maimujiさんの映画レビュー・感想・評価

maimuji

maimuji

映画(98)
ドラマ(0)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

お年始に家族で見たら、おめでたさましましの豪華な映画だった。
長い年月によって、同じシリーズでも楽しみ方が変わってくるなという印象。映像全体にシックなかっこよさがある。

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.5

想像させる隙と要素がたくさん。物語だからきっとどこにも正解はなく、何でもありなんだよな。
何が本当とかなさそうだし、3人の視点からそれぞれ切り取ったらきっと違う真実があるんだろうな。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリーなようでいて、きれいに作られている映画だった。
もちろんフィクションなのだけど、カメラとか音とかがドキュメンタリーを感じさせた気がする。

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.5

終始ドキドキしてた。
カーテンの影にいたり、ベッドの下にいたり、正直高良くんでなかったら、ホラー映画だった。
誰が悪くて誰が悪くないとか、見方によって変わってくる。
そして、報われなさがとても胸痛かっ
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.5

ティモシーシャラメが見たいために見に行った映画。音楽と度々挟まるナレーションのワードチョイスがしゃれてるし、物語的な青春と火傷を楽しめた。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.5

ダニエル・クレイグがあんまりかっこよくない探偵役で、ほかのキャストの役割が際立ってた。
ミステリーの面白さとしては物足りなさはあったけど、登場人物の活かし方とか、話の展開の仕方とか、ほかにも小技をきか
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

前作の終わりから大変な展開を見せつけ、
予告でも煽られてやっと見てきた!
展開はさほど激動ではなかったけれども、
淡々と世界観を表現されていたので
見ている間ずっとひきこまれてしまった。
ハリー・ポッ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

たいへんたいへん遅ればせながら見てきた!
ボヘミアン・ラプソディ
IMAXで見るのが贅沢な楽しみ方だった。
後半に待ち構えていたライブの部分がご褒美!
ひたすら音で楽しむタイプ。
それで楽しめるのかだ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

〈耳にも目にもいい映画〉
出てくる人たちのシャツの着こなしが好きだった。エリオが朝、泳ぎに行く場面で来てたニットのゆるさも良かった。あとは最後のシーンで出てくるシャツの柄とかも。総じて服が好みだったの
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

美女がかっこいい音楽にのせて、かっこよくアクションを披露する。パッケージ勝ち。
あまりこの時代のスパイものを見たことがなかったので、それは新鮮だった。色味が今の流行りを感じさせるので、音楽も気分をのせ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.0

みんな、クソっていいすぎ。
時系列がばらばらの映画は好き。結びつけながら見るから集中して見れる。
海はあまり好きではないが、主人公の思いと結びつくところを考えているとなんとなく見てて感傷的だが穏やかな
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

この監督の映画を初めて見た。
最近、西加奈子さんの短編集で女の子と老人をテーマに書いたものを読んだので、それを思い出したがかなり違う爺と孫の関係がこの映画では見れた。
それまで接触がなく、ほとんど他人
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.8

衣装が好み。
アイデンティティというか、国の間で揺れる感じもわかりやすく映されてるだけに、考えさせられる部分が大きい

コングレス未来学会議(2013年製作の映画)

2.5

 どこで楽しむのか微妙に迷いながらずっと見てた。目には楽しかったが、ストーリーは変わったテンポだった。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

 音楽が楽しいので、BGMかわりに何度も見れる。なによりキーラ・ナイトレイがきれいなので、とても目の保養。話の流れも好み。ジャケットのふたりの関係がとてもよかった

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

 サントラを即、iTunesに入れた。衣装とか、色彩とかとても好み。話のテンポもよかった。最後はスッと終わる唐突さも◯。

太陽のめざめ(2015年製作の映画)

2.5

 ドキュメンタリーっぽい映像は好みだったけど、そんなにしっくりこなかった。たぶん理性<欲みたいな話が苦手だからかな。終わり方も急にきれいにまとまってしまったなあ。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

 真実かどうかは問題としておらず、それに関わった人たちがどれを真実とするのかというところ(裁判所においては?)。真実という言葉自体が怪しくなる。事件としてどういうことが起きて、この結末に至ったかという>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

 設定はSFっぽいところがある。恋愛ものらしいお話は好みでないので、少し設定が変わってるこの映画は最後まで集中して見れた。
 そういう好みもあり、タイトルに惹かれなかったので、ずっと見ていなかった。邦
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

ちょっと上手くいきすぎな感じはあるけど、私はこのくらいポジティブな映画の方が楽しめる。
エンドロールも楽しかった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.0

狂わせるガールにはなりたくないけど(なれない)、くるくると変わる希子ちゃんを見てるのは楽しかった。ときどきホラー

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

3.5

思ったよりも気持ち悪くなかった。嫌な感じで終わらなかったのは好み。みんないなくなるけれども。

造られた殺人(2015年製作の映画)

3.2

結末があらすじで予想がついてしまうけど、ハラハラしますよね。

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.8

アクションとかの激しさはないけど、とてもハラハラするとこがある。
生きるか死ぬかの賭けを小さな子どもたちも行っていたのだと思うと苦しくなる。生き残ったから物語になったけど、残らなかった話もたくさんある
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

ミッキーの時計が戻ってきて良かったです
ただ、謎解きをしてるところがもう少し欲しかったです

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.0

正直でいることは難しいし、それを口にすることも難しい

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.5

男と女で、過去と未来の対比かな。色味と光の加減が好み

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.0

ファン・ジョンミン氏はカメレオン。
頭脳戦、スリルも楽しめる

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.0

大丈夫なことはわかるけど、やっぱりどきどきしちゃうよね。

>|