Maikyoさんの映画レビュー・感想・評価

Maikyo

Maikyo

基本邦画。物書き。

映画(264)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

グリンチ(2018年製作の映画)

4.5

試写会にて。

可愛い。とにかくかわいい。
まるでディズニーにいるような、キラキラとしたファンタジーの世界観にひとつひとつのキャラクターもかわいくて。動きやセリフがなんとも海外で、それもまたとっても面
>>続きを読む

走れ! T校バスケット部(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

まっさらな映画だなぁ、と思った。純粋で、綺麗で、青春やスポーツものとは少し違うように見えた。
突っ込むところはたくさんあるけど目を潰れるかな。

純粋で綺麗な志尊くんが、強くなることを目
>>続きを読む

ういらぶ。(2018年製作の映画)

2.5

劇場にて。

映画(撮影)慣れしているひとしてないひとのオーラが顕著。
この中でも健太郎くんはこなしてきた数が違うので、雰囲気や角度とかいろいろ計算しているなぁと思うのだけど、そのほかはもうなんか・・
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

2.5

劇場にて。

陰気、辛気臭い、居心地悪い。どろどろとした疲れが伝染してくる。邦画っぽいといえばそうともとれるけど、それにしても。
趣里ちゃんの顔も演技もあまり好みではないのかもしれない。
趣里ちゃんじ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。

スマホを落とすとここまで広がる可能性、ほんとにあるなぁ。何を頼り、誰を信じればいいのかわからなくなる。
SNSって・・・使おうと思えばめちゃくちゃに利用できるものなんだ。
自分もきっとこ
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

2.5

試写会にて。

たおちゃんはほんとたおちゃん。いつもの煮え切らない感じがイライラする。し、そもそもの脚本がつまらないんだろうな。
そんなにキャラ立ちしていないのをみんなよくあそこまで演じたなーという感
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

劇場にて。

樹木さんの演技ではあんが一番好きだったけど、この作品が1位に!
またお茶をやりたくなりました。
これ、お茶に興味がない人、全く知らない人にはどう映るんだろう。
中学生の頃、初めて茶道の授
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

ストーリーとしては・・・予告のように、別に持ち逃げされたことが1番の要ではなかったのかよー。
ただ、道案内の男に脅されながらもビタ1文払わなかったけど、親友を救うためにぼったくりかもしれ
>>続きを読む

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

THE3名様を思い出したなー。
3名様ずーっと好きだったんだけど、今回、??って思って調べてみて初めて福田監督だったことを知り、つながったー。

ほんと深夜のノリ、それ知らないで行くと期
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

ハワイの風が心地いい。言葉少ない雰囲気ありきの分、後半間延びに感じちゃった。

吉田羊さんが実に淡々と心の整理をつけていく映画。とっても良かったなー。
そしてやっぱり虹郎くんはバツグンだ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.0

試写会にて。

泣く映画というより、考える系。答えがあるわけでもないし、制作側が描きたかったものはなにかを見つけるものでもない。ここに出てくる人たち、誰も何も間違っていないし、なにを正とするかは人それ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

DVD。
劇場で見たかったけど、重たいというレビューが多くて、当時何も考えなくてよいポップコーン映画を欲していたので見られずに終わってしまった。
じっとりと薄暗い映像が不穏な空気を掻き立て、瑛太のちょ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

地上波にて。

役所さんがすごい、本当にすごい。紳士ながらも中身のない感じ、意図的になくしているような。
主演以外がすべて受賞したの、意味がわかった。主演は福山さんで間違いないんだけど、結局ストーリー
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

不思議な映画だったなー。可もなく、不可もなく。
少し早く大人になる女の子と、いつまでたってもくだらないことが大好きな男の子。どちらが良いということもないけれど、すべてはタイミングと素直さ
>>続きを読む

あのコの、トリコ。(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

なぁんも考えないで、ポップコーン片手に楽しめた。
ありえないところはたくさんあるし、変に胸キュン狙ってて笑っちゃうところはないけれど、新木優子ちゃんは模範的に可愛いし、それに負けない吉沢
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。1回目は普通に、副音声が始まったのでそれを2回目に。

コメディ部分としっかり部分がかっちり分かれていてとても見やすい!ストーリーも1作目よりはわかりやすい。(これは原作の問題?原作未読)
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。

平手ちゃんの持つ近寄りがたいミステリアスな雰囲気が生かされていて、違和感なく見られた。あの雰囲気を演技で出せって言われてもきっと難しいんだろうな・・・
まるで息をするようにするすると文章
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。
可もなく不可もなくってかんじかなぁ。
2人の演技は今までにはあまり見たことのない感じですごいけど、もうやばい!とまではならず。キャラの切り替えの感じはすごいとは思うけど。
横山くんの監督感
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.5

試写会にて。

ドラマのような柔らかい雰囲気と、映画特有の少し彩度の落ちた映像がとてもよかった。詳しいキャストを見ずに行ったので、冒頭次々にうつる役者さんの豪華なこと。

途中ちょっと間延びしたし、ラ
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

2.5

原作未読、劇場にて。

たけりょんのプロモーション映画かな?
浜辺美波ちゃんの演技はどうしても好きになれないし、単純に漫画をそのまま実写化したらこうなりました、という感じ。

たけりょんも帝一とかほこ
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.5

DVD。
なんでこれ公開してるの知らなかったんだろうー、、劇場で観たかった。

ストーリーは時空を行き来しすぎて、現実と妄想もごちゃごちゃで理解しがたい。けど、そんなのどーでもいいくらいに映像と音が最
>>続きを読む

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

2.5

試写会にて。

アニメのシーンで間延びするな〜。俳優部はみんな上手。佐野くんも、もちろん清水くんも。中条ちゃんはまぁあのビジュアルが必要だったのよね、、とゆういつもの感じ。

最近の泣ける!てコピーの
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.0

劇場にて。

思ったよりもやわらかでゆったりとした映画だった。
こんな世界があったらいいな、と思う。

エライザちゃんの赤いシャツワンピースがいつもかわいかった。
オダギリジョーはこういうの本当に上手
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。

こんな青春の描き方もあるんだと思った。特に大きな出来事が起こるわけではなく、本当に日常の小さなきっかけで、ほんの昨日まで狭かった世界がぐんぐんと広がっていく。努力をしたからこう、とか怠惰
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。

熱量がすごい・・・主役3人のパワーが、本当に。
池松くんはもう何も言えないし、大倉さんの間と声色、満島くんのわざとらしく見えない底抜け突き抜けな演技、やばい。
高杉くんと池松くんのシーン
>>続きを読む

虹色デイズ(2018年製作の映画)

3.5

劇場にて。

イケメン揃えのJK映画かなと思ったら、意外に良かった!
W主演というよりは、吉川愛ちゃん主演+メンズ4人は並列で、それが逆に良かったのかも。れおくんばっかフォーカスされてたらこけてたなっ
>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

1.5

期待はずれ。
なぜ舞台上なのかわからないし、吉沢くんの衣装の似合わなさ。
沢尻ちゃんがずーっと同じ服なのは何か意味があるの?

時系列もわからなければ、シーンの意味がわからないところも多々。
主人公に
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.0

何を観てるんだかさっぱりわからなかった。。
台詞も意味不明(理解に時間がかかる)だし、登場人物も多いこと。かつ名前が難しいから誰が誰だか覚えてられないまま話は進む。
つまらなすぎて久々に映画館で寝ちゃ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

原作未読。
おそらく長編であったであろうが、うまくまとまってたなぁと思う。きっともう少し細かく描きたかったところも多々あっただろうけど、物足りなくならず、十分に楽しめた。

大企業ばかりが悪く表現され
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

良すぎて映画館で2回見た。

ちはやふる、かるた競技って、その頃流行りだった部活もののひとつか、としか思っていなかったんだけど、この結びを観るために上の句下の句を観たらドはまりした。
かるたって、自分
>>続きを読む

わたしに××しなさい!(2018年製作の映画)

3.5

完成披露にて。原作未読。

スピンオフドラマのほうが面白かった感、、!××しなさい!がもう少しあるのかと思ったけどそこまででもなく。タイトルになるくらいならもう少し推しても。。1シーンが短くバタバタと
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.0

招待にて。

は~山田洋次作品!って感じ。
回りくどいセリフに長すぎる間、はまる人にははまるけれどつまらないと一気に眠くなる。舞台「マリウス」は完全に寝たんだけど、今回はまぁ寝なかったかな・・・くらい
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.5

オリジナル未観。

福田組こんな王道できるの!!
笑って泣いてって言葉はあまりにシンプルで陳腐だから嫌いだけど、それが真正面から出来たのならばそれは本当に素敵なものになるんだな、と思った。

壁ドン顎
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

落ち着いたスポットだったので、彩度薄めの切ない恋愛映画かな?と思ったら。年の差を、好きな気持ちを、あきらめを、青春を、歳を重ねるということを、しっかり優しく描いた作品だった。
ストーリーを恋愛だけにフ
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて。

映画を観たなぁ~!!!!という感じ。気分爽快。
さすが羽住監督×佐藤直紀さん、人をドキドキさせる撮り方と音楽が本当に上手で、ラリーにはまったく詳しくないし、きっと本当にラリーをやってい
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて、原作未読。

史上最高にかわいい菅田将暉、の意味がわかった気がした。現実味のない演出や衣装がそこまで違和感なく楽しめたのは、間違いなく彼の演技力があってこそだと思う。
原作の雫のセリフ「こ
>>続きを読む

>|