machisicksさんの映画レビュー・感想・評価

machisicks

machisicks

映画(16)
ドラマ(0)

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.3

山田裕貴の演技が見たくて鑑賞。
更に良い役者になっていってほしいと期待の膨らむ人。

初っ端は笑えたり、期待する点もあったが個人的感情では話が進むに連れて失速してしまった。
家族の描き方は好きです。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.4

王道ラブロマンス、
しかしまさにクレイジー

あまり得意ではないジャンルだけど、頭の中を空っぽにして観れる感覚。
ミシェルヨーが変わらずお美しい。

男と女(2016年製作の映画)

3.8

主演ふたりの演技と、真冬のフィンランドの透明な雪景色から伝わる寂しさが美しい。体温がゆっくりと上がるよう。

好きだけではどうにもならない

ラストシーン、女の涙にすべてが詰まっている、見送る男の目線
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.8

久々に見てやっぱりこの頃のウォンカーウァイが最高。
画も綺麗でスター揃い、匂いたつ映画。
最後のトニーレオンかっこよすぎる。

思いいれが強すぎて語れないくらい好きな映画。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

ゾンビ映画は苦手だけど、父性と人間性を取り戻していく家族愛が良かった。

いろいろ突っ込みどころもあるけれど、邦題。釜山行の原題が良かったのでは。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.3

光と影の演出が印象深い。
劇場でのシーンも、朝子の夜行バスのシーンも。そして何よりも走るふたりを雲と空の光が追いかけていくシーンに鳥肌が立った。
濱口監督は映画に愛されている。

狂気を孕んだ愛、朝子
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに映画館でたくさんの笑い声を聞いて映画を見た。勿論、私もたくさん笑った。
映画っていいなと思わせてくれる凄い作品。B級ゾンビ映画と見せかけて…
緻密、計算されてて伏線回収が凄い、その度に爆笑。
>>続きを読む

映画は映画だ(2008年製作の映画)

4.3

ソジソブがひたすらに格好良い。

映画に憧れ、映画に束の間人生を重ねる。しかし、所詮「映画は映画だ」
白と黒、混じり合ったかと思いきやはっきりと別れたラストシーンが印象深い。

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

友達ってなんですか?
物語に厚みを持たせている俳優、もたいさんと優しく包み込む渡辺シュンスケさんの音楽

若いふたりが本当の友達になれますように

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.0

町田康の原作が大好きで、映画化であの世界をどう表現するのか不安も交え楽しみだった。

結果、映画も私にはおもしろかった!石井組、さすがです。ぶっ飛んでる‼︎
久々にこういう映画見れて、笑えた。
観る人
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.4

タイトルバックが秀逸
期待が波の音と共に一気に高まったが、話が進むに連れ凪のような感覚になった。

ディーンさんは人間的でないものに嵌るなぁ、太賀さんインドネシアで生きてた?ってぐらい素晴らしい

パプリカ(2006年製作の映画)

4.6

今敏さんの作品で個人的に一番好きな作品。久々に見返したらやっぱり素晴らしくイかれてる、すべてが最高。
夢か現実か、ゆがんでいく

もっともっと今敏監督を観たかった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

安藤サクラ、やっぱり凄い。
城桧吏くんの目が印象的
今後益々期待の役者。
あと、細野さんの音楽もこの映画にとても素敵なリボンをかけている。

絆、家族について考えてみても答えは見つからない。りんちゃん
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

雨の日に見れてよかった

恋愛だけじゃない、ふたりの成長。
いろんな事を諦めた大人の、優しい店長が大泉洋さんで良かった。
小松菜奈ちゃんがハマり役。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

役所広司さん、流石。目の表情や匂いたつ男はこの人ならでは。そして蓮司さんの不気味おもしろさも。
松坂桃李と中村倫也が良かった、これから益々期待される役者さん達。

広大学士様のこれからが楽しみ