makipianoさんの映画レビュー・感想・評価

makipiano

makipiano

映画(60)
ドラマ(13)

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.8

バリー・シールの波乱の人生。
妥協のない、あくなき追求のもと作られるトム・クルーズの映画は、常にブレることのないエンターテイメント。
絵画のような色使いが素敵だった。

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

4.3

将棋の事は、よく分かりませんが

常に最前の手を考え

一瞬一瞬の勝負

音楽は勝負ではないですが

一瞬一瞬に最善を尽くすところは

似ているのかもしれません

ただ将棋の駒を打つ音だけが響き

>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

「障害は君の心の中にある」響きました。身長差は違う事柄にも置きかえることも出来る😌
考えさせられました。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

良かった〜もう一回観た〜い、DVD買う〜という声を聞きつけやってきました。

見終わった後ホッコリとした気持ちになって

映画のコギャルの世代とは離れているし

共学だったのでまた雰囲気も違ったのだけ
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.5

誰よりも愛しているのに、
俯瞰的に物事が見えすぎて、
そのような愛の形になってしまうのは、余りにも切なくないだろうか。
MA-1が好きな理由はこの映画。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

こうして君と居られてよかった。
君がくれる日常が、あたしにとっての宝物なんだ。

好きという言葉を使わないで
どれくらい君のことを好きか伝える。

その思いが相手に伝わったときの、突き刺さり方は、半端
>>続きを読む

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

4.0

80歳を超えてもなお精力的に演奏活動されているフジコさん。
いまも恋をしていると言った彼女は素敵な可憐なlady。
いくつになっても恋していたいなあ、私も(笑)
全身全霊で、ギリギリのところで演奏する
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.3

美しい景色🌴✨
衣装が可愛い、大好き💕
音楽も素敵🎵
母ドナの教え「生き方は自分で選べ。
自分が幸せになる道を」
理屈じゃなくて
胸いっぱいになって
涙と鼻水でいっぱいになった😭😭😭

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.6

レミゼラブルを観た時にも感じた、色んな愛の形。
そんな色んな愛の形を感じさせる映画でした。
お洒落で、格好良くて、美しい。
もちろんアクション映画なので、それだけでは済まされないのですが。
Rogue
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.3

ただ今上映中のFall Outを観る前に、予習復習を兼ねて、記憶の薄かった2からRogue Nationまで一気見。このRogue Nationが、お洒落で一番好き。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.9

めちゃくちゃ面白い🤣🤣🤣
もう一回観たい!!!いや、観なければ〜〜!!!
あんなに映画を見て笑ったのもホントに久し振り〜

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.5

セリフを覚えるくらい観ていても、何度も何度も観たい。
頑張ったジュリア・ロバーツに拍手✨
そして、ショッピングのシーンが、猿の惑星のショッピングのシーンに似ているような気がするのは気のせいか...😅

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.8

これまでに観た映画の中で、ベスト3に入る映画。
限りある命、人生をどう生きるのか、どう生きたいのか、あらためて自分自身にも問いかけられた。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

エマ・ストーンがどのようにキング夫人を演じたのかを観たかった。彼女が演じていることをいつの間にか忘れていたし、その中で生きていた。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

友達って一緒に居たいから一緒にいるんだよね。
幼い頃の気持ちが蘇ってきました。人間力、太陽のような吸引力🌞

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

人類、環境、愛、生きがい、マイノリティについての問題提起。
人間のサイズを変えても、結局のところ問題や悩みの解決にはならない。
「どう生きるのか」が幸せへの鍵となっていく

>|