もとみさんの映画レビュー・感想・評価

もとみ

もとみ

映画(200)
ドラマ(0)

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

ケンコバがラジオでオススメしていたので視聴。

看板をきっかけにして変わっていく人たちの話。ネタバレせずに感想を書くのが難しいタイプの映画で、終わり方は好きではない。ただ予想もつかない展開の連続でおも
>>続きを読む

ファインド・ミー(2016年製作の映画)

2.0

wowowの紹介文のみの判断で見て後悔した映画。パッケージを先に見てたら誤った判断を下さずに済んだのに。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

災害に力入れすぎてストーリーはあってないようなもの。細かいことを気にしてたら見てられないひたすら勢い重視で最後まで退屈しない映画。

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

クレイグ・ボンドの総仕上げ。今までの話が実は全て繋がっていたっていう後付け設定が短絡的だけど結局一番盛り上がる。

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.0

実話ベースなので部族に追われたり、仲間内での殺し合いがあるわけでもなくシンプルなサバイバル映画。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

2.5

見るときのテンションを合わせないと雰囲気についていけずに気づいたら終わる系映画。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

映像も綺麗、エマ・ワトソンも綺麗。だけど主人公の頭の中がよくわからん。都合よく話を進めるための操り人形感が強い。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

最初の底抜けに明るい感じから一転して後半は超重たい話に変貌する。エンディングもなかなかモヤモヤする心に残る系映画。

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.5

胸糞悪いシーンとスッキリするシーンのバランスが取れてない。淡々と話が進んで盛り上がらずに終わる。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.5

偶然の出会いはよくて一回までやわ。何回もあると創作感が強まって萎える。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

色合いが地味。スーパーマン一人でいいんじゃね?アクアマンいらなくね?

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

怖いより痛そうが勝つ映画。不良少年が覚醒した割に活躍しないのにはがっかり。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

最後にガッツポーズしたくなる映画。能力のある人間が正しく評価されただけなのに感動する。

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.5

事故った普通のおっさんの監獄出世話。10年でまあ立派に育つ。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.5

舞台って概念好きよね。それを映画で表現すると広がりすぎてとっ散らかって終わったように感じた。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.5

ボブがずっと可愛い映画。最後に父親と対面した時のマフラーみたいなボブに目がいって話に集中出来ない。

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

3.5

亡くなった恋人が手紙を残してたっていう映画によくあるパターン。もしかしたらその走りかも。知らないけど。

これ系でいつも思うのは書き手の先読み力鋭すぎ。亡くなる前に開花すんのかな。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

古沢良太が関わってる作品にしては超ストレートな内容。ガッキーじゃなかったら2.5。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

兄貴絶対クスリやってんだろってなる奇行の数々を楽しめるよ。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

2時間の中でよくもまああれだけ死に近いシチュエーションを演出したなって感心する。「ワールド」というよりは「ハウス」感が強い。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

2.0

またひとつなんだこれ映画が増えた。ムーンライト的要素有り。

>|