machoriさんの映画レビュー・感想・評価

machori

machori

映画(134)
ドラマ(0)

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

Its all that high school thing!
友達ができたときの喜び、恋するときめき、歯がゆさ、何かを失いそうになる苦しさ、全部詰まってる。不完全だけど素敵な3人。

ゾーイの秘密アプリ(2014年製作の映画)

2.0

HSMとThe Greatest Showmenのサントラ聞いていて、Zendayaの他の演技見てみたいな~と思ってみた映画。The Disney Channel。頭使わずに見れる。ダンス上手だし、ス>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

北イタリアの木漏れ日。
ピアノの音色と、
哲学討議が聞こえる平和な日常。
そんな中で芽生えた愛は痛いほど
胸を熱くする、美しいものだなと。
描写、演技、曲すべてがマッチしてる。

ピンク(2016年製作の映画)

5.0

性犯罪が蔓延るインドでその向き合い方、捉え方に問題提起している社会派ドラマ。どんな犯罪でも被害者側に少し気を許していた部分って少なからずあると思うけど、それが罪を逃れる理由にはならない。
インドで女性
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.8

「帝一の國」をみて永野芽郁さんの演技を見たいなと思ってAmazon Primeで視聴。
ベタな恋愛映画はすごく久しぶりにみたけど、2時間かけて各各が惹かれ合う理由や想いを丁寧に描いていて、違和感なく、
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

赤場帝一の執着、大鷹弾の爽やかさが際立つ。
必ずしも最初から崇高な夢と目標を掲げているわけではなくて、競争が駆り立て、手段が目的化したりするんだけど、そういうものを全部乗り越えて男の子は成長するんだな
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

報道の自由 対 政治家。
重く勇気ある意思決定をしたケイを考えると泣けてしまう。
最後、勝利しても現実はそんな甘くないという描写もあり、抜かりない。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

遅ればせながら機内で鑑賞。
ミュージカルにのせて感情が増幅されてぐっと響くものがあった。
やっぱりスクリーンで観たかったな!

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーがよく練られていて、笑えるシーンもあり、相変わらず面白かった!

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.5

期待値を見事に超えてきた。
アニメにないオリジナル曲もすごくいい。
ベルもだけど、ガストンとルフゥが◎

セッション(2014年製作の映画)

3.8

演奏姿と映像に魅せられた。
プロを目指す気概としぶとさに震える。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

インフェルノ観てから過去作を遡ってみた。
面白かったけど、まぁありがちといえばありがち。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.0

ほっこりする。堺雅人は尖ったキャラを演じることが多いけど、こういう平凡な役柄も演じられるのはすごいなあ。何かあってもおいしいものを口にすると人って元気になるよね。料理上手くなろうと思わされる。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.5

魔法生物学の教科書の著者の冒険ストーリー。1本の作品にバランス良くストーリーと生物の魅力を詰め込んでいて全然退屈しない。JKローリングの脚本力すごい。エディレッドメイン、1920-30年代ハマりすぎる>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

綺麗な作品で、第1話・第2話の淡い恋で胸が締めつけられ、最終話でこの作品の良い意味で残酷さが伝わってきて。アニメだからできるものだなーって思った。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

107分間どこ切り取っても見応えがあった、とてもキレイだった。
ただ2人がなぜあそこまで惹かれあったのかは描いてほしかったかなあ。。

ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実(2014年製作の映画)

4.5

色々なアングルから今の援助の構図・問題点を炙り出していて非常に優れた作品。(もちろん一筋縄でいく話ではないので、語り方にそんじゃない!という援助側が反発抱く部分もあるだろうけど)

批判で終わるだけで
>>続きを読む

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003年製作の映画)

-

ブルースウィルスは確かにかっこいい。
人道的な立場にたちたい女医の気持ちもわかるけど、ちょっと理解し難い...
国連軍がもし現地人を守る行動をとったらこういう事態になるのか、とか色々考えさせられる。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.5

日本が長年かけて築き上げてきたものが一瞬で吹き飛ぶ様が結構堪えたなあ。防災・減災に努めること、戦争を絶対的に排除しなきゃいけないなと。
ゴジラを前に無力でも、(官僚的な手続きの遅さがあれど)、絶体絶命
>>続きを読む

>|