oideyaaaasuさんの映画レビュー・感想・評価

oideyaaaasu

oideyaaaasu

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.4

THEクドカンワールド!

クドカンの映画はあんまりはまらない時があるけど、これはアリでした◎

伏線回収楽しいし、笑えるし、何より普段の小さな謝罪をもらえなかったもやっとをスッキリさせてくれた気がす
>>続きを読む

海を感じる時(2014年製作の映画)

1.5

うーん、この池松くんの役が、全然タイプじゃない(´・ω・`)

運命じゃない人(2004年製作の映画)

3.9

やっぱ伏線のはりかたさすが◎
さいごのさいごまで脚本勝ちってかんじ!
それでして、このタイトル!

トリガール!(2017年製作の映画)

3.8

こりゃずるい。面白かった◎
たおちゃん、orangeのときはほんとありえないって思ったけど、この役はぴったりだったね!

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

2.5

すずちゃんとあやみちゃんが、ただただ可愛いー。

さいしょらへんの、わざとらしい出来なさ加減とか、、決勝も、もちろんすごいんだけど、アメリカで優勝できちゃうような、わあ!ってゆうかんじは、さすがに感じ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

駆け込み映画館で。間に合ったー。
まるで楽しいアトラクション◎

ホルド指揮官がつっこんだあのシーンは、STAR WARS史上一番綺麗な映像だったと思う。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.9

このストーリーが文字で出来てるかと思うと、ほんとにすごいなって思う!
この世界観に、人間の弱さとかダークなとこを盛り込んでくるとことか、やっぱりさすが。
何よりハリーポッターの後で、劣ってないところ
>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.1

まだ泣ける映画がここにもあったか。
ぼろぼろ泣きました。

母親の余命宣告によって、家族の問題がどしどしと湧いて出て積み重なって、演技がリアルで、見ててほんとに苦しくなる。

だけど、そんな苦しい状況
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.0

菅田くんの演技力に驚いた◎

世の中には、"そこ"で生きている人が、ほんとにいる。
"そこ"で出会ったふたりは、まっすぐで仕方がなかった。
なんで、抜け出さないんだろう。
なんで、抜け出せないんだろう
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.1

女の子の好きが詰まってて、何度も観てて、コーヒー飲みながら、セルフネイルとかしながら観るのが、大好きだったの。


だけど何年かぶりに観たら、全然違うことを思うなんて。


頑張っていること、少しは認
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.7

こうゆう映画は、なにも考えなくていいし、なにもつっこまなくていいから、流し観に最適です◎

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

「ひとは、こんなにも時が過ぎたあとで、全く違う方向から、嵐のように救われることがある」


将棋のことはわからなさすぎるけど
この言葉だけは、すごく解る。

ファイター聴きたい。
アンサー聴きたい。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.7

「表と裏、白と黒、簡単に裏返る。人間と同じだ」

明日しごとな休日の夜に、ほんとーにちょうどいい映画(^^)
松田龍平あーかっこいい。
大泉洋も相変わらずよい。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.3

キャストが豪華。ひとりひとりが存在感あるから、それが一番のみどころでした。

ぎゅっと重たいものが登場人物分詰め込まれた作品。
だけど観終えたあとはスッキリ感はない。


「なんで殺した?」って聞いち
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.0

昭和64年、事件はおきる。
事件は未解決のまま、時効まで1年とせまっていた。

ずっと観たかったやつ、やっと手をつけれた!
でも眠くて眠くて、、途中寝た。
最後の最後でようやく動き始める!
後編はちゃ
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.1

やっぱり名作は、いつまでも色褪せないね!

母を失ったアディと詐欺師モーゼのロードムービー。モノクロってゆうのがまたよい。

二人の会話は、もうずーっと飽きずに観てられる! 最後はしんみりするかと思い
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

「飲み込んで踏ん張って我慢して怒りが通りすぎる時を待つの」

悲しくて辛くてムカついて悔しい。
なのにじんわり暖かい。

みんな時々間違える。
それは時に人を傷つける。
だけど、そばにいてくれる誰かが
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.9

うんうん、面白い◎
映像の撮り方がすき!
みんなそれぞれのキャラもいい!
てゆーかブラピがかっこいい!

青い春(2001年製作の映画)

3.9

みんな若い!松田龍平かっこいい!!

THE青春映画!
でも爽やかさはかけらもない、真っ黒な青春。えぐいシーンもあるけど、まぁ原作者でなんとなく予想範囲。

だけど対照的な桜と、校長先生もよかったし、
>>続きを読む

ばしゃ馬さんとビッグマウス(2013年製作の映画)

2.5

「夢を諦めるのってこんなに難しいの?」

コメディーの棚にあったのにな。
めっちゃヒリヒリする話だった。

夢を追って足掻いて夢見て傷つけて出来なくてやれなくて変われなくて、そんな自分がすごくきらい。
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.0

旅に出たくなる映画!で有名。
旅好き目線で再鑑賞したけど、
普通、仕事でミスしたからってヒマラヤまで行かないよ。って冷静に思っちゃった。

旅好きなわたしだけど、彼の冒険はさほどわくわくしなかった。
>>続きを読む

まほろ駅前番外地(2013年製作の映画)

3.8

まほろシリーズ大好きなはずなのに、、ぜんっぜん覚えてなかった!悲

でも面白い!
最初っから見直したい!

いけちゃんとぼく(2009年製作の映画)

3.4

「世界には早く大人にならなきゃいけない子どもがいるんだよ」

不思議な生物いけちゃんと、ヨシオのおはなし。最初いけちゃんが出てきたとき、まじか。って思った(笑)

でもどんどん馴染んでいって、結局さい
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.9

観てる間中、ずーーーっとヨーロッパに行きたかった!

それくらい絵づかいが可愛い。

ラブストーリーともコメディともサスペンスともちょっとちがう。なんだろう。

おとぎ話のような、思い出ばなし。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.5

映像と音楽がよかった◎


展開が早くてついていけなかった。
いつ好きになったの。
いつこんなに好きになってたの。

こんなに映像が綺麗なのに、良いシーンもあるのに、それに心が動かされるには、あまりに
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.5

池松くんがいけめん。
もはやそれだけ。

前作がよかっただけに、続編としてはつっこみたいところがたくさん。

L change the WorLd(2008年製作の映画)

3.0

Lが死ぬまでのスピンオフ。

にしてはスケールでかいし、ウィルス感染ぐろいし、きつかったー。監督がもう、ホラーな人じゃん。

ドラマでは完全に窪田くんの演技でキラ派だったけど、松山ケンイチのL、もう
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

3.6

めっちゃ上手くまとまってると思う。
これだけ上手くまとめられちゃうと、light upの方はこれを越えてこないんだろうなぁと思う。

人は間違える。後戻り出来ない程に。
それをこんなにリアルにストーリ
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

3.6

池松くんの出てるlight upが観たくて、ようやく重い腰をあげて1から観ることに。
デスノートはドラマではまって、原作作者知って、あーなるほどそりゃ面白い!って納得して、ずっと映画観たかったけど
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

うん、壮大なファンタジー!!!
2回目観ても評価は変わらなかった。


よかったのは、日本が舞台で
その描かれた日本がリアルで綺麗だったところ。
あとは、スパークルがめっちゃいい。

残念なのは、奥深
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

2.0

フェリーにて。

虫嫌いなわたしには
チキチキしたやつがいっぱい出てきて
ちょっといやでした。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.3

痛い痛い、ものすごく痛い。
原作を初めて読んだときと同じ気持ちになりました。

わたしにも川本家みたいな場所があったらいいのに。
いや、あかりさんみたいになりたい。

ただ、しいていえば、個人的には
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.9

機内にて。
日本語吹替日本語字幕がないのつらい(´・ω・`)せめて英語字幕ほしい。

オープニングがめっちゃ感動で
わぁ~ってなったけど
それを超えるシーンが後からなかったのが残念(´・ω・`)

>>続きを読む

>|