まなちゅうさんの映画レビュー・感想・評価

まなちゅう

まなちゅう

いろんなジャンルを漁ります。

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

3.3

どうしても第二次世界大戦の日本を舞台にした映画は息がつまる。ラストの二宮くんと渡辺さんのやり取りがグッとくる。

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

2.6

ドバドバ鮮血が飛び散るオフィス。借りてきたDVDの調子が悪く後半、音が先に来て映像が後から流れるという最悪仕様になってしまった。銃声先に聞こえてるからぁ!ってキレながら視聴してた。やっぱり職場にはチェ>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.0

前半のヒリヒリと感じる不安感、その後一気に話は加速していき、後半は息がつまるシーンが多かった。本当に事故が起こったのはあっという間の出来事だったんだということを見終わって感じさせる。実話ベースの話だか>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.9

入りから鳥肌が止まらなかった。登場人物たちのセリフが全て胸にくる。ミュージカル部分が多めなのにあまりくどさもなく、お話自体もスイスイ入ってきた。間違いなく映画館で観るべき作品。今まで見てきた映画の中で>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.5

ニコラスケイジの渋い警官を見るだけの映画。わたしがニコラスケイジ好きを拗らせてなかったらキレてた

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

3.8

小さい頃に見た記憶があって、ふっと公衆電話とピザというワードを思い出し辿り着いてみることができた。公衆電話という場面が変わらない中で81分間、視聴者に飽きさせず、シナリオをまとめ上げている。このくらい>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.0

登場人物たちの心理描写や、それを取り巻く環境を丁寧に映し出してる。これが実話なんだからすごい。人と人との繋がり以上に強いものはない。手と手を取り合い前に進んでいこう。

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

前々から見たいと思っていた映画。意外にダレることなく最後まで視聴できた。子供というのは心配しなくてもちゃんと歩いていけるんだなーって。

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.0

いったい誰が狂っているのか。色々考察はできるし、映像も丁寧で綺麗だけど、ただただ長い。ダレるというより、本編は前に進まず足踏みしてるところにホラーテイストな何かを仕掛けていく感じ。好きな人は好きなんじ>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.6

日本の日曜日の朝がハリウッドクオリティになってやってきた感。主題歌が流れて出動するところはワクワクせずにはいられなかった。しかしもっと肉弾戦にして欲しかった感。訓練ほぼ関係ない銃撃戦が後半しめてた。最>>続きを読む

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム(2007年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃ頭に歌詞は残ってたけど、題名が思い出せずに四苦八苦してた。歌詞が答えじゃねぇか。またみたい

メッセージ(2016年製作の映画)

3.2

SFは時系列ものが多めなイメージがある。しかしこれは原作を原文で読めたらもっと面白いんじゃないかなって思う。難解だけど、理解できれば納得はできる。この納得は見終わってから色々調べてから知るんじゃなくて>>続きを読む

ハットンガーデン・ジョブ(2017年製作の映画)

2.8

緩急ない映画だなーって思ってみてたら、やっぱり実話がベースじゃねぇか!実話だからこんなこと言うのはダメなんだろうけど、おじいちゃんでやる意味がなかったよね。ただし最後はそういえば…!!って感じでニヤっ>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.9

とても丁寧。実際にあったテロ事件をリアルに表現した映画。吹き替えで見ていたけど、ラストに実際の方々のコメントが寄せられているときはちゃんと肉声になっていたのが良かった。ラストのあの笑顔が忘れられない

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.1

ハチャメチャアクション珍道中バディもの。雄大た自然も楽しめる。エンドロールのNG集を待ってた

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

日本人だから日本人頑張れって終始応援してた。真田さん応援映画。フラグがたつわたつわ、たてたら速攻で回収していってた。ストーリーは王道というより、お決まりパターンな感じ。もう少し対抗手段とか欲しかったか>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

ハラハラドキドキがずっと最後まで続く。キャラクターそれぞれに生き様があってよかった。ゾンビ映画の王道をいっていてスッキリみれる。最近の感染者は元気なのが多いね。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

OPが神すぎる。最初でがっちり観客の心を掴んでる。ベイビーのミステリアスで掴み所がないけど、心の底には優しさを秘めてるのがとても良い。すごく大好きなキャラ。カーアクションは申し分ないけれど、シナリオは>>続きを読む

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

3.5

頭が切れる体が不自由な警官と直感に優れた心が弱かった警官2人のそれぞれの成長っぷりが気持ちいい。いいラスト

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.1

EDの入り最高か。そこだけで500回はみれる。ちゃんとアイアンマンの集大成って感じで終わってたからスッキリ。わたしの胸の破片も無事取り除かれました。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.6

トニーがチビトニーの後ろに立って敵を倒した後の「お見事!」が好きすぎる。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

2.7

ワンシチュエーションの中で静かな緊張感がある戦争ものというよりはサスペンス映画。適度な緊張感はあるけれど…と言った感じ。膝の血が出るところ撃ったっていう割に主人公生き延びてんなぁって思ってしまう。実際>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.1

むかーしにテレビでやっていたのを見てた。久しぶりに鑑賞。色々思うことはあるけれど、主人公の演技が素晴らしい

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.2

ジュリアロバーツの演技が光る。なんとも虚しい気持ちになるが、ラストシーンは中々に衝撃。

招かれざる隣人(2015年製作の映画)

3.0

これは怖い。すごく穏やかですごく幸せそうな顔が余計に怖い。

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

君たちはインド映画に何を求める?ーそう、踊りだ。
カンフーアクションは普通にかっこいいし、カーアクションもかっこよくて悔しい。ヨガ、お前は寝てろ

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

4.5

最高に幸せになれる映画。アニーが一生懸命で決して諦めず、誰にでも隔てなく接する姿はとても愛おしい。登場人物全員が愛に溢れてて、音楽もまた素晴らしい。明日があるから頑張っていこう。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.1

こういう展開だけはやめてくれ……を永遠に見る映画。最初からザワ…ザワ…となり、後半は一気に下り坂。秘密は秘密のままが一番いいのかもしれないけれど、本編を見た視聴者にとってはラストはなんとも言えないブラ>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

2.7

人の名前が覚えられないマン。時系列がバラバラな約2視点からのストーリー展開だから、場面転換するたびにここがこの場面と繋がるんだなと考えながらみないと辛そう。殺人におよぶまでの流れは中々面白かった

メガ・シャークVSクロコザウルス(2010年製作の映画)

1.4

シリーズだということを登場人物の会話で知った。タイトルはメガシャークなのに、登場人物たちはメガロドンと呼ぶ謎。クラスの話題についていけてない奴の気分を味わった。どうでもいいけど、メガシャークとクロコザ>>続きを読む

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.7

思っていたよりも面白かった。少女とおじさんのコンビはやはりいいもの。脚本が細部まで丁寧に作られているんじゃないかなぁと。セリフが好き。のちに同じ人生は歩まず、2人とも別々に生きていく最後の描写がとても>>続きを読む

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

2.9

邦題がクッソダサい。実話に基づいているから、どうしても物語の盛り上がりに欠ける。みてるわたしも頭良くなった気分は味わえるけど、欲していたどんでん返し感は味わえない。オチは読める。主人公の周りの人たちが>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

最初のカーアクションでがっちりハートは掴まれた。シナリオ自体はキングスマンでやりたいことが山ほどあったんだろうなぁ……って感じ。相変わらずエグジーが意外と硬派でカッコいい。アクションはピカイチ。シナリ>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.0

三時間という長さを一気に見ることができず、2日に分けて鑑賞したのがダメだった。見るならしっかり3時間続けてみなきゃダメ。知ってる歌が多くてワクワクした。シナリオの展開も面白い

>|