マリンさんの映画レビュー・感想・評価

マリン

マリン

映画(132)
ドラマ(0)

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.0

一瞬田中圭が出てきた時が一番あがった、別に大ファンじゃないけど見つけれたことがなんか嬉しかったのかな笑

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

4.3

特に大きなコトが起こるわけでもないし凄いメッセージ性のある映画じゃないけど、精神科ってことを忘れるくらいほのぼのしててクスっと笑える要素も沢山。不器用な主人公の男の子が可愛いくみえて応援したくなるのと>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.5

愛‼︎愛‼︎ ビリーのただ純粋に好きな気持ちだけで、キレッキレに踊る姿が見てて気持ちいいし、愛おしい。 坂道を駆け上がるシーンが好きです

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

フォレスト・ガンプの走る姿が気持ち良い、そしてジェニーの焦らしが半端ない映画。笑
豆と人参のようにっていう表現がわかるようなわからないようなで面白かった。

舟を編む(2013年製作の映画)

4.5

言葉を説明するのにも、別の言葉がいるから辞書を作る人って本当に沢山の言葉を知ってなきゃいけない。地味かもしれないけど、こんな時代だからこそなんてかっこいい仕事なんだろうって感じました。

俳優陣のぬる
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.3

普通に良い話なんだろうけど、特別グッとくるところがなかった。なんか物足りない感じ…

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

4.0

ゆるくて好きなやつ。まさかのくるりで上がったよね〜

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

自閉症で人との関わりは少し苦手だけど、意外と怖いもの知らずで結構ぶっとんだことをするウェンディが可愛い面白かった。ほっこりあったかい、とにかくピートが可愛すぎる映画

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.0

夏ってだけでワクワクするし、若いってだけで楽しいんだろうな。いいな〜高校生、高校生っていう響きが良いわ

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

ザ名作って感じが滲み出てる映画。音楽も綺麗だし雰囲気だけで満足できた

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.1

幼い頃にされたことを自分の子供にもしてしまう母親と、自分がされたから子供には絶対にしない母親。皆が皆強い人間じゃないし、そんな正反対の二人がママ友になれて良かったなって

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.6

池脇千鶴が幼くて可愛いかった。あとああいうラーメン屋さんは絶対美味しい

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

2.7

初めての韓国映画。コメディ感満載でふふっと笑えたけど、なんというかごちゃごちゃしてて苦手な感じだった。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

「君の名前で僕を呼んで」を思い出すような、大自然の美しい映像と白い家、お洒落な家具とシャツ。 ただ夫がボーイズラブだと気付いてからのアルマのやりきれない気持ちを思うと辛すぎる、それでも最後の望みをかけ>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.8

予想通り、暗くて重い話。人間らしい生々しい邦画であたしは好きなやつ。
食堂で3人がごはん食べてるシーンがあるんだけど、多分そこが幸せの絶頂で唯一ほっこり安心して観れた。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.6

夜のトンネルのシーンが好き。あとやっぱりエマワトソンがめっちゃ綺麗、みんな言ってるけどあたしも言いたい

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.8

言の葉の庭を観て、気になったので。
空の映像が特に綺麗。そしてラストの山崎まさよしがとにかく最高、良すぎる。

二重生活(2016年製作の映画)

3.0

麦ちゃんの寝顔を見つめる時の菅田将暉の顔が良かったです

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

君の名は。より好きかも
金麦とかマリメッコのコップとか、生活感〜

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.0

内容はやっぱり重いし苦しい。けど精神科の暗くて生々しい部分だけじゃなくて、海外らしい大胆で自由な感じが面白くて重くなりすぎず観れたかな。
看護婦長の「ここに永住してはだめ」っていう言葉が良すぎる

>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

オギーのお姉ちゃんのストーリーが凄く良い、感情移入してしまって胸がきゅーってなる。
小学生のいじめも結構残酷だな〜て悲しくなるけど、それ以上に純粋であったかい子供らしさにほっこりできたし特にジャックの
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

妹と2人できゃーきゃー言いながら観ました。結構グロかったな

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

期待通りの安藤サクラの演技よ、、あれはもう完全に母の顔だったわ。
人間の汚い部分も綺麗な部分もそのまま表現されてるリアルな映画だった、こういうのが好きなんだな〜もう一回観て、もう一回モヤモヤしたい(笑
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

見終わってからやっとタイトルの意味の深さを知った。
深津絵里があまりにも美しくて、遺影だけどドキドキしたわ

マザーウォーター(2010年製作の映画)

4.0

みんながそれぞれ好きなことを仕事にして、超スローライフを送ってる感じがとても素敵。自分のお店を出すっていうのには、いくつになっても魅力を感じるわ。
ビールもジンジャエールも美味しそうに飲むもたいさんが
>>続きを読む

>|