壺尊師さんの映画レビュー・感想・評価

壺尊師

壺尊師

主に洋画を。チョイスがマニアックです。実話もの、B級ホラー、サスペンスがとくに好きです。

映画(105)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

八つ墓村(1977年製作の映画)

3.0

子供の頃に見たきりなので改めて鑑賞しました。
怖かったという印象があったのですが、まさかこんなスプラッタだったとは。
閉鎖的な村に迷い込んだら出られなくなった。みたいな恐怖もあり、小さな山奥の村に受け
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.8

リメイク版。面白かった。
テーマ曲が流れるだけで気持ちがアガる。
メンバーが女性になったのも良かった。
ちょいちょい挟まれるギャグが笑えた。
とくに劇場エピソードが好き。ゲラゲラ笑った。
オリジナルキ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

うーん。ごめんなさい。
ミュージカル好きなんですけど、あまり主人公二人に感情移入ができず良さがわからなかった…。
音楽は良いです。
どちらかと言えば舞台で観たいタイプかもしれないっ。
うん、きっとそう
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

2.5

まったく期待していなかったから今まで見てなかったわけなんですけど…。
プッ!これがなかなか。
食わず嫌いは良くないですね!
冒頭の一人語りといい、大人げないフレディをひたすら見せつけられます。
芋虫フ
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.2

鑑賞2回目。
低予算ながらそれを最大限に活かした良くできたホラーだと思う。アイデア勝ち。
SkypeとFacebookを駆使して、パソコンの1画面だけで全てが終わる。
それでハラハラさせるなんてすごい
>>続きを読む

スピルバーグ!(2017年製作の映画)

3.0

スピルバーグ作品を振り返りながら本人や関係者にインタビューしたドキュメンタリー。
彼の作品はほぼ見ているという自負があったけど見逃しているのもあるなあと再確認。
ちょっとした裏話が楽しかった。
語られ
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.5

実話。ビンラディンを本気で捕まえようと単身パキスタンへ向かう変なオジサマのお話し。
とにかく破天荒。いつもジーザスと会話し、それが啓示と疑わない。
そんな主人公をニコラス・ケイジがコメディタッチに好演
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

2.6

はっきり言う。さっぱり意味がわからなかった。
家族を天秤にかけるという行為は愚かだ。それはわかる。
でもあの少年の不思議な力はなに?
目から血が出たり。なんで?
下ネタばっかり言っているのが何故良いの
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

2.8

うーん。ごめんなさい。
あまり良さがわからなかった。
というのも、なぜお互いが恋愛感情をもったのか腑に落ちなかったからだ。
夢の中でお互いが入れ替わっていたのは分かる。
夢では別人になることはよくある
>>続きを読む

コーラス(2004年製作の映画)

2.9

悪ガキをコーラスで立ち直らせる話。
舞台がわりと昔なので悪ガキも上品で節操がある感じ。フランスというのもあるだろう。
折檻で躾るのではなく他に興味を向ける。自分に自信を持たせるというのが大事なのだろう
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.0

アメリカでは死体をTVに映して良いのかしら…。
テレビマンはある種サイコな一面がないとやっていけないかもなあ、と妙に納得した。
相棒が言ってたように人間を人間として扱わない。物として見る。相手の気持ち
>>続きを読む

マッド・ナース(2013年製作の映画)

2.3

ラストの惨劇は「おおおおっ」となったのですけど、全体的に長く感じるほど入り込めなかったです。
女が女の裸をみても嬉しくないのでその辺りは許してください。
でも、想像よりちゃんとしたホラーでした!

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

2.5

今まで避けてきたハンガーゲーム。
ついに観てみました。
やっぱり避けておけば良かったかな、と。あくまで個人の意見です…。

誰にも感情移入ができないんですけどどうすれば…。
ご都合主義というかマンガ?
>>続きを読む

メリッサ・マッカーシーinザ・ボス 世界で一番お金が好き!(2016年製作の映画)

2.5

ところどころシュールな悪いがあるコメディ。予告編が1番面白かったかなと。
悪魔のくだりは好き。

Bubble(2005年製作の映画)

2.2

あれよあれよという間に終っていた。
短い映画だったのですね。
本当に普通のどこにでもありそうな町工場でなんの変哲もない殺人。
たぶん殺人ってそんなものなのだろう。
ドライな映画だった。

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.6

弱い乙女を監禁する物語はあまり好きではないのですが、この映画は違った!
なんたるくせ者。
そうきたか。

JOY(2015年製作の映画)

2.9

通販番組で見たことある!手を汚さずに絞れるモップ!
それを発明した主婦の実話。
ほぼほぼジョイの安定しない人間関係を描いています。
わりと静かでシリアスに進んでいくのでサクセスストーリーのワクワク感は
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

60年代。NASAで活躍した黒人女性3人の伝記映画。
面白かった!なにかと黒人女性が活躍するのは難しかった時代。天才的な能力を認められて慣例を覆していく様はワクワクしました。
ドリームとは、あり得ない
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

ペットたちが可愛い!すごくなごみます!
色んな動物の特徴をよくとらえてますねー。
ブラックユーモアも面白いし、人類を皆殺しにしたいと思っているクレイジーなウサギが最高!
自分が飼ったペットのことを思い
>>続きを読む

ショコラ 君がいて、僕がいる(2015年製作の映画)

3.1

ショコラが欲しかったものはお金でも名声でもなく、白い肌だった。
それはどんなに努力しようが頂点に立とうが手に入れられないものだ。
例えその運命を埋めるために与えられたギフトが芸人としての才能だとしても
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.5

やっぱり面白いですね!
実写になったらなおさら表現が広がって面白さ倍増。
あーーーー。好きです。
アニメで描けなかった人物設定や背景がしっかり描かれているし、道具になっている城の人々がよくできている!
>>続きを読む

ダークネス(2016年製作の映画)

2.1

ケビン・ベーコン主演なので見てみました。
クライマックスは「えー!うっそ~ん!」と思った瞬間終わってしまいました…。急に駆け足…。
それ以外は贅沢さえ言わなければ普通に見られる。といった感じです。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.2

2010年に起きた石油掘削施設の爆発を描いた実話。
率直な感想。とても怖かったです。
じわじわと歪みが大きくなっていく過程。「はっ!」と、気づいた時は手遅れで。いっきに弾けて大惨事に。
もう恐ろしくて
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.2

スティーヴン・キング原作なので見てみました。
が、キング先生はやはり自ら脚本を手がけない方が良いという結論に達しました…。
凶暴化ゾンビが薄気味悪いし面白いと思います。
ただ、ワンシーンが短くぶつぶつ
>>続きを読む

悪党に粛清を(2014年製作の映画)

3.3

久々に復讐もの西部劇を見ました。
でもアメリカ産ではなくデンマーク産というのが凄く良かったです。
2014年製作の映画なんですけど、画面の色彩を赤茶けた感じにして古さを出しつつ、今風のバイオレンスにし
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

面白い!好きだわー。
軽快な音楽とアクションが見事にシンクロしている。
ベイビーが何故ずっと音楽を聴いているのか。そのエピソードが物悲しい。
見始めたら冒頭から最後まで止まらない感じ。ちょいちょい笑え
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

2.0

まったく予備知識なく見ました。
最初から淡々と摩訶不思議な感じで進んでいくので中盤くらいまでは??。
やたらキャストが豪華だなあと。
結局、不思議な力のある少年を目的地まで送り届けるだけの逃走劇。
>>続きを読む

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

2.5

ユダヤ人のミルグラム博士はナチスによるユダヤ人大虐殺が何故起きたか、服従の心理実験を通して解明しようとする。ナチスのアイヒマンは上から命じられたからやったと虐殺行為を悪びれていない。権威あるものが命じ>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.4

あれ?結構あっさりしているのね…。
真実を報道したつもりが裏がとれず、結局伝えたいことを無視して、周囲は重箱の隅をつつくことに終始する。
そこじゃないんだよ、と。
もっと大事なことがあるだろう、と。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.0

間違いなく面白かった…せつなさも…。
森田くんが森田くんの役をやっていたんですけど凄くよかった。
始まりはほんわかしていたけれど本番はそこじゃないぞ、と。
題名の出方に「はっ!」とさせられました。
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.0

魔女の存在が信じられていた時代のオカルトホラー。
雰囲気が最初から最後まで不穏。
教会を侮辱して我こそは1番の信者だと言いはった時点で、悪魔に目をつけられてしまったとしか思えない家族。皮肉にも敬虔な信
>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.5

スピリチュアルに傾倒してしまい嬰児の息子に肉などの栄養を与えない妻。息子は栄養失調になっていくがそれが虐待だと思っていない。
夫も祖母も赤ちゃんを守ろうとするものの自分が正しいと思い込んでいる妻には響
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.3

なんの予備知識なく観ました。
う、うん…。すみません。途中で寝てしまいました…。
ちょっと、ね。全体的に必死さがちょっと…。

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.6

ヴィオレッタ役の少女が本当に美しい!
なんでも監督自身の実話だとか。
ちょいちょいシュールな表現があって面白い。ザ・フランス映画です。
芸術家の母親が表現という形でしか娘を愛せない。娘にはその愛が伝わ
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.0

暴力の連鎖。
「殴るやつは自分が殴られないと思っている」
その言葉が全ての人にあてはまる。そして、メビウスの輪のように繋がっていくのだろう。
ヒロインがキュート。役者さんがみんな上手いので痛々しいほど
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.0

ジュゼッペ・トルナトーレ監督。まったく予備知識なく観たので「こんな話だったのか!」という衝撃と猛烈にブルーな気持ちとで半分放心しています…。

ええーー…。そりゃあないよーーー。

たぶん暫くは一人ご
>>続きを読む

>|