kieeさんの映画レビュー・感想・評価

kiee

kiee

映画愛
思うがままに記録

怒り(2016年製作の映画)

4.1

吉田修一さんやっぱり好きだ。

重たい 映画。

妻夫木さんは どうもこうも凄すぎる。

初恋(2006年製作の映画)

3.9

なかなか好きでした。
宮崎兄妹の共演がなんだかよかったです

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

システィナ礼拝堂の匂いを嗅いだことがあるか?

スカイラーのこの問いかけに心を打たれた。

終わりの20分でウィルが
感情をついに曝け出す場面がとてもよかった。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.8

出演者はすきな人が多く気に入った

夢見心地な主人公にとても共感した
過去は美しい

ダリが本人かと思った

いつだって
それぞれが
いまじゃないいつか
ここじゃないどこか に憧れている

何者(2016年製作の映画)

4.1

こんなことを言う自分も痛々しいが、
とても共感してしまった。

拓人に

他人には言わない言えない
自己や承認欲求が
とてもあることに改めて気づかされた。

どこかで自分は人とちがう
と思いたい自分が
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.2

ライアン・ゴズリング
キャリーマリガンが
言うまでもなくとても素敵。

静が 多い映像で
自分もつい息を止めて耳を塞いでしまった


バイオレンスシーンがこわく、グロテスクではあった。

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

4.2

"初恋は、甘くて苦いものよ"

俳優さんたちの演技が
上手いこと。

心が傷ついた?
いい薬だったわね

マリリンみたいな
人を惹きつけるひとになりたい
が、そんなひとにも
孤独や葛藤がある

オープ
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.2

衝撃的かつ芸術的

ご飯を食べながら観るものではない。

Charaのマイウェイが素敵でした
改めて好きなアーティストさん

ラストは切ない。

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.9

内容よりか
個人的には
美少女美女映画だった

日本では考えられないルールが
ある国もあるんだなぁ

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.2

ジブリの壮大な世界観。
美しいのですが入りきれず、、、

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.5

メリル・ストリープの演技が上手い。
これに尽きる映画でした

首相になるってすごい

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.4

菅田将暉と小松菜奈
ふたりの美をみる映画。

コウちゃんには、
きゅんとしてしまう

菅田将暉たまらん、、、

内容は漫画で見ていたから
とくに、、

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

切ない。
あったかい。
あっつい。

胸をぎゅっと掴まれすぎて
穴が空いたんじゃないかって思うくらい。

幸の湯。
素敵な名前

これでもかってくらい泣いた作品

宮沢りえの女優魂がすごい
病室での死
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.2

映画館では観ませんでした。

1度観たら、もう一度はみたい映画。
映像がとても綺麗でそれだけで見入る。

10代の甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれる映画だと思う。

運命を信じる純粋な心に
ぐっと惹
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.5

セッション。

底知れぬ狂気を感じた。
と同時に物事を極めるということは
この狂気が必要であることに気づいた。

思わず息を飲む。
神経の底から集中させられた。

エンディングがたまらない。
ニコルと
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.7

音楽はやっぱりすばらしい
とまぁ普遍的なことしか言えない自分が悔しいですね。

音で繋がる人人
音楽をやろうと思う映画だった。

キャロル(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

音、家具、色等美しいものばかり。
ふたりが違った美しさを持っていて
どんどん惹かれていった。

途中、銃が出て来たときは
どうなってしまうんだと思ったが
そこではなかったようだ、、。(笑)

とても好
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

自分も夢を追いかけたくなる。

うずうずしてないで、やってみればいい。
そんな気分にさせてくれた映画。

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

4.1

美しい。最後がとくに。
なぜだか涙が溢れた映画だった。

自分の親を想うと、溢れた。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.4

これはいけない。
化粧をしてから観るものでは無かった。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.9

ホリーはなかなかなスピリットの持ち主。
オードリーが美しい。

>|