coxsuさんの映画レビュー・感想・評価

coxsu

coxsu

映画と映画館が好きです。

・スコア目安
3.5以上…面白かった。良かった。
4以上…好き!また観たい!

映画(377)
ドラマ(0)

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.4

『50回目のファーストキス』リメイク版。

福田雄一、山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗だからほぼ勇者ヨシヒコなんだけど、
長澤まさみの可愛さが150%で、結果的に綺麗にまとまった映画。

前半のコメディ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

血が繋がっていれば家族なのか。
ホンモノの家族といるのが幸せなのか。

「私は拾っただけ。捨てた人は他にいる」

安藤サクラ素晴らしいなぁ。
お父ちゃんのあのキャラを演じられるのはリリーさんだけなので
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

周りからの目線や愛のない言葉から自分を守るための「空想」という術は、オギーの居場所になっていたけれど、
学校生活という社会の中で、オギーは自分や家族や友達と向き合い成長していく。
それは時には傷ついた
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.6

終始陽気な映画だった。
悪い人が全然出てこなくて、
キューバサンドが食べたくなった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

この映画はファンタジー。
でも、序盤から最後まで何度泣かされただろうか。
強く生きて欲しい、そう思う気持ちは愛と言っていいか、少し戸惑う場面もあったけど。
それでも大きな愛情の一つであることには変わり
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.7

事実は変えられないけど、
あの瞬間の感情は本物で、
それで傷つく人も出てしまうけど、
それでも、人は、人を許すことができる。

そんな映画だと受け取りました。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ひと夏の忘れられない思い出。

ベッドから立ち上がる瞬間のオリヴァーのあの表情。
エリオへの愛おしさが溢れ出る瞳。
酔っ払ったエリオがオリヴァーを見つめるあのトロンとした顔。

駅まで迎えに来てって震
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーだけどファンタジー過ぎない愛と痛みのお話。
最後は二人だけの世界へ。
音楽よかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

なかなかタイミングが合わずやっとこさ鑑賞。
踊りだすシーンはやはりウキウキするし、私もつい足をタンタンッ!シュッ!とやりたくなる。

でもストーリーとしてこっちの終わり方だったなんて…と鑑賞後1時間は
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

戦争映画ではあるけど、見どころはチャーチルの演説。
"会議"では無数の死者を生むくらいなら、講和条約を結び国民を救う方が良いと言うが、国民のリアルな声は、、?

これぞまさにリーダーシップ。

ダンケ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

松坂桃李のセックスシーン…だけでも満足なのだけど、女性たちの様々な欲望を受け入れてくれる松坂桃、、ではなくリョウが本当に羨ましいなぁ。

さすが舞台化されただけあって、声出して笑えるシーンもあり、あの
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

マリーゴールドの温かみと、メキシコのカラフルな街並みがとてもかわいい。

死者祭りが題材だけど、死んだ人の思い出話を家族や仲間たちと語り合うのは良いなぁ。

誰からも忘れられたら消えてしまうのは悲しい
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

激しいアクションは見応えあったけど、そもそもの設定に無理があったなぁと。
誰が監視して次々と殺していったのか。
FBIをあの場所に隠す必要はあったのか?
マイケルも証拠がないのに次々疑ってしまうのもな
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.9

女とか男とか関係なく、ただ自分の世界を広げてくれる人に惹かれるのは自然なことだなと思う。
自分の気持ちに素直になりたい。
夏のプール、キャンプ、いいなぁ。

LGBTなんて言葉も無くなる世界になると良
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.3

人は困難を乗り越えて強くなる。

主要人物の2人はただ愛し合っていたということ以外、自分たちの説明は一切しない。
しかし、周りがこの2人をどう見ているかが辛い言葉の数々で痛いほど感じる。

私がマリー
>>続きを読む

>|