まなちゅうさんの映画レビュー・感想・評価

まなちゅう

まなちゅう

いろんなジャンルを漁ります。

映画(578)
ドラマ(3)

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

借りてきたDVDの調子が悪く、最後の1番いいところが飛び飛びになってた。キャラクターもよく、名優二人の凸凹コンビが良かっただけに悔しい

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.1

うーん…素晴らしい脚本……。最後の会話全てにこの映画の本当が詰まってる。
役者陣の演技も素晴らしいし、構成も上手い。いっぱい語りたくなる映画。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

ロマンというロマンをとにかくギュッと詰め込んだロボット映画。音楽好きオブ好き。ロケットパーーーンチ!!!!

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.9

キチジローがいいキャラし過ぎてる。これがアメリカの映画なのか……。人間の内面を丁寧に丁寧に描かれている。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

今年見た中ではダントツの面白さ。散りばめられた小ネタを楽しむ余裕がない!ってくらいに本編すごい!字幕を読むのがもったいないくらい画面に集中したくなる映画。シナリオも全て秀逸。オススメの一本

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.0

恋するハルクは強い。アベンジャーズシリーズの時よりはピーキーさがあんまりないハルクっぽかった?ラストのバトルはモンスターVSモンスター感がビシビシ出ててよかった

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.2

大泉洋と有村架純と長澤まさみを見る映画。原作が漫画なだけあって、キャラ付けが良かった。普通の人がヒーローになるとか、そういうの好きです

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

恐怖の煽り方が上手い。伏線の回収も上手いし、題名も回収していくのが気持ちいい。だからあれほど陽気な太っちょキャラの親友を作っておけって言ったろ。

人狼ゲーム マッドランド(2017年製作の映画)

3.0

今回の人狼はいわゆる特殊村。人狼ゲームの構成はうまくまとまっていたけど、流石にここまでくるとマンネリ感はあるよねぇ。非公開村でもいいんだぞって思うけど、それをすると絵的にとか、ストーリー的に持たないの>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.9

サスペンス要素も丁寧な伏線があってよかった。割とアクション多めで、しかもかっこいい!迫力あってよかった。リーアムニーソンおじさんはやっぱりパパ役が似合う

第9地区(2009年製作の映画)

3.8

ヴィカスの心の成長が丁寧に描けている。人間とエビの対比がよく出ていて、どんどん引き込まれていくシナリオ展開。これはアクション映画じゃない。ヒューマンドラマだ

エリジウム(2013年製作の映画)

3.8

SF作品にはよくある難しいシナリオではなく、とても単純明快なもので、のめり込んで見れた。とにかくマックスの生き様がカッコいい……ラストの対クルーガー戦のカメラワークカッコ良かった。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.7

同時上映にしてはちょっと長いかなという印象。アナの服可愛い

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.9

キャストがびっくりするくらい豪華。ジャバールとジャン・バルジャンの生き方の対比がとても胸にくる。9割歌っててびっくりした

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

お話の大筋はわかりやすく、先の展開も読みやすい。その分メッセージ性や伝えたいことはとてもダイレクトに伝わってきてジーンとする。個人的に感動して泣くっていうより心が温まるエンドでした。ミゲル可愛い

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.8

とにかく辛い。息がつまるシーンの連続。強烈な映像と明確なメッセージ。胸に直接響く映画だった。

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.0

まだ叫ばない頃の藤原竜也。キャストが豪華だなぁ。みんな中学生には見えねぇ。当時に色々波紋呼んだ理由はなんとなくわかる

人狼ゲーム ラヴァーズ(2016年製作の映画)

3.1

虎之助が好きすぎる之助。このシリーズの女性陣は丁寧口調かクッソ口悪いかの二分化されちゃう。すごく切ないエンドで切ない(語彙力)投票の際の頭脳戦とか論破とかもっと聞きたいなーって思うけど、実際の人狼でも>>続きを読む

人狼ゲーム プリズン・ブレイク(2016年製作の映画)

3.2

主人公のカップル好きだわ。今までの中で1番人狼らしいし、役職も視聴者側に全くオープンじゃないのがよかった。予想する楽しさとドラマ的展開が好み。

人狼ゲーム クレイジーフォックス(2015年製作の映画)

2.4

今まで見たシリーズの中では1番肩透かし。人狼ゲームに慣れてるやつが多すぎて、このシリーズ特有のリアリティがめちゃくちゃ薄かった気がする。急にチープさが出ちゃって残念

人狼ゲーム ビーストサイド(2014年製作の映画)

3.0

人狼ゲームをゲームとしてじゃなくて、ほんとにリアルにやるとこうなるんじゃないかって感じで描けてて普通に好き。変にゲーム感がないのがまたいい。

人狼ゲーム(2013年製作の映画)

2.8

酷評ばかりだったから、どんなにひどいのかと思ったけど、普通に楽しめた。謎解きを楽しむんじゃなくて、リアリティをヒリヒリ感じて楽しむサスペンス映画って感じ。ただ、リアルな演技なのはいいけど、何いってるか>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

小さい頃にこんな冒険したかった。始まりは一緒だったのに、歩んでいく道は違うっていうのがまたいい。曲が染みる。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

アスガルドの住人みんなどこか抜けててお茶目でめっちゃ好き。ていうか神兄弟なんなん?は?めっちゃ好きなんだが?ロキ様の黒い私服拝めるし、神兄弟イチャイチャしてるし、助けてー!はするし……なんなん?萌え死>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.0

サスペンスとしては割とよく出来てる映画。動機が少し弱いけど、まぁ許容範囲かな。相変わらず顔と名前が一致しない。

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008年製作の映画)

2.1

テーマも伝えたいメッセージも全部中途半端に終わっちゃったなぁ…。シナリオの流れ方が視聴者置いてけぼりで薄いまま進んでいくのがちょっと。主題歌はいい歌だった

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)(2015年製作の映画)

2.3

内容自体はペラ紙一枚でおしまいレベル。ドラえもんの映画には珍しく、メッセージ性が結局なんだったのかわからない。とりあえずヒーローものしたかっただけ感

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

2.8

戸田恵梨香枯渇映画。遠い昔に見たのを再視聴。ゲームも前の方が心理戦って感じで好きだった

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.7

新ドラの映画では1番好き。ドラちゃんの作画が旧ドラチックで、塗りもセル画っぽく、旧ドラ世代を狙ってるでしょこれ!伏線回収がしっかりしていて、シナリオが秀逸。良くも悪くも子供向けアニメとは思えない。作画>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

サイコサスペンスの金字塔。サイコサスペンスは真相解明までの道のりが本当によく出来ていて、最後まで視聴者を釘付けにする。特にキャラクターがいい……うーん、ラスト好き。

>|