makoさんの映画レビュー・感想・評価

mako

mako

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

4.0

最高にハッピーな映画。こんな風に楽観的に生きていけたら人生幸せだろうなあ。
何気に豪華なキャストも見所。

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.4

ザ・フレンチムービー。緩くて、美しくて、癒される。観てるとお腹空いちゃう。フランス旅行したいな〜

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.1

壮大なストーリーの割にラストがチープな感じであっさり終わっちゃった印象。
そもそも頭のいい人たちが集まったらこんな流れにはならないのでは…
一種の洗脳みたいなものなのか。

現代のSNS社会の風潮を危
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

実写ならではの面白さ!勘九郎さんこの為に身体仕上げたな。(笑)

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.0

過去に観賞したのだけどストーリーの記憶ないので観直そう。

ブロードウェイと銃弾(1994年製作の映画)

3.3

劇中劇×ブロードウェイっていう個人的に大好き要素の組み合わせだし、終始アーティスティックなんだけどリアリズム的でもあるストーリーで新鮮だった。
ミュージカル版も観てみたい!

セレブ・ウォーズ〜ニューヨークの恋に勝つルール〜(2008年製作の映画)

2.9

くだらないけど、何も考えずに観るにはちょうどよい映画。
キルスティンとミーガンの対照的美女2人が良い味出してた。

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2013年製作の映画)

2.9

ニコール・キッドマンにしか見えないし、ストーリー描写もフィクションとは言えあまりにも嘘っぽすぎて全てが微妙だったw高貴なグレースの華麗な姿を描いてほしかったなー

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

見応えのある作品だった!彗星落下による村消滅の話は怖すぎて若干トラウマになりそうです。

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.8

オードリーが可愛くてたまらない。ローマ行きたい。

レベッカ(1940年製作の映画)

3.3

NYのSleep No More観劇にあたって予習として観賞。有名どころではないのかもしれないけど、ヒッチコックらしさあふれる作品だった。ダンヴァースの顔芸はもはやサンセット大通りのノーマ並みであるw>>続きを読む

シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉(2015年製作の映画)

3.5

染さんに兄弟なんて贅沢すぎい!3人の殺陣は圧巻だった。お兄ちゃんの田村麻呂はひたすらまっすぐでいい男だし、お七は相変わらず妖艶だし、染さんのカラコンはたまらない。。個人的に蛮甲のキャラ嫌いじゃないよ。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.6

マリリンに翻弄される若者役だった彼が、マリウスで歌えることも判明してALS患者になれるわ老人もできるわ、遂には性別の壁も越えちゃったし、今度は魔法使いだし、そもそもエリート一家で自分もイートンからのケ>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.5

大人のストーリーって感じ。何もかもが綺麗に収まらないところが逆に良かった。

あなたになら言える秘密のこと(2005年製作の映画)

3.4

じわじわ息苦しくなってくる映画だった。でも画がどことなく綺麗だったのが印象的。

キャロル(2015年製作の映画)

3.6

ケイトの美しく落ち着いた佇まいとルーニーの可愛さがストーリーに華を添えて、全体的に綺麗な映画に収まっていた感じ。同じテーマを扱っているアデル~とはまた雰囲気が全然違っていて良いね。50年代のニューヨー>>続きを読む

シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばり(2016年製作の映画)

3.4

故坂東三津五郎さんの代表2作。棒縛りは見どころも事前に分かっていたし、勘三郎さんとの掛け合いもテンポ良くて楽しく観られた。喜撰はちょっと退屈な感じで眠かったかも…舞踊だしね。

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.7

飛行機にて。重めの内容にも関わらず軽快でスピード感のあるストーリー展開は見事だなあと感じた。美男美女のキャスト、特にギャビーがドレスアップするシーンがお気に入り。さらっと観られるスパイ映画、今度は字幕>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

2.8

にの目当てで観たけど超絶微妙だった…こんな無駄なCG要らない。昔の出来事を扱った邦画にファンタジー要素はマッチしないのだなと感じた。

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.8

2016年一発目の映画。ヘレン・ミレンの演じる頑固な淑女はとても良いキャラクターだった。現在と過去を行き来することでストーリーに緩急がついていて良かった。マリアと夫が追手から逃れて脱国するシーンはドキ>>続きを読む

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004年製作の映画)

3.5

リチャードが醸し出すおじさんの色気感が良い。ジェニロペも綺麗でした。日本版のリメイクとは知らず…そっちも観てみたいな。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

ストーリーに捻りがない分、さらっと観られて良い。ブレイクの美しさを楽しむ映画。

ラヴレース(2013年製作の映画)

3.0

アマンダの弾ける笑顔が後半からは一変して、その落差が印象的。最後にはずーんとなってしまう。リンダが実在の人物だってラストで知ったから、余計重みが増した感じ。

>|