oideyaaaasuさんの映画レビュー・感想・評価

oideyaaaasu

oideyaaaasu

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.9

007はもうどれを観てどれを観てないかわからない笑
とりあえずここから見直していくことに!

最後の最後まで見ごたえ抜群で、飽きないのがすき。

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.6

男の子のひと夏!いいね!
まだ1人では上手くいかないことを経験して思い知って、みんな成長していくんだよね。

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.8

「わたしが一番信じたい人だから 」

なんとなくスカッとするものが観たくてアクション選んだんだけど、ちょっと苦手なエイリアン系でしたね。(よく観たらちゃんとジャケにエイリアンいた笑)

けど思いの外面
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」

静かでとても繊細な映画だったけど、表情音楽カメラワーク色使いで、しっかり感情が心に入ってきた。とてもいい映画でした。

どの彼のセクションでも、暖かい言葉がちゃ
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

「家族を助けて」

忙しくてブラックウィドウを見逃してしょんぼりしながら、シャンチー観ました。まぁこれも通る道だよねって。←酷

そしたらすごい面白かった!!!
アクションかっこいいー!!最高!!
>>続きを読む

マチルド、翼を広げ(2017年製作の映画)

3.0

「あなたの初めての涙はどこにいったの?」
精神病の母親と9歳の子供マチルドのお話、なかなか重たい。急に喋るフクロウというファンタジーが挿入されて、なんだか理解や気持ちの行き先が難しかった。。

マチル
>>続きを読む

キトキト!(2006年製作の映画)

3.8

「ちゃんとご飯食べとるけ?」

ひょんなことで出会った15年前の映画、こんな映画あったんだ。
富山で暮らす家族のはなし。とてもパワフルな母親の姿は、実親には重ならないところも多いけれど(笑)それでも母
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.9

「私たちは仕事を全うした、誇りにおもう。」

昔観たことあったけど、テレビでやっていたので流し観。奇跡だけにフォーカスしてなくて、裁判ベースなのがまたいい。後半からしっかり観ちゃいました。

ラストは
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.9

途中からもうずっと泣けた。
写真を発明した人ってほんとすごいなぁ。

菅田将暉はどこにいた…?

恋する遊園地(2020年製作の映画)

3.0

ザファンタジー映画だと思ってたら、実話を元にした対物性愛者の話でした。
初めて知った世界でした。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

90sのLA最高だな~!フィルム映像に懐かしい画角、音楽、お洒落であっとゆうまに好きになる。
そこにスケボー足すとさらにクールに。

境界線を見失ってしまったファックシットと境界線を見失わなかったレイ
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.7

「時間は気持ちよく使わなきゃ」

そう教えてくれるひとに、わたしも会いたかった。

ファンタジーだと思ってなかったので、あれれ失敗だった?ってなったけど、じんわり心の隙間に入り込んでくるような映画でし
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.9

休日の夜に、久しぶりの映画の時間。
しあわせな映像美と、人間模様が面白い。

一番の趣味の旅行に行けなくて、旅欲も無くなってきた今日この頃。あ~海外行きたいって気持ちを久しぶりに思い出させてもらいまし
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.6

「僕は誰ですか」

グロ系は苦手なので普段なら観ないけど、キャストとストーリーに惹かれて鑑賞。

深瀬くんのサイコパス具合がしっかり怖いけど、画面いっぱいに映し出される顔面綺麗すぎた(笑)

途中まで
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.8

ギリギリ間に合ったー!
アクションが秀逸!そしてほぼずっとアクションだった。アクションにイケイケの音楽のせるの好みじゃないので、無音なのがめちゃくちゃよかったです!!!

あと、佐藤健ずっと走ってたね
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.7

ニーマンの、どんどん変化していく表情が何とも言えない。最後のニーマンとフレッチャーとのぶつかり合いの演奏が本当に凄かった。
でも、ニコルをデートに誘ったときの、嬉しそうな表情のニーマンに帰ってきて欲し
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

フランシスのダメダメなところも、一生懸命なところも、全部魅力的。

好きなように想い描いてきた未来に、あっとゆうまに現実が追い付いて、自分だけが段々と取り残されていくリアルさ。
共感してしまう。

>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

今観ないともう一生観ないと思って、序から一気観して、映画館に走りました。

やっぱりアニメ版観てないと、ちょっと駆け足で想いが追い付かなかったなぁ。

全部は全然わからないままだったし、20年以上ファ
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.5

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」

18歳の私に会ったら、何て言われるだろう。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.5

「希望は残っている、どんな時もね」

待って待って!ついさっき、破観終わって、さっきまでついていけてた気がしてたのに、あっとゆうまに振り落とされました(笑)

ミサトさんサイド、説明不足すごい! 笑
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

3.9

「一緒にいると、ポカポカする」

日常の前半と絶望の後半、ものすごい振り幅!やられたー!泣
絶望感を演出する音楽の使い方も秀逸。

ストーリーもだんだんと、難しくなってきて振り落とされないように必死。
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.8

「笑えば良いと思うよ」

原作は未見のままだけど、もう今しかないと思って、エヴァンゲリオン始めました!!
はじめましてのつもりだったけど、あまりにも有名な作品すぎて、キャラクターの名前は一通り知ってい
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.9

忙しすぎて久しぶりの映画…そんな中でも、さくっと気負わず観れるのでよかったです!◎
動物たちがとにかくチャーミング!ファンタジー盛りだくさんで楽しめました!

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.2

「今話しかけないで。上書きしないで。まだ昨日の夜の余韻の中にいたいんだよ。」

邦画の恋愛ものって、自分の中で全然ランクインしないんだけど、これ素晴らしかった…!いちいち共感したくなるセリフや、描写に
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.8

「この夏こそ最高傑作だ」

こんな青春の1ページがあったら、最高だったな。イヴが最高に可愛い。
最近疲れ果ててたので、自由な未来にむかって、安心を手放して踏み出すイヴが羨ましくて、眩しくみえた。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

初見じゃないけど、すっかり忘れてて楽しめました。
ギタイとかいう得たいの知れないものと戦う系は、実はあんまり好みじゃないんだけど、これはストーリーがとにかく面白いよねぇ。

日本が原作だったの、知らな
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.5

「心底惚れるって、全てにおいてその人が例外になっちゃうってことなんですね」

成瀬くんの、しあわせの噛み締め方が本当に本当に可愛くて、あー全然負けたって思った(笑)←

しっかりするふりして、いつまで
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.3

「嘘で生きる方が楽だ」

久しぶりに観たけど、レオ様×トムハンクス×スピルバーグ、最高だよね。

レオ様がかっこよすぎて、いつまでも観ていられる。トムハンクスとの関係にどことなく心温まるラストもすき。

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

2.0

絵が綺麗だったので、予告全く観ず知らずで見たら、とんでもないストーリーだった(笑)でもちょっと泣いた←

前半の甘々さに、え~こうゆう系?と若干引き気味で観てたら、後半急に、そうゆう系ーーー?!ってい
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.7

今年最後に観た映画が、これで良かったなぁ。最高に染みる。

一人っ子だから尚更、羨ましいが詰まっていたし、女性にとっての幸せとは?ってぐさぐさと心に刺さる。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

「僕らは間違っていたのかも」

第二次世界大戦中のドイツを、10歳の少年目線で描かれている。

当たり前のように教えられたことを信じてきた少年ジョジョが、様々な経験のもと自分の気持ちとひとつひとつ向き
>>続きを読む

ブラック校則(2019年製作の映画)

3.8

抑圧と自由。
なんかさっき観たドイツ映画がよぎる。笑

思ってたより、中身のあるストーリーでよかったです!

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.1

「自分で決めるんだ」

あーやっと観れた。
多数決から自らの決断へと、各々が前へ進む若者たちの姿に涙が止まらなかった。

今こんなにも自由な国で生きているのに、時代のせいになんてしてはいけないなぁとし
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.6

「誰も傷つけたくない、そんな選択をしている、はず。」

だけどほんとは傷ついているし、守りきれていない。そんな高校生という若さ、悩んで成長していく過程がとても眩しい。
それを表現する、光と雨とピアノが
>>続きを読む

>|