あかねさんの映画レビュー・感想・評価

あかね

あかね

洋画中心、時々、邦画。
3.5以上は気に入った作品。
3.8以上は人にオススメしたくなった作品。

映画(66)
ドラマ(0)

彼が二度愛したS(2008年製作の映画)

3.2

ヒュー・ジャックマンにユアン・マクレガーなんてこの上ない目の保養!
しかもヒュー様とミシェル・ウィリアムズってグレイテスト・ショーマンのコンビじゃないか!!
と、内容よりキャストに引かれて観賞。笑
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.5

何の予備知識も無く観たからか、序盤から何かがおかしい…と思いつつも、最後まで真実に気付かずに観れてよかった。
そして真実が分かった瞬間は、ジョニー・デップ主演のシークレット・ウィンドウと同じくらい鳥肌
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

高校生の頃に観て、原作を買うほど好きになった作品。
当時は業界のトップで頑張る主人公に、お洒落な服を着てヒールでNYやパリを駆け回る姿にただただ憧れていたけど、10年以上経った今、状況はまったく違うけ
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

2.9

学生時代、授業でタイトルと大まかなあらすじを聞いて、何か曰く付きだった印象が…
あと、主人公のおじさんの名前が、大好きなアーティストの名前だと知って興味を持って観賞。

うーん。笑
時代的にかなりいろ
>>続きを読む

劇場版カードキャプターさくら(1999年製作の映画)

3.5

懐かしくなってクロウカード編から見直してるついでに、映画も観賞(映画は初めて)。
いやー、相変わらず可愛い。
そして映画ということで、ストーリーがしっかりしている。ちょっと切ない。
去年行ったばかりの
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

4.0

Huluに上がっているのを見て、10年程前に観賞してすごく面白くて好きだったのを思い出し、再観賞。
2回目でストーリーが分かっていてもやっぱり面白い。
というより、分かっているからこそ、オープニングか
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.5

アラサーの私にとっては、ちょっと考えさせられる作品。
ナタリーがフラれた後の悩みもよく分かるし、ライアンの「君の人生で幸せだったとき、独りだったか?」という言葉もずっしりくる。

そして、ジョージ・ク
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.7

女性の私でもトムにかなり共感したけど、これがもしサマー目線で描かれていたら、女性として、サマーに共感できたのかな…
いや、それでもやっぱりサマーはちょっと小悪魔すぎるか。笑

トムの心情の描き方が好き
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.6

母の強さを感じる作品。
どんなに大変でも、辛くても文句一つ言わず頑張る姿、子どもを守ろうとする姿、子どもたちを尊重して見守る姿に感動した。

そして、もしかしかたら違うかもしれないけど、立山が舞台だっ
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.6

この映画、美男美女揃いで目の保養になる。笑

そして、この映画の空気感が好き。ローラとクレールの出会い~大人になるまでとか、クレールとヴィルジニアのショッピングのシーンとか。

クレールとヴィルジニア
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.3

これだけ凄惨な事件なのに、犯人のマヌケぶりとか、ホラー映画あるあるとか、笑えてしまうシーンも多く、最初こそ身構えて観てたけど、後半は楽しんでしまった。
でもストーリーの進み方は、先が読めそうで読めなか
>>続きを読む

ヴェルサイユの宮廷庭師(2014年製作の映画)

3.3

強く印象に残る作品ではないかもしれないけど、綺麗なお話だと思う。
そして今にも草花や土の薫りが伝わってきそうな映像も美しい。
主演のケイト・ウィンスレットはもちろんのこと、アラン・リックマンの魅力が溢
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.0

なーんてね。

勧善懲悪なのに、何とも後味の悪い。
作品全体に流れる不快なジメッとした空気感。その中で一人淡々としている森口先生とのギャップがまた恐ろしい。
共感できないことはないけど、自分だったらこ
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.6

キャストの豪華なこと!!(好きな俳優さんのオンパレード。笑)
重厚で渋くて見応えがある。

ただ、難しかった…
それぞれの場面の時間や場所が分かりにくいからなのか。
でも、時間はスマイリーの眼鏡で判断
>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

3.5

警察ものの謎解きでもなく、遺族の悲しみだけに焦点が合うのでもなく、被害者本人の視点で描かれるのは新鮮だった。
悲しみや憎しみ、何もできないもどかしさが強く感じられ、共感できたような気がする。

それに
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.6

幼いドリーが、ぎゅーってしたくなる可愛さ(笑)
クライマックスに向けての途中、とても切ないんだけど、最後はディズニーらしい心温まるハッピーエンド。
エンドスクロールの後も笑わせてくれます。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

主人公のオギーだけじゃない、家族、友だち、みんなの物語。心温まる。

そして子どもたちが可愛い。ルームを観て気になっていたジェイコブくんはもちろん、ジャックウィル役のノアくんも。
字幕のほうが本人たち
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

惹かれ合う2人の純粋さに心洗われる。
切ないけど、美しい。
1950年代という時代設定もいい。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.1

なかなかの狂乱ぶり。
これが実話とは…
それでも、レオ様はどこかお茶目でかっこいい。笑

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

3.2

この映画をアメリカ人が制作したということに驚く。
ただ、もう少し兵士たちの家族とのエピソードを濃く描いてもよかったかな。

モノクロかと思うほど一貫して暗いシーンが続き、自決のシーンなど目を塞ぎたくな
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

3.4

戦場での悲惨な経験、仲間を失う悲しみに加えて、英雄と呼ばれながらも帰国後さらに苦しみ続けることになる兵士たち。
報われない彼らの運命に、胸が詰まる。
観終わってから、エンドロールまで観るべきというレビ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.1

一作目より残念な感じ。
でも、相変わらずジュード・ロウはかっこいい。
列車の中でワトソン夫妻が襲われて、シャーロックと共に戦うシーンが好き。

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.3

劇場公開当時に観に行ったが、今回続編を観るにあたり復習で再度観賞。
初めて観たときと印象は変わらず。
アクションはかっこいいけど、やっぱりシャーロック・ホームズには似合わないかな。
他のシャーロック・
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

数年前に原作を読んだことがあったから、「あぁ、そうそう、こういうストーリーだった」と思い出しながら観賞。

ミックマック(2009年製作の映画)

3.7

アメリも好きだけど、こちらも負けず劣らず。
面白くて、可愛い。いちいちクスッと笑わされる。
でもそれだけじゃなくて、ストーリーもしっかりしてる。

そして日本人が撮影しているというのが、なんだか嬉しい
>>続きを読む

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

素敵なお話。主題歌?のpaperweightも好き。

ただ…ティムの行動は、理解できないことはないし、同情の余地はあるかもしれないけど、それにしても自己中心的すぎないかなぁ。
なんて、共感しきれない
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

思っていたより、はるかにグロかった。
ゾンビなのに全力ダッシュで追いかけてくるとか怖すぎ(笑)
日本版、ウォーキング・デッド。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.6

テンポが良くて、面白い。
本当にこういう天才的な人っているのね。
家庭環境さえ悪くなければ、その才能を違う方向で発揮できただろうに…
こうなったからこそ、今のフランクがいて、社会にも貢献してるけど、フ
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.4

何の前知識も無く観たから、最初は???という感じだったけど、気付いたら真剣に観入ってた。
最後のメッセージが心に残る。

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.4

「それでも夜は明ける」からスティーブ・マックイーン監督繋がりで観賞。
兄妹の過去に何があったのか…
どんより。苦しい。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.8

理不尽な展開にもどかしくなる。
実話であることがあまりにも悲惨で、悲しい。

歴史の授業で勉強するだけでは感じられない、目を背けたくなるような残酷さだけど、これは観ておくべき映画だと思う。

>|