ゆみさんの映画レビュー・感想・評価

ゆみ

ゆみ

1989.3.4 生
マイペースに!

映画(134)
ドラマ(21)

泣く男(2014年製作の映画)

2.8

非情になりきれないヒットマン。あまり好きにはなれなかったです。なんだか、煮え切らない感じが韓国映画っぽくないなぁと思いました。

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

3.0

今までに経験のない視点でした。でも全く最後まで気付きませんでした。
終盤は展開がコロコロと変化していって、こんなに振り回されることは、そうそうないです。
様々な細かいことが全て伏線になっていて、構成が
>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

3.1

思ったより大掛かりな撮影だったんだなぁと妙なところで感心してしまいました。
ラブコメ漫画の実写映画を映画館で見たのは久しぶりでした。好みの映画でした。

来る(2018年製作の映画)

3.5

2019年、初映画でした。
恐いけど面白い!のキャッチフレーズ通り。期待通りでした。途中、衝撃的な展開が続いて。全然想像と違い、楽しかったです。原作、読みたい!
中島監督、好きです。

BOX 袴田事件 命とは(2010年製作の映画)

3.1

実際に起こった袴田事件を基に製作された作品。真実はどうなのか?えん罪ならば真犯人が存在するということで...。
ぐるぐると色々なことを考えました。

殺人の才能(2014年製作の映画)

2.9

劣等感が占めていた中に、自分に自信をつけさせてくれたことが殺人でした。誰かに強制されたわけではないにもかかわらず、快楽から犯行を続けていく日々。
他人に認めてもらうことがないというのは、苦しいと思いま
>>続きを読む

劇場版 零 ゼロ(2014年製作の映画)

3.0

ホラーの棚にあったのですが、どちらかというとスリラー?かなぁと個人的には思いました。ホラー苦手な私ですが、この作品は面白かったです。
中条あやみさんが目当てに観たのですが、美しかったです。そして意外な
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.1

私はサイコスリラーの分野は韓国映画の得意とするところだと思っています。100%、清廉潔白な人物が一切出て来ません。人間は大人になる過程で様々な経験を経て、欲や妬みを身につけていくことは、事実でそれを真>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

3.2

二階堂ふみさんが好きで、観ました。
血の繋がったおじさんと少女の年の差純愛作品、だと思っていました。たしかに一途な想いは確かですが、偏愛というか執着というか。
邦画では珍しいくらいでした。好みです。

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

4.5

FNS歌謡祭のミュージカル特集でこの作品を知りました。気になって観ました。
とても楽しくて、考えさせられました。
男、女そして、どちらとも決めていない。
みんなが幸せになる作品だと思います。

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

3.5

敵の敵は味方。
韓国映画のスパイ作品は他にもありますが、今のところ1番好きです。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.5

近未来といっても近すぎて、ほぼ現代作品。
よくある身内の確執を、ファンタジーとポップさでアニメに。可愛らしく、強い。そんな女の子が主役で、キラキラしていました。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

期待以上の面白さで楽しめました。
夫婦2人のラブラブな掛け合いや年の差婚の理由、いろいろと気になっていたことも、最後は綺麗に解決されて、スッキリ。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.5

原作は未読です。
漫画原作の映画はたまに内容を省かれていて、よくわからないところがある時もあるのですが、この作品はそれは無かったですし、実際にラリーを見に行きたいと思いました。

BLEACH(2018年製作の映画)

3.2

原作はアニメは観たことがありました。
かなり忠実に再現されていたと思います。ストーリーも無理のない展開で、楽しめました。
茶渡がそっくり!!

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.1

実際に起こった事件を基に製作された作品。未解決事件として有名な事件なので、スッキリ解決とはいかないことは、わかっていました。でも!って言いたくなってしまう(笑)

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.2

原作は未読です。
ほのすごいスピードで時間が流れます。ストーリーは王道なので、安心して観ていました。菅田将暉さんと土屋太鳳さんは、高校生役は最後かなぁ。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

原作は既読です。続編の「魔力の胎動」も読みました。
広瀬すずさんが可愛くて可愛くて。
原作とストーリーは大体同じなのですが、やはり映画では細かな背景や感情描写は、省かれていました。
しかし、映画は映画
>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

2.3

どこが「恋」なのか、何が「罰」なのか。最後までわかりませんでした。騙されて騙されて騙されて。最後の展開が早すぎて、訳がわかりませんでした。

殺人の輪廻(2015年製作の映画)

3.6

ソン・ドンイルさんが目当てで、この作品を観た作品です。観るまでキム・ユジョンさんが出演されているのを知らなくて。テンションが上がりめした。好みでした。

技術者たち(2015年製作の映画)

3.4

始めはオーシャンズ11のようなその道のプロな集まって大きな仕事をする、ただそれだけだと思っていました。
ところが、というドンデン返しが起こって行って、想像していたより楽しかったです。

無頼漢 渇いた罪(2015年製作の映画)

2.8

想像していた人物設定と違ったので、かなり印象の違う物語でした。私の勝手な想像だと、男性に振り回されない軸のしっかりした女性というものだったので、真逆な女性で少し拍子抜けしました。
ただ、美しかったです
>>続きを読む

容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012年製作の映画)

2.6

日本の容疑者Xの献身を想像して、観始めたのですが、確かにあらすじは大方同じなのですが、ガリレオあっての物語なので、表層だけ。薄い。

オフィス 檻の中の群狼(2015年製作の映画)

2.0

ホラーかな?と思ってしまいました。昨今話題のパワハラが乱発している職場で、肩身の狭いインターン、出世街道を外れたサラリーマン。様々な立場の方がそれぞれの事情で働いています。

俳優は俳優だ(2013年製作の映画)

2.2

登場人物が全て残らず、人でなし。生理的に受け付けない人格の人間ばかりでした。ショービジネスの世界が本当にこの状態ではないと思いたいのですが、大なり小なりあるのかなぁと思ってしまいます。

鬼はさまよう(2015年製作の映画)

3.2

タイトルに惹かれて観ました。
殺人鬼と復讐鬼。犯した罪は言葉だけ見ると同じかもしれません。ただ単なる快楽と誰かを想って、してはいけないと思いつつ、衝動を抑えることができなかったのでは、意味合いがかなり
>>続きを読む

極秘捜査(2015年製作の映画)

3.3

実話を基にした作品です。
誰も彼もが怪しく見えてくるから、混乱しながら観ました。人は欲を出さずに地道に努力し続けることが大切で、日常がどれだけ尊いかを感じました。また韓国作品でたまに登場する祈祷師や導
>>続きを読む

蝶の眠り(2017年製作の映画)

3.4

期待通りの美しい映像とシンプルなストーリー展開でした。謎めいた美しい女性作家と韓国人留学生。キムジェウクさんの日本語が上手で驚きました。でも一度帰国して数年ぶりに来日した時、少し日本語の発音が韓国人よ>>続きを読む

ハイヒールの男(2014年製作の映画)

3.6

切なすぎます。日本でも性の多様性が近年進んで来ていますが、それでもまだ、全ての人に優しい社会とは言えないと思います。人生の一大決心を胸に秘め、いざ行動に移し始めたことで、大きな事件が勃発します。人生に>>続きを読む

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.6

家族のみんなが少しずつ間違いを犯してしまい、その連鎖の結果、犠牲になったのが女子高校生でした。
大人の醜さが、子どもたちの純粋な友情や夢を砕きました。その物語を生々しく描かれていました。面白かったです
>>続きを読む

寵愛 ‐ちょうあい‐(2000年製作の映画)

1.9

情緒不安定な女性とその不安定さに惹かれた男性の不思議な生活。
救いもない。あまりにも淡々としていて。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.3

韓国映画っぽい残酷で人間味のある物語でした。少年・ファイがどんどんと狂気の色が濃くなっていく様に恐怖を感じました。期待通り、面白かったです。

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

3.2

実は再鑑賞の作品。邦画では珍しいと思うくらいオシャレなスパイ映画です。
少しルパン三世と峰不二子のような雰囲気が漂う、亀梨和也さんと深田恭子さん。続編を期待したんですが、無かったので残念です。原作は1
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.1

近所づきあいがなくなりつつある、このご時世には架空の事件だと思えないくらいのリアリティのある物語でした。狂気の色がにじむ香川照之さんは圧巻でした。それに、こんな表情の竹内結子さんを初めて見ました。
>>続きを読む

ワンドゥギ(2011年製作の映画)

3.0

おそらく韓国の日常にすごく近い物語だと思いました。学歴社会の真っ只中、個性は色眼鏡で見られる、裕福な家庭が裕福になる、そんな閉鎖的な構図が出来上がっている社会の一筋の光を切り取って描いたような作品でし>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

3.2

前編を観て少しモヤモヤしていて、すぐに後編を観ました。腑に落ちることも多々あって色々と前編の伏線が、効いているように感じました。
原作を読みたくなりました。

>|