もとみさんの映画レビュー・感想・評価

もとみ

もとみ

映画(183)
ドラマ(0)

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

最初の底抜けに明るい感じから一転して後半は超重たい話に変貌する。エンディングもなかなかモヤモヤする心に残る系映画。

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.5

胸糞悪いシーンとスッキリするシーンのバランスが取れてない。淡々と話が進んで盛り上がらずに終わる。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.5

偶然の出会いはよくて一回までやわ。何回もあると創作感が強まって萎える。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

色合いが地味。スーパーマン一人でいいんじゃね?アクアマンいらなくね?

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

怖いより痛そうが勝つ映画。不良少年が覚醒した割に活躍しないのにはがっかり。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

最後にガッツポーズしたくなる映画。能力のある人間が正しく評価されただけなのに感動する。

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.5

事故った普通のおっさんの監獄出世話。10年でまあ立派に育つ。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.5

舞台って概念好きよね。それを映画で表現すると広がりすぎてとっ散らかって終わったように感じた。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.5

ボブがずっと可愛い映画。最後に父親と対面した時のマフラーみたいなボブに目がいって話に集中出来ない。

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

3.5

亡くなった恋人が手紙を残してたっていう映画によくあるパターン。もしかしたらその走りかも。知らないけど。

これ系でいつも思うのは書き手の先読み力鋭すぎ。亡くなる前に開花すんのかな。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

古沢良太が関わってる作品にしては超ストレートな内容。ガッキーじゃなかったら2.5。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

兄貴絶対クスリやってんだろってなる奇行の数々を楽しめるよ。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

2時間の中でよくもまああれだけ死に近いシチュエーションを演出したなって感心する。「ワールド」というよりは「ハウス」感が強い。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

2.0

またひとつなんだこれ映画が増えた。ムーンライト的要素有り。

メッセンジャー(2017年製作の映画)

1.5

低予算感溢れる演出と何も解決せずに終わるストーリー。

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.5

思い込みに踊らされる馬鹿な人達の話。こんなにスケールの小さい話を豪華キャストを無駄遣いして作れるのが何より凄い。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.0

びっくりするほど大人向け。中盤のトレーニングでダレる。

カーズ2(2011年製作の映画)

4.0

主人公変わるし、レースほとんど関係ないけど面白い。

カーズ(2006年製作の映画)

3.5

主人公の成長から最後のレースで締める流れが完璧。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.5

何事も几帳面で生き方が不器用なおじいちゃんの話。2時間だれることなく全て必要な要素が詰まっているのに鑑賞後頭が疲れず爽やかな気分になれる素晴らしい映画。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

バックグラウンドもなしに主人公が他の雑魚モブと違って勇敢に戦うのは違和感がある。最後は好き。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

何が真実かわからないまま進んでモヤモヤさせるのに最後結局説明しちゃう映画。

ノー・エスケープ(2016年製作の映画)

2.0

自信を持ってお薦め出来るB級スプラッター映画。強キャラっぽいのがすぐに死んだり、絶対最初に死ぬであろうモブが大活躍したりする意外性だけ面白い。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

なんかよくわからないけど危機感は伝わってきた。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

ナイトクローラーもそうだけどヒールが完全勝利するストーリーはなんとも言えない魅力がある。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

小気味良い音楽とどんどんアップテンポになる展開は面白い。でも終盤一気にB級映画っぽくなる。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

多くは語らない形式は好きだけど泣くシーンまであっさり進めたのはびっくりした。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

パロディ多めで見終わってから元ネタを調べたくなる。何でもありが許されるまれな映画。

>|