mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

星の数は映画の好みです

映画(308)
ドラマ(0)

べー。(2016年製作の映画)

5.0

最高。。。まじで最高。大好きすぎる。暴力と純愛、2つが絶妙なバランスで混ざりあっていた。そしてもちろん血塗れ。こういうのが大好きだよ私は!!

学生の時の作品なのにものすごい完成度。内輪ノリ全く無し。
>>続きを読む

誰もがそれを知っている(2018年製作の映画)

-

きっとちゃんと観たら面白かったのだと思う。最初のハッピーな結婚式から一転、イレーネが誘拐されてからの全員の探り合い、関係性が分かれば。顔と名前の区別がつかず(分かりにくいということじゃなく、ただ単に私>>続きを読む

メモリーズ・オブ・サマー(2016年製作の映画)

4.0

そんじょそこらの鬱映画ではなかった。暗い救いようのない話がとても好きなのに鬱すぎて途中で耐えられなくなり出ようかと思ったが最後まで観てしまった。。。このなんとも言い表せない気持ちどうしたら良いの。しか>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

5.0

画も音楽もめちゃカッコいい。大好き。でもそれだけじゃなくてちゃんと物語も良いしラストはちょっと泣いちゃう。本当はラスト、普通な感じになっちゃったか~とも思ったのだけど、だってやっぱり子供が主役だし!な>>続きを読む

オーファンズ・ブルース(2018年製作の映画)

4.5

誰かと居ても人は独りなんだと思う映画だった。私もきっとそれを望むし、ずっとそうだったのかもしれないし。よく分からないけど映画を観て勝手に救われることがたまにある。バッドエンドとハッピーエンドが溶けて混>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から最高完璧大好きだったのにラスト20分くらいからの地獄行きの展開とラストシーンにそりゃねーや!!となった。だからと言ってどーゆー展開とラストを望んでいたのかと言われたらああだったらありがちかもし>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

1.0

はじまりのうたの親子版みたいで、それでも良ければもちろん良いのだけどなんだか全体的にうすっぺら~い感じで私にはどのシーンも台詞もグッとくるところがなかった。。。

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.5

東ドイツの高校に通うテオとクルトが列車に乗って、目的を嘘ついて西ベルリンの映画館に行く最初のシーン。あ~この映画めちゃ好き~ってなる。このシーンがいちばん好き。でもストーリーは生徒達のいけないこととは>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0

イケてるJAWSTシャツを買ったので思い出してDVDで久しぶりに観た。月並みな感想だけども40年以上前の作品なのに今観てもやっぱり凄い。音楽も演出もイケイケだし攻め攻めだしサメもカッコいいしカメラワー>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.5

破天荒なリーダー ウォーレン
臆病なアーティスト スペンサー
内気なインテリ エリック
短気な筋肉オタク チャズ

くだらない日常をどうにかしたい、特別な人間になりたい、自由になりたい、何か特別なこと
>>続きを読む

キュクロプス(2018年製作の映画)

4.5

設定やストーリーはなんとなくありがちで序盤は期待ハズレだったかなと思ってしまったが、これが観てるとどんどんどんどん面白くなる。先の展開が読めず話が2転3転して誰が味方で敵なのか、誰が嘘をついているのか>>続きを読む

デビッド・クローネンバーグのシーバース(1975年製作の映画)

4.5

内臓、血、エロ、グロ、思っていたより全体的には強烈な描写がなかったけどめちゃ面白かった!!音楽がいちいち良いし登場人物達の顔が良い。みんな偽物みたいな顔してて。笑っちゃうしわけわからないシーンとかある>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.0

序盤は良くて面白そうと思ったし殺すシーンや血とかそういう描写は好きだったのだけどなんか色々と惜しい!!そして長い!!

ぱん。(2017年製作の映画)

4.3

短編だからか展開早いし登場人物次々出てくるのに全く混乱せず分かりやすくて面白さが15分に凝縮されていた!!登場人物のキャラがみんな良い!!ハングマンズ・ノットの私が大好きな柴田さんも柴田さんのまんまの>>続きを読む

監督失格(2011年製作の映画)

4.5

2013年に観賞。その時の感想をTwitterから探した。

死にたいとか本気で思ったことも安易に言ったこともないけどこの映画を観たらいろんな現実が突き刺さってきてほんとにもう人生終わりにしてもいいか
>>続きを読む

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(2017年製作の映画)

5.0

この映画を観た人なら分かってくれると思うが水野錬太郎が出てきて何か話す度にオラァァァ!!とアイアンクローをかましたくなってしまい本当にイライラした。

学生の時に授業で習った関東大震災の際のデマによる
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

4.0

飛び降りるところを想像した。
普通はしない。
でも普通はしないなんて誰が決めた?
それに反抗するには飛び降りるしかない。

ここが好き過ぎる。

そしてレックスもコーヒーを飲まないなんて誰が決めた?反
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーの詳しい説明はなく、自分の願いを叶えるためにある男を訪ねカフェに来る人達。男はその願いを叶える為には◯◯をしろと課題を与える。子供を殺せとか女を犯せとか爆弾を仕掛けてたくさんの人を殺せなどな>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

自分の思想も差別が何かもよく分からないし差別反対!なんて言ってる人たちもいまいち信用できないし思考を停止したらそれでもう終わりだけども、グリーンブックを観た感想を読み返したらなんて自分は甘ちゃんで浅い>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

【2回目を観ての感想】
マモちゃんがテルちゃんにしていることや、テルちゃんの扱いはテルちゃんを利用しているし思わせ振りなことをして確かに酷い。でもマモちゃんは彼女が居るわけではなく、マモちゃんもすみれ
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

5.0

DVDでは何度も観た大好きなゾンビ映画を映画館の大きなスクリーンで爆音でポップコーン食べならがコーラ飲んで笑って泣いて観られる日が来るなんて最高。音楽の使い方も撮り方もめちゃかっこいいしストーリーも登>>続きを読む

芳華-Youth-(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

私ならスルーしてしまい観なかった映画。美しくて普遍的でよくある青春映画と言えばそうなのだけど、やけに美しく撮っているのは色々なものをオブラートに包んでいたのだろうか。

芳華の意味を調べたら花の香の様
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

4.0

おすすめされなかったら絶対に観なかったけど面白かった◎なんてバカバカしいんだと思いながらも泣けちゃったし観るとちょっと元気になる映画だった。

ドヴォルザークに似てるとかシオシオミロとかなんらもな~と
>>続きを読む

ジェイコブス・ラダー(1990年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サイレントヒルみたいな映画だと思った。レッドピラミッドシングやバブルヘッドナースを思わせるようなクリーチャーが出てきたり、廃病院とか現実と悪夢の時の場面が何度も入れ替わって進むストーリーなどなど。>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

5.0

ストーリーも音楽も登場人物たちも全部好き。特にチャーリーがとても良かった。パトリックのことを恋人と思っていたのに兄と聞いたときの顔、チャーリーが他の女の子とデートするときにサムに嫉妬しないでねと言うシ>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

とても有名な映画だけどストーリーも何も知らず初めて観た。ホラー映画ではなくて皆可哀想で悲しい映画だった。。。観てる間、なんか違和感を感じていたのがラストでそういうことだったのかと、改めてあの3つのルー>>続きを読む

ファミリー☆ウォーズ(2018年製作の映画)

3.8

後半のバトルシーンが最高~!!ハングマンズノットもそうだったけど、最後これどーなっちゃうんだろ?と思わせてくれる感が凄い笑

そして途中から結局この話なんだったっけ?ってなった笑

ハングマンズノット
>>続きを読む

イグジステンズ(1999年製作の映画)

4.5

背中から始めて脳でイク、という割にはちょっとだけゲームの世界がしょぼいかなと思ったけど、何が現実でどこまでがゲームで誰が敵で誰が味方なのかわからなくなるストーリーも面白いし、脊髄にケーブルぶっ刺してバ>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2人とも何もかも正反対で理解出来なくてどちらもお互いを見下しているところもあり、特にトニーは黒人を差別していたしきっと現実は映画みたいにはいかないことのほうが多いのかも知れないけど、この映画は実話だし>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公のカヤを手持ちカメラで追っていく撮り方なのでカヤが動けばカメラも動き、カヤが止まればカメラも止まるし最初の銃声が聞こえた時からパニック状態になって逃げ惑う物語の前半の臨場感が物凄かった。

銃声
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

5.0

めちゃ攻めてる。この映画をエロ目的や興味本位で観てああ悲惨可哀想、どうにかできなかったのかと偽善的な気持ちになりつつ自分より不幸な人を見て安心するのか?

観たところでこの映画を高評価してる自分に酔っ
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

1.0

全然面白くなかった。カメラワークも別にかっこよくないし映像も別にスタイリッシュじゃないしグロくもなければキツくもないし観終わったあとずーんともならない。なんにも感じないとてもつまらない映画だった。>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.0

予告などで期待してたのだけど思いの外退屈だった。。。物語の真実と結末はとても良かったのにそれまでに至るところがいまいち。。。この設定とシチュエーションを生かしきれていないと言うかドキドキが物足りない。>>続きを読む

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

4.9

去年の夏のホラー秘宝まつりで観たかったやつ。めちゃ面白かった。柴田さんとクズヤンキーたちがいつ殺り合うのかラストにどう向かうのかの興奮が半端ない。

この何にも心に響かず共感もできずただただ胸くそ悪い
>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.0

自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていることが共通のテーマという15人の各監督の8分以内の作品。

全部に共感はできず全然好きじゃない作品もあったしテーマが理解できないもの
>>続きを読む

>|