リアル
小さいころAKIRAを初めて見た時の衝撃に似てる

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

夜中に見たら楽しすぎて興奮しすぎて一睡もできなくなりました
次は映画館でみます

>|