いちはちかこさんの映画レビュー・感想・評価

いちはちかこ

いちはちかこ

  • List view
  • Grid view

アノニマス・アニマルズ 動物の惑星(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1時間セリフ無しの映画は挑戦的だけど現代の娯楽としては受け入れられにくいかと。
最後のシーンだけ人と動物が逆転するのちょっとぞくっとした。

動物が支配する人間農場の話と聞いて、ケンタッキー食べながら
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

語りの軽妙さに救われているけど、なかなかにグロい
主人公が人間味がないほど真っ直ぐで、純粋すぎるがゆえに狂気ってやつ結構好きだから、評価高め。

ラストの落ちの付け方もドン引きしながら見入っちゃった。
>>続きを読む

ルパン三世 GREEN vs RED(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一人の人間の手口とは思えない=ルパンは複数いるみたいな、攻めの姿勢は結構好き

メタメタにメタだけど、分からないのは理解が足りないからだと思わせる面白さがある気がして、でもやっぱり尻すぼみというか、よ
>>続きを読む

ルパン三世(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ルパン三世の名前を借りた何か。

ルパンが組織に属するな
とっつあんがルパンに窃盗を唆すあたりで見る気なくした

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.4

原作をドン引きしながらも読み進めてしまった身としては、いろんな利権が絡んだ実写映画は「テレビで放送できる最低ラインの清潔感」があって見やすかった。

役者さんが小綺麗なだけでだいぶマイルド

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.5

雨垂れみたいに静かに進む映画

修羅場になりそうなものが全てたんたんとこなされてしまって派手さはないけど、その分穏やかに観れる

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作は敵が出ては倒しての連続で、展開は早かったけど、アクションすごいな、で終わっていたのが、今作では過去と決別するための明確な悪役が出てきてより面白かった

ラストに引きがあって、完結しないのかよーっ
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.3

わりとこてこてな漫画表現や口癖が違和感なく、すごく自然に馴染んでいてびっくり

始めはこれ一作で終わる予定だったのかな

逆転裁判(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

基本的に法廷物好きだし、原作ゲームも大好きだからこんな話だったなーと結構楽しく見れたし、雰囲気が個人的にすごく好き。

オウムが奥さんに変わるシーン、すごくゾクッとした

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.8

子供とインターネットの問題に真っ向から挑んだドキュメンタリー
面白かったし、見ごたえあった

成人した童顔の女性に架空の13歳の女の子のSNSアカウントを運用してもらう
ただそれだけなのに、ろくでもな
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

2.9

ミュージカル風と聞いていたけど、思ってたよりミュージカルだった。

ほのぼのいちゃいちゃ系ラブコメの実写だから、これでいいのか

最後に絶妙にイライラする残酷な天使のテーゼ風エンディングかましてきて爆
>>続きを読む

黒執事(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

現パロ未来捏造オリジナル日本設定女体化男装主人公の公式同人を、黒執事に含んでいいものか

黒執事を一回忘れて、休日の昼になんとなく流し見する映画としてはまあまあ

メイドちゃんかわいい、ストーリーも昼
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

学びも感動も無いことが分かりきっている映画を気楽に見たい日もある
「見たよ」って言えるしね

衣装とCGはがんばってる。
名台詞入れときゃ世界観保てるだろみたいな、その割には投げっぱなし完全オリジナル
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なかなかいい悪夢
マフィアの最晩年を決してカッコよく描かないという点でとてもよかった

マフィア・ギャングが華々しく活躍する映画は星の数ほどあるけど、晩年の、さらに病に冒され認知症と幻覚の間で苦しむ様
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

禁足地で好き勝手やるユーチュバーが断罪されるのをワクワクしながら待っていたのに、割と冗長
時々アイキャッチが差し込まれる配信風の編集は割と好きで後半は結構怖かったけど普通のホラー映画
モデルがあるみた
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.3

サイバーパンク風な都市の雑然とした背景が描きたかったんだろうな
色合いが強くて人物の動きがあまり映えないけど、一枚一枚は精巧

ストーリーは少年漫画のテンプレをなぞった感じで、ソツはないけど全然ハート
>>続きを読む

めまい 窓越しの想い(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

丁寧にしんどい映画

なんでこんなに辛いんだってくらい生きにくい社会をなんとか漂う女性とビルの清掃員のラブストーリー

生きにくさの描写が丁寧でラブが少ない、辛口ラブストーリー
ラストは一応カタルシス
>>続きを読む

潜入(2006年製作の映画)

3.2

麻薬を巡る韓国のノワール系映画
麻薬カルテルとか、刑事とか、抗争とか
目新しさはなかったけど、それなり

比較的新しい映画なのに、どことなく古めかしい撮り方、というかエロが生々しい

ヒッチャー ニューマスター版(1986年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

親切で車に乗せた男は殺人犯
神出鬼没で悪魔のようにあの手この手で人を殺し主人公を追い詰める
演出が派手で、光と影のバランスがすごく綺麗
長くて無味乾燥な道路とか、殺人犯が捕まった明け方の警察署とか、「
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

普段、映画をみるときはストーリーや演技重視であまり役者自身に注目する事はないんだけど、元ジャニーズのトップアイドルがこのものすごく難しい役を引き受け、演じきったことに衝撃、女装をしていなくても内側に女>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

劇場版コナンのとんでもトリックはいつものことだけど、今回は特に凄かった。ゴルゴ13かよ

赤井ファミリーが活躍する所を見せたい!が主軸だから、ストーリー自体にあまり面白みを感じなかった

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ループするやつ大好きだからいっぱい作って欲しい

ストーリーとしては定番だけど、二人一緒にループにハマって、恋が芽生えて、世界にとどまろうとする方と世界から抜け出そうとする方で揉めるのは珍しい

脱出
>>続きを読む

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

遊郭編くらいまでしか知識がないけど主要人物はそれほど様変わりしていなかったから全然ついていけた。

ただ、久しぶりすぎて銀さんに違和感を覚えながらも、着替えるまで衣装が違うことに気が付かなかった。
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アニメシリーズを見ていなくてもこれ一作で十分楽しめる

ただ、どうしても2時間の中でキャラクターへの思い入れがいまいち湧かなくて、作画が凄くて、きれいにまとまったアニメ映画という評価しかできないのが残
>>続きを読む

ストロベリーナイト(2013年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

全体的に雑い
正義感の強い女性刑事が主役のはずなのに言動から班長としての責任感が一ミリも感じられないのは致命的

スタンドプレーでふらふらして禁断の恋愛して、その間チームメンバーは肩身が狭くて、帳尻合
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画のサスペンス物に出てくる刑事は大概役立たずだけど、これはもうわざとやっているとしか思えないほど無能

犯人の言うがままにスタンドプレーで勝手に動いて大失敗
ラッキーパンチみたいな逆転も全然スッ
>>続きを読む

CUBE2(2002年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

1は実際に作られた軍事用施設という設定で、箱の中での諍いが面白かったけど、2は舞台の設定がややこしくてそれを解き明かす方に焦点が向いていていまいち面白みが感じられなかった

結局精神世界オチだし全然す
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

経済的に乏しい者から順に戦争に駆り出されることへの義憤から、自ら志願してベトナムに参加した主人公の視点で描かれる戦争

戦争物あまり観ないけど、背景や内部の諍いの言語化がきちんとされていてとても見やす
>>続きを読む

ヒトラーに盗られたうさぎ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ナチスの手を逃れるために、スイス、フランス、そしてイギリスへ渡った女の子の話

数年毎に言葉も違えば文化も違う世界に放り込まれても、学ぶことを諦めず、最後は自らの力で自分の居場所を作った絵本作家の自伝
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.9

テンポのいい編集と軽妙な語りで進む痛快娯楽映画
渋かっこいいの博覧会、イケオジパラダイス
もうそれだけで十分じゃないか

麻薬を巡る血生臭いマフィアの抗争が話の主軸なのに、登場人物のやり取りは洒落てい
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

吹き替えなかったけど、舞台が日本だから、割と日本語が出てくる。
あまり好みじゃなかったけど、タイトルの回収がよかった

「ブラック・レイン」が直訳で「黒い雨」なのか

アオラレ(2020年製作の映画)

3.3

めちゃくちゃ嫌な気分になる新ジャンルホラー

治安も経済も悪い方向に進んだ近未来では、失うものがなにもない無敵の人が一番怖いやつ

朝から観るもんじゃないな、出かける気が失せた

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

一回見てみたかったけど、2時間超えのボリュームに敬遠。

パトカーを何台も使って、ショッピングモールや街中で派手なカーチェイス。軽妙などたばたコメディで音楽のチョイスが良くて、撮り方も派手にかっこよく
>>続きを読む

二ノ国(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

作画はそれなりなのにストーリーが酷すぎる。
登場人物全員エスパーかつ三徹かなってくらい共感力と記憶力と理解力が不安定でキャラが生きていないし、話すことも頓珍漢の応酬でうすっぺらい。

寝る前の妄想ファ
>>続きを読む

悪魔の倫理学/怒りの倫理学(2013年製作の映画)

3.1

あらすじだけでソウみたいなワンシュチュエーションものを期待していたら、あんまりにも普通のサスペンス。

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画に出てくる警察が役立たずなのは定番だけど、一味違うポンコツっぷりにツッコミが止まらない

公訴時効と同時に関係書類を燃やすな
監視カメラから目を離すな、電話交渉中に音をたてるな、ただでさえ不安
>>続きを読む

>|