街音まいこさんの映画レビュー・感想・評価

街音まいこ

街音まいこ

  • List view
  • Grid view

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

ステージをがっつり見せてから、ふっと間を置いて拍手が遅れてやってくる演出すごく好き。
ステージを作る側に感情移入しているから、観客がどんな反応を見せるのかのドキドキを感じられる。

ダンスも歌も衣装も
>>続きを読む

モデル 欲望のランウェイ(2016年製作の映画)

3.0

キラキラしたモデル業界の裏側、エロくて下衆くて、物見高い野次馬根性を満足させてくれる映画を期待したら外れた。

ヒロインに芯がなくて、空回りしている感じあんまり。
でも、いい感じのバッドエンドだったの
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

洒落乙な映画。
よくある恋愛映画。
ファンタジーは嫌いじゃないのに、なんでこの手の話は受け付けないのか。

と話し半分で見ていたら、最後思いがけず驚いた。そういう落とし方もあるのか。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

「俺に触れたのはお前だけだ」

いい台詞。
じっくり腰を据えて見たかった。また見よう。

海底47m(2017年製作の映画)

3.2

最後のオチのつけかたは「やっぱりか」という感じ。

主人公の女性二人が始終叫びっぱなしなので見ていて疲れた。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.4

空想の怪物との対話によって、現実の世界を受け入れられるようになる男の子の話。

辛いときに逃げ込める世界も大切だよな。そこで心を整理して、現実を受け入れられればいい。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.0

仕事一筋に生きてきた孤独な男が、クリスマスの晩に不思議な男からこれまでの人生を振り返るチャンスを与えられる。
現代版クリスマスキャロルみたいな話。

優しくて嫌みのない、気兼ねなく人に薦められる映画。

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.5

2→1の順で観賞
2作目の方が面白かった。
ヒャッハー!感が足りない。

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.8

バニー姿でパソコンを買うシーンがすごく好き。

まっすぐで努力家で、やられたらきっちりやり返すバイタリティの塊のような姿にきゅんと来た。

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

こぐまくん街へ行く。

パッケージの通り童話的な、家族で見る映画。
お騒がせなこぐまくんが街にやって来て、分かりやすい悪役がいて、最後は家族で力を合わせて大円団。

毒のない冒険物もたまにはいいな。

ムービー43(2013年製作の映画)

4.0

無駄に豪華なキャストで贈るクソ映画が14本も!たまらん!
下ネタだらけのアホエロ映画ホント大好き。
みんな大好きNG集付き。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.6

みんなの代弁者のように振る舞う外面のいいモラハラ夫VS口下手な奥さん

売れる作家は人に気に入られる作家であるという理屈は分かる、それでも人の絵を搾取し続ける夫に心底むかつく。

そんな前半のイライラ
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.6

脆くて多感でめんどくさい時期の子供を同じ箱の中で過ごさせるとどうなるかの一例。
なんとなく階級を作って肩肘張って、あぶれた人間をからかうことでしかその階級を示せない。

そういえば学校って、楽しい所で
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.3

舞台展開が広いのに単調。

草原で悩みを打ち明けるシーンがベタな青春ものに見えてしかたがない。

「俺、親父を刺しちゃったんだ…」
暮れなずむ川原で膝を抱えた二人が小石を川へ投げるシーンが脳裏を掠めた
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.5

回収しなかった謎もあったけど、ツッコミながらゲラゲラ笑えて王道のコメディー映画という感じ。

タイトル通り終始ヒャッハーなテンションで、笑い疲れるほど面白かった。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.2

今までのポケモン作品は、シリーズが重なるにつれて徐々に広がっていったポケモン世界をサトシがポケモンマスター目指してわたり歩いてきたが、ここで舞台をリセットして始まりの旅!

でも、マサラタウン~バイバ
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.6

小さな田舎町で暮らす夢見がちな小さい女の子の話。
小さい子が映画を見たり、枕投げしたり、学校に行ったり、空想したり、とにかくかわいい。
ベッドの中で小さな声で夢中でおしゃべりするシーンが、子供の可愛さ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

影を書かない独特なアニメーションが軽挙妄動な大学生たちの雰囲気にぴったり。やっぱりキャラクターが動くといい。

今回の映画の他に、小説も、コミカライズも読んだがそれぞれ面白かった。

26世紀青年(2006年製作の映画)

4.0

なんというディストピア

ルンバまでアホになってて細かい気配りに笑う
ありとあらゆる機械の操作パネルが非常にシンプルな作りになっているあたりが、最近の直感的操作をうたうデザインと通じるものを感じて、割
>>続きを読む

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ブラックジャックの鳥人間の話を韓国の世相にあわせて焼き直したみたいな話。
フィッシュマンの気持ちを置いてきぼりに回りだけが大騒ぎ。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

いなか町の閉塞的でミステリアスな雰囲気とか、エゴとか理想を手放せない人間くささのある登場人物たちとか、カートゥーンっぽい作画とか、全部引っくるめて、嫌いじゃないけど、後々ふっと心を引っ張る「何か」はな>>続きを読む

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

3.8

女優を見たいがために映画を観るのは初めてかもしれない
フランスの名女優イザベルアジャーニ

海を越えて恋人を追い続けるユゴーの娘を熱演
めんどうな女も名女優にかかれば情熱的に見える
まさかの実在する人
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家族愛+彼氏イケメン過ぎ。
幽霊と直接対決してしっかり決着をつけるから、わあわあ騒ぎながら見れて観賞後のトイレも怖くない。
いいホラー映画。
呪いは終わらないとか、尾を引く終わりかたよりずっといい。
>>続きを読む

テナント/恐怖を借りた男(1976年製作の映画)

3.3

曰く付きの部屋を借りた男が狂気にとり憑かれ窓から2回飛び降りるまで。

じわじわ追い詰められていく様は面白いけどちょっと長かった。
ローズマリーの方が分かりやすくて好き。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大河を渡り平原を駆け抜け、雪山で脱線した列車内で殺人事件は起こる。
とにかく舞台が豪華。
でもわざわざ背景を見せるために派手な展開を作ったのがみえみえ。
ポアロと言えば黒髪をきっちり分けた小太りのおじ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

世間の喧騒を離れ、自然の中で力を合わせて暮らしてきた家族が母親の葬儀のために街へ繰り出すロードムービー。
映画にスーパーマーケットのシーンがあると何故か嬉しい。

予告がドタバタコメディーだったのに蓋
>>続きを読む

マルタのやさしい刺繍(2006年製作の映画)

3.5

素敵な下着の店を立ち上げるおばあちゃんの話。
いやらしいと思う人こそ自意識過剰なのです。
タイトルで穏やかな映画に見えるけどのどかなのは風景だけ、けっこう田舎の陰湿な所も見える。それでもわかってくれる
>>続きを読む

父と暮せば(2004年製作の映画)

3.6

原爆で家族や親しい人を亡くし、自分一人生き延びたことを悔やんで、やってくる幸せを拒絶しようとする主人公の姿が悲しい。

面白かったし胸に刺さるシーンもあったけど、舞台の面白さと映画の面白さってやっぱり
>>続きを読む

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

介抱役の優しいおばちゃんのサイコパスっぷりがやばい。完全に事務所のベテランさん。折に触れておやつくれるタイプの人。だからなおさら怖い。

極限状態で人は進化する云々は正直食傷気味だし、方法は雑だし。
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.7

ひたすら役者が凄い。

人格ごとに表情や所作が違って、今どの人格が出てきているのかが分かる。

楽しそうだけど戻れなくなりそう。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

メキシコとアメリカの国境地帯ってけっこう広いのね。
どこを目指しているのかよくわからなかった。街にたどり着けばゴールなの?

渋いおじいさんがひたすら密入国者を追い詰めて殺していく。で、あのラスト。
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.8

大人になりたい子供の可愛さが存分に出ていてとてもいいと思います、男の子も女の子も。
少しむずがゆくて、きゅんとする、たった半日の大冒険。

夏が恋しくなる映画を冬に観るのってなんか好きだな、贅沢で。

フランケンウィニー(2012年製作の映画)

3.1

人形や舞台の細かい作り込みとか、粘土や木や布の素材の質感にこだわって作っている感じがすごく好き。

ナイトメアみたいなダークファンタジーから後半一気にパニックホラーに。
モチーフはフランケンシュタイン
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

2.0

ある意味ものすごく有名な作品で、興味本位で観賞。
2時間、ただただ長い。

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ものすごく面白かった!

殺した奥さんの遺体が安置所から消え、殺人犯である男が追い詰められていくという、倒述物をさらにひねった ミステリー。
殺人の動機と犯人が分かっているのに、もう一つの事件が重
>>続きを読む

>|