mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

9.6/HAT神戸/スクリーン4:E7

イヤホンに閉じこもる世界の方がとんでもなく広いときってあるよ

本来干渉しない空間、コインランドリーで惹かれ合うシーン良いな

映画愛に溢れていて大好きだ

パターソン(2016年製作の映画)

4.4

8.30/リーブル神戸/スクリーン3:C12

誰にも知られずに死後何十年と経ってから偶発的に公になった(なってしまった)画家ヘンリー・ダーガーのことを思う。
芸術とは。評価とは。文化の継承とは。守ら
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

9.20/ハーバーOS/スクリーン5:E11 レイト

ご飯を食べるのも 出まかせも 理論も 発生が一つ穴の「口」しか存在しない人間。宇宙人からしたら滑稽で興味深いに違いない。
抜き取りたい〈概念〉を
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.8

9.13/ハーバーOS/スクリーン7:F15 レイト


全世界待望のノーランだけに、
厳しめに。
心底つまらなかった。

登場人物の2名がそっくりに見え、
そこからどーでもいい拍車がかかってしまい入
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

4.3

8.26/塚サン/スクリーン1(小さい):E4(C.Dでも可)

こういう大人のサスペンスが最近足りなかった。シネコンで見逃し、塚サンにて滑り込めた作品が今年のダークホース。

謎解きが重要ではなくて
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.0

9.9/パルシネマ/真ん中

(脈略ないけど)『スクールオブロック』で涙栓が空く最近の自分への信頼のなさは置いておいて、

歌一発で もう それは ずるずるとすするあれだった

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.9

8.26/OSハーバー/スクリーン2:I18 レイト

※これを今書いてる僕は原作の岩井俊二版を見てない

この映画の破綻も厨二ご都合主義も「あ痛たたた」だけど、思ったほど嫌いじゃないかな。
(※好き
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.9

6.24/元映/最前列中央

白状。3カ月経ってるけど憶えていません。覚えていないリストに書きました。

その紙には「クーリンチェ」や「ハッピーアワー」が入ってて。結構大事にしまってますよ

人が忘れ
>>続きを読む

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー(2015年製作の映画)

3.6

8.1/元町映画館/後方3列目辺り左側

人生の すいも あまいも おいたも おしゃべりから

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.6

6.3/リーブル神戸/スクリーン1:C-7
8.9/十三シアターセブン/前2列目右端

冒頭 夜、東京のビル群から浮き出る「映画らしからぬ」なんともかわいらしいタイトルロゴ。
坂道を自転車で駆け上が
>>続きを読む

作家、本当のJ.T.リロイ(2016年製作の映画)

3.5

8.5/元町映画館/前2列目真ん中

ローラアルバートさんの人間としての魅力にどんどん引き込まれる。
ドキュメントの編集の仕方は好みじゃないけど、「うまみ」が溢れている彼女が映ると映える。

宗教のト
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

8.2/神戸ハーバーOS/スクリーン9:D5 レイト
※「シネコン」ならではの途中トイレ行く人3人!

入江監督、一瞬ハネケかと。
それは監督が映画をコントロールする。できる。ということ。改めてそれを
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.6

7.29/リーブル神戸/スクリーン1:C9

〈浴槽に潜る全裸〉〈見開く眼〉あのカットはとても凄みがあった。
不思議なフィルモグラフィーの廣木監督の中で大すきな「さよなら歌舞伎町」の中にもその凄みが宿
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.1

7.5/シネマート心斎橋/スクリーン1:E2

見終わった後の余韻の影響で、たどたどしい日本語がききたくなり 住んでる街のすき家にちょっと間いってました
(バイトさんがみんなアジア圏の人々)

飴って
>>続きを読む

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.5

7.1/元町映画館/前2列目右2番目

恐怖分子、クーリンチェほど派手さはないが、
パンチはないがジャブがずきずきと効いてくる作品。
寝なければ。 そことの勝負。寝なかった!

p.s 台湾のお茶の容
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

6.28/神戸国際松竹/シアター4:D5 午前割

こんなティーンエイジャーシーズンがあれば。
を2時間だけ体験できるのも映画の最良の特権。

p.s mommyと2本立てでみたいものだ〜

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

5.31/ミント神戸/スクリーン7:F8 レイト

映像(ルックス)と音(重低音)でご飯何杯でもたべられる監督。
世界のパワーバランスをいれなければならなかったヴィルヌーヴ、ハリウッドの一流の仲間入り
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.0

彼女たち一人一人の感覚とこっそりすりかえて躍動してしまった してしまった
絶対にもどりたくないはずなのに
ともだちいない針MAXでふりきってたのに

うるっとしそうにやってくる波に全力で防波堤を
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

終始余韻が漂う作品。
ケーシーアフレックの寡黙な存在感も求心力あり。そもそも演じているのか微妙な所だけど、本人自体が不器用な人なんだろうな。
卑屈な顔面力が本作には合ってる。
今後の出演作は大丈夫?
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.5

記録としてダラダラ書き記し。
途中少しネタバレあり。

エドワード・ヤン監督の作品、脚本や配役だけだと大人達が醸し出す『恐怖分子』の方が個人的に興味を持てる要素(都市、孤独、薄情、不安、伝染)が多かっ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

どんな映画でも無条件でアガってしまうのが走っているシーン。汚れた血もヒミズもダイハードもジャンルレスでアガる。
この映画、冒頭からとにかくインドのおチビちゃんが裸足で はしるはしる。もうそれだけで3.
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.9

余談、キムチを食べるのが苦手。年1ぐらいで食らいつきたい衝動がある。
そんな感じの日にみたからノックアウト。

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

3.3

ロマンポルノリブート。
何を目的に観に行くか。
エロスでしょう
それ以外ない
満足です

芦那すみれさん、どこかでみたことあるお顔と声だなと思い調べたらbomiさんだった
一時期曲をよく聴いていたから
>>続きを読む