まぢきちさんの映画レビュー・感想・評価

まぢきち

まぢきち

映画(161)
ドラマ(0)

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.0

好きな場面はあるし、冒頭のテンポ感も良いんだけど、一体誰のなんの話なのかが分からなかった

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.5

変な構成の映画だった。
主人公ぽいやつの視点が不在でついていきにくいし、中盤が想像の域を出てくれなくて退屈だった。
でも後半はズルい、あんなん泣くわ。韓国映画はなんだかんだ攻めてて偉いと思う。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

エンターテイメントはどこまでやれるかを教えてくれた。すべきことをしながらも、ちゃんのこれまでついてきてくれた観客へのリスペクトもあって、サービスと内容が両立されていた。

今こそ使ってええんじゃないの
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

イーストウッドも死ぬ準備を始めてる気がして諸行無常を感じる。真摯な言葉には力があると思った。ラストね。
奥さん役の芝居が勿体無く感じたのはオラだけか。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

子供の頃だけ感じた想像力が生む恐怖を思い出させてくれたのは確かなんだけど、終盤まで話そのものがあまりに謎に包まれすぎていて、誰の何の物語か分からず退屈だった。
子供たち個々人の成長物語であるのは良いん
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

エンターテイメントに徹していて嬉しかった。脚本も演出も巧みだった。あらゆるエンタメは最低限これくらいやって欲しいよな!

ゾンビ映画の宿命なのかも知れないけれど、途中の爽快感が気持ちよかったので、終盤
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.0

割とダメだった。
異常な奴らが、異常な世界で、異常な奴と、共感性の希薄な動機で喧嘩する話だった。
誰一人にも共感性が描けておらず、誰も応援できないまま話が進んでいた。
中途半端に原作に引きずられていた
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

きちんと主人公にとっての孤独を描いてくれていたら、もっと違った気がする。前半で孤独をもっと表現して欲しかった。キャストアウェイと足して2で割って欲しかった。
テーマもとっちらかっていた気がするけどセン
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

世の中は因果応報だ。
犯した罪は償わなければいけない。音楽やドラッグに頼ってもいい。ただいつか踏みとどまり、自分の意思のみで幸せを掴めよ。

エンタメの皮を被せてるけど、監督は特定の友人知人のために作
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

等身大の少年の成長物語だとしたって、敵って脅威じゃないと楽しめないと思うんですよねエンタメとして。今回はむしろなぜ敵を倒せないのか疑問でした。
成長の仕方もご都合ぽくて、入り込めませんでした。
形だけ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

すごく好きではあったんですが、なぜ人を殺してはいけないのか、実感させて欲しかったです。
子供時代のエピソードが活かされない。聖書にそう書いてるからって話じゃないですよね…

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

とてもよかったことだけ覚えてる。
もう一回みたい。