まっどしーがるさんの映画レビュー・感想・評価

まっどしーがる

まっどしーがる

ジャンルは何でも観ますが、ホラー率高し。基本劇場で鑑賞か、DVD、ブルーレイ購入、またはCATV鑑賞。Twitterも同じ名の垢です。映画検定二級。

LINEでグループを作り、一緒に映画観たり、酒飲みながら映画話しで盛り上がっています。仲間をもっと増やしたいと思ってます。映画ファンの集いは、ほぼ毎月参加してます。

レビューは何度も更新したりします。

映画(1301)
ドラマ(0)

ドラキュラ(1992年製作の映画)

4.2

フランシス・フォード・コッポラがブラム・ストーカーの原作に忠実に、オールスター・キャストで描き出したゴシック・ロマンス・ホラー大作。

今年のアカデミー主演男優賞にも輝いたゲイリー・オールドマンは、や
>>続きを読む

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

4.1

一応テレビシリーズも観ていたが、それほど熱心なファンと言う訳では無い。

映画は、彼女達の高校卒業前のロンドン旅行と後輩あずにゃんに送る歌がメインのおはなし。

基本的にはテレビシリーズのキャラクター
>>続きを読む

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

3.2

ディザスタームービーとしては珍しく、ハリウッドではなく、北欧産の映画。

津波の到達するシーンなどはまあまあリアリティもあり、恐ろしかったが、災害シーンの迫力は、やはりハリウッド作品には敵わないものが
>>続きを読む

ブルークリスマス(1978年製作の映画)

3.6

監督岡本喜八で、脚本家は倉本聰、撮影は木村大作と言うある意味豪華なスタッフで製作されている。

内容としてはSFに分類されるのだろうが、人種差別や偏見について描かれた物語とも言える。

更に自分の愛す
>>続きを読む

チェリー2000(1986年製作の映画)

3.2

タイトルになってるのに『チェリー2000』の影が薄いです。

キャストもメラニー・グリフィスが出ているのにこの安っぽさ‥。

いわゆる未来のラブドールを求めての冒険譚だが、未来と言っても2017年と既
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.7

出てくるオトナが全員間抜け!

好奇心でクルマを盗むガキは、いつ何処の国だろうがいるけれど、まずは死体を捨てに来て、鍵付けたまま車を、置いてる警官ってのがダメ!www

こういうダメな悪党の役とかやら
>>続きを読む

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

3.7

録画していたが未見のままでした。安田顕という俳優に上手くハマってる役です。観ていて彼の素を覗き見しているような雰囲気になる。

演技でもプライベートでも女性との絡みが何故か上手くいかない人なのは、まる
>>続きを読む

初体験/リッジモント・ハイ(1982年製作の映画)

3.8

この映画大好きです。
80年代の高校生の青春映画。

ショーン・ペンもめちゃ若いし、なんと言ってもフィビー・ケイツのほぼ意味の無いヌードシーンは最高に可愛いです。

ジャッジ・ラインホールドもまだ若い
>>続きを読む

ベン(1972年製作の映画)

3.8

テレビ放送時のタイトルは『続・ネズミの襲う日/ベン』だったと思う。オリジナル版『ウィラード』の続編。昔はよくテレビ放映でやっていた。

小学生の頃何度かテレビで観たので、同世代の人なら『ウィラード』と
>>続きを読む

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2010年製作の映画)

2.8

正直、あまり入り込めなかった。

タイトルから、もう少しポップな感じのものをしたていたのだが、全然違う。

主人公達の悲惨な幼少期の体験は、わかるが、全ての謎が解けてからの展開はあまり、面白くなかった
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.5

日本ではハンセン病を扱った映画やドラマなどは、ほぼタブーに等しい。『砂の器』の主人公の父親は、『病気』としてボンヤリと表現していたが、あれも原作では『ハンセン病』となっていると聞いた事がある。

本作
>>続きを読む

ヒーローショー(2010年製作の映画)

3.3

正直、全く内容を知らずに観賞した。

一時期、井筒監督が映画館で自腹で映画鑑して、辛口批評する番組をよく観ていた。当時監督は、タランティーノ作品などを観てめちゃくちゃ批判していたのだが、特にバイオレン
>>続きを読む

莫逆家族 バクギャクファミーリア(2012年製作の映画)

3.1

ヤングマガジンの連載を途中まで読んでいたが、週刊誌の購読を止めてしまったので、最後までは読んで無かった。

大人になれない元不良少年達が、ちょっとしたきっかけから過去の仲間と家族を作り街の中で勢力を拡
>>続きを読む

君よ憤怒の河を渉れ(1976年製作の映画)

3.4

福山雅治×ジョン・ウーの『マン・ハント』のオリジナル作品。

高倉健の主演の現代劇のアクション映画というのは実はそれほど数は多くはない。

それにしてもツッコミどころ満載です!新宿の人混みで、いきなり
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

やっと観ました!K'sシネマ新宿に行く予定にしていたのだが、連日満席完売と言う事でチケットが買えなかったので、拡大公開を待っていました。
平日朝9時20分からのモーニングショーだと言うのに、評判を聞い
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

4.2

深作欣二の実質的な遺作となった作品。

その後の映画などに多大な影響を与えている。

柴咲コウと栗山千明は、この映画で脚光を浴びて、タランティーノは2人を『キル・ビル』に抜擢、ただし、柴咲コウはスケジ
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

3.2

角川映画に最も勢いがあった当時のスペクタクル大作。脚本家は、深作欣二と『男女7人夏物語』の鎌田敏夫が担当している。それにしても物語のテンポがイマイチでちょっとイラッとしてしまう。

当時、角川映画を毛
>>続きを読む

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

3.5

多分、初めて映画館に観に行った時代劇がこの作品。何故か急に観たくなり劇場に向かった。今観てもオールスターキャストの豪華なエンターテイメント時代劇。

この時期、ジャンルに関係無くなんでも観ていたので、
>>続きを読む

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

4.0

実は今まで一度も観たことが無かった。やっと観ました!

今日まで夏目雅子が鬼龍院花子なんだと思っていた。映画が始まってすぐに、その過ちに気がついたが、しばらく花子は登場しなかったので、(生まれてない)
>>続きを読む

八点鐘が鳴るとき(1971年製作の映画)

3.3

アリステア・マクリーン原作の小説の映画化。若き日のアンソニー・ホプキンスが主演している、

007シリーズに対抗する様に映画化された様だが、今日の評価からするとマイナーな作品に終わった様だ。でも内容は
>>続きを読む

グレイヴ・エンカウンターズ(2011年製作の映画)

3.5

劇場公開を見逃していたホラー映画。

一時期流行のいわゆる『モキュメンタリー映画』のひとつである。
閉鎖された精神病棟に幽霊が出る事を取材に来た心霊レポート番組TVクルーのたちの記録映像とされている。
>>続きを読む

ヒンデンブルグ(1975年製作の映画)

3.5

実話とフィクションを上手く合わせて、作られている。監督は名匠ロバート・ワイズ。この監督も中々多岐に渡るジャンルの映画を作っている。

爆発シーンからのニュース音声は当時の実際の実況中継の音声が使用され
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.4

当時高校生で、ハリウッドのアクション映画くらいしか見なかった自分が、同時上映作品だった『この子の七つのお祝いに』に出ていた根津甚八のファンの友人に誘われて、付き合いで行った映画。映画が終わった後、友人>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.4

劇場公開時、タイミングを逸して見逃していた作品。CATVで前から録画してあったが、やっと観賞しました。

正直言って、いわゆる『難病モノ』と言うのは苦手なのもあって観ていませんでしたが、この映画は、ど
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.6

久しぶりの観賞。昔はちょくちょく観ていましたね。自分の持っていた香港映画のイメージを良い意味で裏切ってくれた作品。

特に後半のトニー・レオンとフェイ・ウォンの話しは大好きです。
使用されている『夢中
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

それほど期待せずに観たが、思っていたより面白かった。

この手の映画にもちゃんと協力してくれる『カルティエ』の懐の深さに感心した。

男性版に比べて人数が少ないのが功を奏したようで、メンバーのキャラク
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

前作は多分劇場公開時には見なかったはずだが、今回は無性に観たくなり、早速観賞。

やっぱりピクサーのアニメーションは、素晴らしい。最後まで全く飽きることなく、あっという間に終わった印象だ。

色々なヒ
>>続きを読む

ソルジャー・ボーイ(1972年製作の映画)

3.3

タイトルだけ知っていた映画。今回初観賞。アメリカン・ニューシネマの基本というか、定番とも言うべき作品。

徴兵の期間が終了してアメリカに帰国した、ベトナム帰還兵の物語。自分達の置かれた状況と理想と現実
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.9

最高におバカで、エロくて、楽しいアニマルパニック映画‼︎
オリジナル版とは違った楽しさがある。リメイクとして成功しています。特にバカっぽさは、今回の方がより激しいです!www

監督は傑作ホラーリメイ
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

4.2

頭に表示される『ロックン・ロールの寓話』『いつか何処かで』もカッコイイ。いわゆる、昔の邦画によくあった日活などの無国籍なアクション映画風のストーリー。

街にはびこる悪者を退治してヒロインを助けて去っ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

シリーズも5作目になり、公開前はそれ程期待もしていなかったが、予想に反してとても面白い作品だった。

今までで一番多くの恐竜が登場するので、恐竜好きも大満足?www
島が舞台になるのは前半だけなので、
>>続きを読む

リメイニング(2014年製作の映画)

2.8

前半はかなり期待したんだけど、結局よく分からなかった。

序盤は『クローバー・フィールド』の様で得体の知れない何かが現れて、人々がパニックに陥って行く様子を楽しんで見ていました。しかし、いつになっても
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

パラマウントのエンブレムが映し出されるのと同時に『トップガン・アンセム』が流れ始める。このオープニングからテンション上がる!

トム・クルーズの人気を決定づけた大ヒット映画。オープニングから4分間は、
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

スターウォーズ版ウェスタン。列車強盗とか、敵と面と向かって立っているシーンは、そのまんま西部劇と言った感じでした。

監督交代、主役交代など色々あったようですが、まずは完成して良かったです。しかしまさ
>>続きを読む

俺物語!!(2015年製作の映画)

3.6

深夜に放送されていた、アニメは観ていたけど、コミックそのものは読んでない。

主役は今年の大河ドラマの主人公で、ヒロインは今年の朝ドラのヒロインと言う、まるでNHKの番宣の様な2人の登場人物。

映画
>>続きを読む

ナビゲイター(1986年製作の映画)

3.5

観ていたら、何となくそう言えばこんな映画あったかなぁぐらいの印象を受けた。劇場では観ていません。

ウォルトディズニー・ピクチャー作品で12歳の少年が主人公という事で、健全なファミリー映画だが結構楽し
>>続きを読む

>|