まいまいさんの映画レビュー・感想・評価

まいまい

まいまい

映画(49)
ドラマ(0)

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

2.5

逃げた場所が地雷があふれ、52時間後の救出までのストーリー。少ない出演者で上映時間も少し長く感じた。アーミー・ハマーが好きな人にはたまならない作品。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.0

全く違う価値観と向き合う姿にも関わらず、真剣に調律に愛情をそそぐ姿に気持ちがあたたかくなった。心象風景の描写が美しく、美しい森に癒されました。

セラヴィ!(2017年製作の映画)

4.2

登場人物が個性的ではちゃめちゃな部分もあるけど、憎めない。こんなに濃いキャラクターで統制がとれないようだけど。。。笑えてユーモア満載な作品に笑わせてもらいました。愛が溢れていて、感動する場面も!音楽も>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.2

メイズランナーからは大人になったデュラン・オブライエン。ストーリー展開はわかりやすく、アクション、スピード感もあるので最後まで一気に楽しめた。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

アリゾナ州で実際におきた大規模な山火事、深刻な問題で実話ベースのこともあり最後は胸が熱くなった。困難な炎に立ち向かう彼らの姿に泣けた。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

可愛い癒されキャラのピーターラビットと思っていたら、大間違い!バイオレンスで、ここまでやるか!というほどのバトルを繰り広げる。でもなぜか憎めなくて、そしてやはり可愛い!おとぎ話という括りではなく、大人>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.8

エヴァ・グリーンの妖艶さに翻弄され、巧みな心理戦にゾクゾクさせられた。不穏で不気味な感覚に酔いしれた。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

台詞をひとつひとつつなげてこそ、生きてきたなかで抱えてきたものの重さが胸に突き刺さった。切なさもありつつ、暖かみのある家庭。頭ごなしに否定できず、各々の生き様を肯定してあげたくなる不思議な感覚。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

様々なキャラクターが登場するので、過去作品をみているものにとっては楽しめる作品。その分時間も長いが、続編を早くみたい。

終わった人(2018年製作の映画)

3.0

男性はいつまでも夢みがち、女性はいつも現実的なもの。クスッとわらえて、人情味あふれ、ほっこりさせられる作品。定年後の方がみると、違う感覚なのかもしれません。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

オギーだけではなく、周りのキャストの視点から描かれる場面も良かった。おきまりパターンかと思って鑑賞したが、予想以上に心に響く作品で、親子でも見てほしい。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

高校生の時は毎日平凡な生活だと思っていた日々。たわいのないことで悩んだり、楽しかったり、今となればそれもいい思い出になったと思わせてくれた。母親とのことで悩む女子高生は、共感できるかも。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

事故物件を浄化する幽霊が見える内気な女子、クスッと笑えて、最後は気持ちが前向きになれる。幽霊に奔放される御子ちゃん役に、池田エライザさんがはまり役。絆も感じられて、ほっこりあたたかくなる作品でした。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.0

メカニックな部分とドライバーの熱いパッションの内容。車に興味がなくとも楽しめた。乗用車のドアを移植して復活するシーンはリアル。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

さらにパワーアップしてかえってきた!!前作もそうですが、X-MENもみているとさらに楽しめる。やりすぎ感満載でブラックジョークも溢れている。

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

ジェホと、ヒョンスの2人が惹かれあう姿、絆に魅了され、最後までいい意味で飲み込まれてしまった。緊張感だけでなく、笑わせてくれる箇所もあり。久しぶりに手に汗にぎりながらの鑑賞。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

IMAXで鑑賞。とにかく今までに観たことがない感覚の作品。ワクワク、ドキドキさせられて、懐かしい音楽も映画にマッチしている。小ネタもありで、これを知っていると、さらに楽しめる。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

ペンタゴン・ペーパーズは報道の自由について日本はどうなのかと考えさせられた映画だったな。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

テロにより突然家族を失った絶望感、ダイアンの演技が熱演で、手に取るほど感情の辛さが伝わってきた。誰に向けてよいのかわからない怒りを持ちながら映画を観ていた。3部作ということでしたが、あっという間に終わ>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.9

皮肉いっぱいのゆったりとした展開で進むストーリー、にも関わらず観終わったあとは満足した

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

TVゲームをしているかのようなアクションムービー。いろんな突っ込みどころはありつつ、アリシア・ヴィキャンデルの美しさにみ惚れた。身体能力の凄さにも魅了。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

『ブラックパンサー』古代文明と近未来が融合している都市の描写が綺麗!マーベルならではの戦闘シーンも心躍る。国王だけではなく女性の躍動もみどころ!ケンドリックラマ―が提供している曲も好み。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.4

女性監督らしい綺麗な映像でまとまっていた。ドロドロした部分もあまりなく、淡々としながらも宿舎の秩序が崩れていくさまには引き込まれた。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

不思議な生き物との恋の物語と思って鑑賞したせいか、イライザが何故不思議な生き物にあれほど恋に落ちるのかが自分にはしっくりこなかった。イライザが助けたからこそ寄り添ってもらえたのかもしれないが、これが恋>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.7

誰しもが迎える旅立ち、有意義な人生と思えるような生き方をしたい、と思わせてくれる映画でした。パワフルで行動的なハリエット、彼女の言葉に刺激を受けました。リスクを恐れずに一歩踏み出す勇気、迷ったときに再>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.1

友情に恋心に爽やかな気持ちになれる映画でした。駆け引きなど関係なく、まっすぐな気持ちで向き合うことの素晴らしさ。その時をひたむきに生きる姿がまぶしすぎるほどでした。奏でるリズムにさらにひかれ、暖かい映>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.0

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』長回しのカメラ撮影が独特な世界をかもしだしていた。バッドマンのイメージがあるせいなのか、これもやはり新たなスターと思えた。ブロードウェイの表裏が描>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

2.3

『ブルックリンの恋人たち』美しいアンハサウェイにうっとりし、ゆったりした時間のながれのなかに身を委ねた作品

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.4

『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』天才と呼ばれるひとの孤独な様子が描かれた作品は多いが、この映画でのカンバーバッチの感情の動きは切なく泣けた。

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

3.2

『パレードへようこそ』時代背景の急激な流れと、小市民の活動が徐々に大きくなり、閉塞された世界が徐々に受け入れられていくパワーが高揚感となった。

ディオールと私(2014年製作の映画)

4.0

ラフ.・シモンズだけではなく、裏で支えるベテランのお針子さんたちの職人技もみどころ。それぞれが意思をもち、市電ディティーを大切に仕事をしている姿にも惚れた。花にかこまれたショーの空間は華麗すぎて うっ>>続きを読む

ラブストーリーズ エリナーの愛情(2014年製作の映画)

3.3

コナーの涙と両方鑑賞することによって、同じシーンを別な方向から撮影していたり、衣裳も微妙な違いがあったりと興味深い発見ができた。NYイーストビレッジが舞台であることも好みであるが、ファッションにも惹か>>続きを読む

ラブストーリーズ コナーの涙(2013年製作の映画)

3.8

コナーの行動がエリナーへの愛情からくるものであるのはわかるが、男女でも捉え方の違いが如実にあらわれていたのは面白かった。結果を求めたがる男性と現状のままそっとしていてほしい女性。

悼む人(2015年製作の映画)

2.2

内容に感情移入することは出来ずに内容が重苦しい。小説の世界をこの映画の時間に収めるのは難しいのか。

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.0

自給自足でシンプルな生活。無駄を排除した生活こそ、人間の本来あるべき姿なのかもしれない。淡々としたなかにも、鑑賞後はじんわりと身に沁みる。

繕い裁つ人(2015年製作の映画)

3.0

ミシンを踏む姿、裁断する姿、仕立てに身を捧げている市江の姿勢が凛としていて素敵でした。
鑑賞後はお団子とケーキが食べたくなりました。

>|