MakotoUkaiさんの映画レビュー・感想・評価

MakotoUkai

MakotoUkai

ヴィム・ヴェンダースのベルリン天使の詩で目覚めたのち、周辺をウロウロしていました!ロードムービー、バンザイ(^o^)

映画(135)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

リアルタイムで触れたQueenは、ほんとに僅かでも大好きな曲がたっぷりの彼らの、そしてフレディーの映画というだけでかなり入り込んでしまった。
声をあげたくなる瞬間が何度もあって、やはりできれば応援上映
>>続きを読む

旅するダンボール(2018年製作の映画)

4.4

まっすぐな人が素直に偏愛を貫くと、こんな風に物語が生まれるんだなぁ。

今、SDGsに関係する仕事をしているんだけれど、自分の柔らかいところに自然と浸透するような、そんなGood willのススメにな
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

温泉宿の若おかみが小学生という時点で、いろんな先入観が湧いてくるけれど、そんな不純な想像を綺麗に流し去ってくれる映画でした。
今をしっかりと生きなければと思います。
泣けます。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.3

人物関係図が最初にあって、後からそれを証明していく順番でフィクションとして作られた物語という感じがして。
「負のスパイラルから抜け出せるポイントあるんじゃない?」と懐疑的に観てしまった。
でも、それぞ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

ついに観た。なんだろう。モヤモヤ。
いい映画なんだけど。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

親の知らないところで、妄想や現実の狭間で子供は成長していくんだろうな。
イマイチ、共感できなかったのはパパ目線がステレオタイプのおどおど感だったからかな。。。

山下達郎の歌は素晴らしかったw

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

前半のなんとも言えない期待はずれ感と見せかけての伏線オンパレード。
後半のリズム感が最高に楽しい!
作ることの理想と現実、忘れてはいけない魂の部分を思い起こさせてくれる。俺たち、あの頃みたいにやってや
>>続きを読む

father〜神父ゴッちゃん最後の旅〜(2016年製作の映画)

4.0

数日前の朝日新聞のひと欄でなんか惹きつけられて、久々に吉祥寺まで。やっぱりミニシアター文化といえば私の記憶の中では、吉祥寺だなぁ。

自らの過酷な生と死に関わる境遇と、偶然とで流れ流れてカンボジア
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

ひさびさにピクサーにどっぷり。
娘を持つ父親は、油断しなくても涙腺緩みます。
吹き替えの歌もストーリーの中に収まると、いい具合でした!雪の六本木、4DMXにて鑑賞(笑)
アナ雪の新作もたっぷりめで満足
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

押さえつけても何にも解決しないんだという視点から人に接すること、これを自然にできたらそりゃ理想だなぁ。
アン・ハサウェイみたいな人が近くにいたら勘違いしそうだけど、そういうのも含めていいかな。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

5.0

冷めた現実と内に秘めた悶々と、自分が2つに分かれそうになっていた頃、パチンってはまった映画だったなぁ。
疾走、泥濘、天国、地獄。本当の意味での純粋さは汚泥の中の清らかな露だってイキっていたあの頃。帰り
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.5

演奏のスキルの壁を越えるにはやっぱりこんな風に追い詰める必要があるんだろうか。
不器用な情熱のぶつかり合いから垣間見える狂気、その先の恍惚感が感じられる作品ですね。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.2

ティム・バートンの物語ってなんか惹きつけられるなぁ。
ミス・ペレグリンのなんともいえない困った感じの表情と、悪魔的な敵の強さと、純粋でいて少し大人ぽくならざるを得ないこどもたちの事情が織りなす物語にす
>>続きを読む

>|