まぐ

まぐ

絵を描いて映画を見る学生。
自分用の記録も兼ねて僭越ながらレビューを書かせて頂いています。
なので、点数は個人的な嗜好も反映しています。

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

自分の周りではさほどいい評価を聞かなかったので観るのが遅れましたが、面白かったです!
劇団ひとり好きなのでほんの少し贔屓目もあるかもですが。



◯ストーリー
ストーリーはいたってシンプルで、わかり
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます。

予告編の印象を大きく上回って丁寧に作られていてよかったです。
何となくこういう女の子、こういう設定、こういうシーン好きやろ?から逆算で作られているような印象を受けますが、ちゃんとキャラを掘り下げ、カタ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

ジブリの絵柄ではあるけどジブリの二番煎じになっておらず、これはこれで楽しめました。ジブリよりもマンガ的というか、フィクションに寄せています。

米林監督は台詞での説明をすごく充実させますが、マーニーで
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます。

せわしない都会をせわしなく映すカメラワークから始まるこの作品。主人公らが持つ都会に対する鬱屈とした感情は冒頭を見るだけでだけで説得力があります。

ストーリーの本筋が追いにくかったので、記憶の整理のた
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.7

ホラーというジャンルというより、ホラーを推進力にした映画でした。
特に前半はどのシーンを切り取っても面白く、B級っぽい設定とは裏腹にしっかりホラーが描かれています。すりガラスや鏡、黄色いご飯などの小道
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます。

本当に緊迫したシーンほど静かにゆっくりと。決着がつくまで息をつく暇もないほど退屈させないサスペンスでした!

筋自体は単純明快で、誰も信用できない街で正義感の強いたった4人のアンタッチャブルが、悪の親
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.5

悪い意味でも良い意味でも、今まで万人が理解できるわけではないというイメージのあった湯浅監督というものを大々的に示す作品になった気がしています。

悪い意味というのは、ストーリーに関して。つい最近の夜は
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

4.7

ガルパンはいいぞ、という流行語の意味がわかりました…!
古いですが、ファミコンウォーズというシュミレーションゲームが大好きだったのですが、あれを映像化するとこんな感じなんだろうな〜と思いながら見ていま
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

最近コナン離れしていたけど、久々に見たこの映画はバリバリのエンタメ映画で、あ、やっちゃダメだと思ってたけどやっても面白く見れちゃうんだ、という発見がありました。
事件捜査と並行して進められる和葉のカル
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

恥ずかしながら、アニメ未見で見ました。

なのでどれが実写オリジナル要素なのかも全くわかりませんが、1つの映画として見たときに思ったのはまずは骨董品のデザインの良さです。ロイヤルな統一感を持たせつつシ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

良いと思った点
○何と言ってもサイズ感。人間の常識なんて知るかと言わんばかりの巨大なモンスターの迫力は映画館で見る価値充分でした。
○大佐というキャラクターが、奥行きのあるテーマをエンタメを邪魔するこ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

ララランドが動の美しさだとするならばこちらは静の美しさ。温度が低くそれでいて鮮やかな色彩、人物をどこか浮世離れしたように見せるカメラワーク、シーンの盛り上がりに引っ張られず人物の繊細な感情に寄り添った>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

縁を偽造しようとする先輩と、本当に出会うべき縁に気づけない乙女。かなり回りくどいけれどその回りくどさこそ真骨頂であるピュアなラブストーリーでした。

何と言っても湯浅作品は攻めた演出!リアリティを排除
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.8

正直昔見たときはただ画面の迫力に圧倒されていただけでしたが、大人になってから見てみると内容や構図などにも隙のない大傑作であることに気づきました。

この映画が世界中に支持される理由として一番に精密な背
>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます。

面白くないわけではないけど、格別面白いわけでもなかった印象です。なんというか、引っ掛かりがないまま終わってしまいました。
基本的にはセリフで笑わせているのですが、もっと画で笑わせるのも手なのかな、と思
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

前半は隙あらばサスペンスを盛り込んでいて、こちらの目を引きつけます。しかし後半は打って変わって偏ったラブストーリーになるという、一風変わった構成の映画です。起承転結の転が大きな役割を持つ映画です。>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

場面ごとに決められたテーマカラーや白飛び気味の照明で常に現実味のない画面を作り出し、松子の空想力に説得力を持たせるという画作りが印象的な映画でした。

ただ主人公が不幸になって可哀想、という映画ならば
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

序盤のとても統率の取れたシンメトリのレイアウトと、ラストカットの歯車のアトランダムな配置の対比が後味の悪さを引き立てます。信じていた人たちの悪意で全てを失った男の話。

上品なミステリーかと思えば途中
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.3

人生は決められたものなのか、それとも漂うものなのか。おそらくその両方なのだろうってセリフ良かったな…
1つの解釈ですが、基本的に周りに流され何と無く成功していくフォレストの人生の中で、ジェニーと結婚す
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.1

五分足らずの映像で涙することはあまりなくても一曲を聞くだけで涙してしまうことがあるように、音楽というのは映像よりも短い時間に大きく感情を揺さぶる力があるかもしれない。一本の映画なのにまるで人生を一周し>>続きを読む

ハルをさがして(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます。

震災で家族や友達、大切な存在を失った人を必死に犬を探す小谷の姿に投影させ、重くなりすぎないように震災にアプローチするやり方は素直に見やすかったし、近しく感じられました。震災を経験していない人にその脅威>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

まずこの映画、始まってから終わるまで2人の内面の大きな変化が見られないです。フィリップは最後まで障害者という負い目を抱えて臆病なままだし、ドリスも礼儀知らずで乱暴なまま。それでも2人を取り巻く問題は解>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.2

才能は欲する者に与えられる物ではないけど、凡人だからこそ見える景色もある。
青春時代はまるでそれが自分の人生の全てであったかのように打ち込んだ部活も、負けたら負けたで得られるものもあるし、人生は続いて
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.8

なんでこんなにも、密室のみで展開する会話劇に惹かれるのだろう。

常にいくつもの対立を発生させていたのが、限定されたロケーションにもかかわらず飽きさせない最大のポイントだと思います。対立といっても無罪
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

ララランドがオマージュしたと聞いていましたが、鮮やかな色彩やタップダンス中心のダンスシーンなど画的な面と、夢を追う2人という要素が主なのかな?
ララランドとは違い脚本が浮足立っています笑 これを見
>>続きを読む

アーティスト(2011年製作の映画)

4.2

サイレント映画は、見る側が自然とセリフに頼らず積極的に人物の心境を理解しようとせざるを得ないのがいい。この映画を見て気づきました。

サイレントとトーキー、どちらがいいなんて一概には言えないですが、最
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます。

なるほど、名作でした。
変化を恐れる者と変化していく者のコントラストを変わらない者の視線から切り取った、どうしようもなく悲しい人間ドラマ。

紀子が老夫婦に優しくしたのは、老夫婦と触れ合う事で戦死した
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.0

最近見た晩秋とどうしても比べざるを得ないです。起きている事象はほぼ同じだけど、晩秋は親から卒業する娘の話、秋刀魚の味は娘から卒業する親の話。
しかし晩秋よりも確実に見やすく、面白くなっていると感じまし
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.5

北野作品が初だったのですが、本職じゃない人が作ったとは思えない画の切り取り方だなぁと思いました。ラストシーンなんか特に秀逸で美しいと思いました。

また、久石さんの音楽が最高でした!アニメ作品以外にも
>>続きを読む

浮雲(1955年製作の映画)

3.9

常に何かしらの障害がある2人の恋を追った物語。まあその障害の多くが男の移り気なのですが、最後の最後でようやく出会った頃と同じ様に両想いになれるも、既に時遅し…という切ない余韻が残る話でした。男が作中初>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.3

※ここに書くことは個人の意見であり、アニメ版を見ていないにわかの発言であるということをご了承ください。


正直、三部作の中で1番面白く感じなかった作品です…

序盤の、観客の視点とシンジくんの視点を
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.3

エヴァ三部作の中で、1番面白いと感じたのが二部作目のこの作品。三作の中で、1番エンターテインメントしている作品だと思います。

序と大きく違うのが、まずアスカという存在。前作では、ギャグパートを1番に
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.6

作画がめちゃんこ重厚で立体感があるため、2Dアニメながら使徒の3Dが全く浮いてないのは本当に凄い。
街を地下に隠して地上で戦闘するため、エヴァ側も容赦なくドンパチやれるのも迫力があっていいし、毎度全く
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます。

映画っていいな、って思わせてくれる映画っていいですね。

ありきたりというか、ストーリーに複雑さはなく、先にどんなことが起こるのかは大体予想できる脚本です。でも、そんなこともちろん監督は分かっていて、
>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

4.3

老いという現実を突きつけられて浮かび上がる様々な人間の悲喜劇を描いた映画。最初の掴みだけでも開いた口が塞がらないです。

が、話がとにかく難しい…説明不足なのか読解力不足なのか、一貫性のない脚本に振り
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

3.9

初小津作品です。

正直、古典文学のように堅苦しいものを想像していたので、思ったよりもキャッチーな映画だったというのが一番の印象です。
いつの時代の人が見ても共感できるような、人間の普遍的な感情が描か
>>続きを読む

>|