カワゾエカズヒロさんの映画レビュー・感想・評価

カワゾエカズヒロ

カワゾエカズヒロ

世田谷区北沢に住んでます。

去年は234本映画を見ました。

映画(2081)
ドラマ(69)

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

-

素朴に可愛い女の子からの、
眼は笑ってないのに口だけニッコリしてる表情での本性、怖ァ。

少女邂逅(2017年製作の映画)

-

ミスiDの可愛い女の子目当てで見るんじゃ無かった。

めちゃくちゃしんどかったです。
自分が男子校に通ってたからかも。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

-

長瀬智也ってこんなに渋くなったんだ。

人柄が顔面、態度、言葉遣いにはみ出していて良かった。

ザ・ディザスター・アーティスト(2017年製作の映画)

-

歪んでても突き抜けた愛だよね。

B級?Z旧カルト映画が出来上がるまで、
再現度高過ぎてジェームズ・フランコの変態さ良く伝わった。

叫びとささやき(1972年製作の映画)

-

情緒がとっても不安定。

居心地の良い関係を築くことの難しさやら、
老いて死へ向かう痛みやら。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

-

不思議と緊張感が無くってワクワクせんかった。
何でやろ。

女が階段を上る時(1960年製作の映画)

-

積み上げたものが音を立てて崩れていくあの物悲しさ。

こだわりを貫くのが常に良いという訳でも無いのだろうけども。

そして女性の強さ。

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

-

エルヴィスプレスリーとかシドヴィシャスのTシャツをジャケットの内側に着て、
デニムが似合う辺りイタリア人。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

終始、楽観的な空気が漂っているのがアントマンの良いところ
って油断して見てたらそこに繋がるのね…。

>|