ますかわさんの映画レビュー・感想・評価

ますかわ

ますかわ

2016.4.22〜
大学生の好みと偏見。
レビュー短くまとめられない。
ですます揃えられない。自己満足です。

映画(471)
ドラマ(6)

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.3

“幽霊じゃなくて
宇宙飛行士になりたい”


冒頭の実話に基づく物語
ってところから重みを感じ。
まさか、本当にあった
養護施設での虐待事件を
扱った作品だとは。


見るに耐えない、
心が痛
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.8

“恐怖に直面しないと
人間の気高さは現れない”



なんだこの最高の
中二病エンターテイメントは!
まるでなんかこう、
Hunter×hunter的な感じの、
溢れ出る中二病。

>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

“everything”



誰よりも仲良しの父を持ち、
スポーツも成績優秀、
義妹、義弟にとったらいいお兄ちゃん。

それでも何か足りない。
やっとヤクに出会った時は
自分の人生に足りなかった
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0


なんという衝撃!

オチがめちゃくちゃびっくり
な作品と聞いていて
「ユージュアルサスペクツ」的な
ものを想像していた私。

その衝撃の大きさは、
同じほどだったけれど、
衝撃を食らうタイミ
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

3.6


某任天堂のゲームのパック◯フラワー
にそっくり!しかもそいつが歌う!


あるあるストーリーだけど
サクッとみれる短さ、そして
ミュージカル調だから
楽しく観れました。



パック◯以外の登
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.0

ディズニープリンセスの中では
1番な作品!!!



なんたって、キャラクター
が全員魅力的すぎる。
特にルミエールは最高です。


ベルって喜怒哀楽がはっきりしてて
知的で美人でザ、理想の人って
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.3

“あの頃のような友達は
もう2度とできない”




初めてみた頃はつまらなかった。
久しぶりに観たら
言葉にできない気持ちでいっぱい。


子どもにしか見えない
>>続きを読む

情婦マノン(1948年製作の映画)

3.7

講義で鑑賞。


“君が死んだから
もう君は誰にも取られない
だから僕は幸せ”


っていうストーカー的思考は
こんな時代から生まれていたのだね。
そこが1番驚きです。



男を弄んで生きるいわゆ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

“みんな大人になったなあ”


まちにまったIT chapter 2
さっそく観てきました。
結論から言うと私はすごく好きです。

90年版の作品もつまらない、
といいつつ大好きなのですが
今回
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

オチのないジョークを


ホアキン演じるジョーカーは
今までのジョーカーよりも
人間味に溢れていて、とても共感
できる存在。
だからこそ、観ていて辛い、、。
泣きながら笑う表情。
心に余裕がないとた
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.7

言わずと知れた名作。
しかし私が”雨に唄えば”を
初めて知ったのはあの非行少年
アレックスのあの胸糞シーン。
こんなステキな映画の曲と
知った後に観ると、とんでもない
ですね。


まあ、そんなこと
>>続きを読む

チャイルド・プレイ3(1991年製作の映画)

3.2

始まって早々に異変に気付く。
なんかチャッキーブスくない?と。
新しいものになればなるほど
ブサイクで初代チャッキーとは
遠ざかってゆく顔面。


ストーリーの設定自体は
面白いものではないのでこの
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.8

まだ小学生くらいだった頃の
私は金曜ロードショーだか
午後のロードショーだかで
これを観てえらく気に入っていると、
後日祖母がDVDをプレゼントして
くれた思い出があります。


そんな小さな子か
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.0

シュールすぎて分からなかった映画。

こういうのを自分なりに理解して、
あるいは理解しなくても感覚で
楽しめる人になりたいなあ、と思いました。


パートナーを見つけないと
動物になってしまう、と
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

“俺はガンダムでいく!”


スピルバーグだけあって、
期待値大で鑑賞しただけに
ストーリーはあまり自分的に
盛り上がるものがなく残念。
そしてCGだらけの作品も
あまり好きではないのかなあ
と思い
>>続きを読む

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.7

シャークネードウハハの儀式
が謎に怖かった思い出。


めっちゃ小さかった頃、
映画館に連れてってもらう前に
撫でさせてもらった知らない人の
黒レトリバーの名前がニモだった。
ニモはもう死んじゃった
>>続きを読む

リロ&スティッチ(2002年製作の映画)

3.5

私の周りのフラダンサーも
意地悪が多かったから、
この映画でさらにフラダンサーは
いじめっ子多いのか、と大層な
偏見を抱いてしまった。


幼い頃は親がない複雑さを
理解できなくて、リロとナニの
>>続きを読む

わんわん物語(1955年製作の映画)

3.8

実写版やるそうですね。
なぜ最近のディズニーは実写版
ばかりなの!べつにいいけど。


首輪のネームタグ的なのを
鑑札とよぶのを学んだ映画です。

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

3.4

私が初代スパイディーを
あまり好まない理由は単純に
MJが好きじゃないんだなあと、
これを改めてみたとき思いました。


結婚式ぶん投げは普通に頭おかしい
常識ない子にしか見えない。
映画だからしょ
>>続きを読む

メイフィールドの怪人たち(1989年製作の映画)

3.4

お隣さんが、エドゲインだったら…。


という疑いをかけて近所同士で
真相を探るお話。
「悪魔のいけにえ」のコメディver
と思いました。


ラストは想像していたものに
さらにもう一回転かけた
>>続きを読む

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.8

“ガミガミとうるさいんだよ”


恐怖のグッドガイ人形チャッキー
の復活。

チャッキーがもともと人間だから
だけど、1よりただの口が悪い
おっさん感がいい味出してる。


オープニングの焦げを
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.2

ブラッドピッド登壇の試写会に
参加してきました!
目の前の本人はとてつもなく
かっこよくて渋くて気さくな
おじさまでした。



本編の方はSFを纏った
ヒューマンドラマという感じ。
どうしても私
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

近所の映画館では吹き替え版
しか上映していないので、
大好きなトムハンクスの声が
聞けないならいいや、、と諦めていた
この作品。たまたま日比谷にいる時
の急な隙間時間に観ることができました!
>>続きを読む

デビルズ・バックボーン(2001年製作の映画)

3.5

“死者の中で生きている何か”


TUTAYAにて、何借りようかと
ホラーの棚に行くとこの作品の
題名が目に入る。

あ、これギレルモ監督の…
と思いパッケージを見るとめっちゃ
B級ホラー感。実際
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.8

“マクドナルドでチップ払うか?”


「ねえ、なんでたばこ始めたの?」


「イカした監督の映画に影響されてな」


「へえ、なんて人?」


「クエンティン タランティーノだ」



って
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.9

“子宮から墓まで人は他者と繋がる”



難解でとても長いと知り、
今まで観てこなかった作品。


観てみると、内容を
掴むまでは時間がかかった
ものの、面白かった。


俳優達が何役もやるのは
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.4

“LSD”


何を隠そう、私はタランティーノ監督
の作品を2本しか観たことがないのです。
というのもただ好みの問題で
その2本にあまりハマらなかったからだ。
しかし、今回でやっとタランティーノ
の本
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

4.5

“お前は恐れている この私を”




高校生の頃、1人映画館で
「ハクソー・リッジ」を観た時の
衝撃。(アポカリプトの方が
古い作品だけど、「ハクソー・リッジ」
を先に観てました)


感動した
>>続きを読む

ブライトスター いちばん美しい恋の詩(2009年製作の映画)

3.7


“輝きを超えて輝く
美しい言葉が必要だ”


イギリス、ロマン主義の詩人
ジョンキーツの半生。


伝記映画とだけあり、ストーリー
は淡々としていたけれど、
とにかく画が美しくて
自然の風が吹い
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.2



トムハーディとベンウィショー
私得ですか?

と思いきや人生は甘くなくて。
彼ら出番が少ない笑
そして登場人物が多すぎて
名前とストーリーが途中で
分からなくなる始末。
もう少し利口なら理
>>続きを読む

パーティ★モンスター(2003年製作の映画)

3.7

マコーレカルキン、
本当にドラッグに走ってしまった
らしいけどなんたるはまり役。



線の細さとか、最高級のベビーフェイスとかが好きすぎる。
病院の先生の時のコスプレの
目の周りに赤みとキラキラ
>>続きを読む

追憶と、踊りながら(2014年製作の映画)

4.0

“たとえ寂しくても
忘れないでいたい”


大切な息子を失った母親も、
大切な恋人を失ったその恋人も、
同じ人を大事に思っていたけれど
それを互いに理解することは
難し
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

“普通がよかった”



親の存在が絶対な時期に
人格否定されたら自分の価値
を低く見てしまうよね、、。


ゲイだから誰からも愛されない
なんて呪いの言葉を浴びせられ
寂しい思いをしても、
ステ
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.1

“何でもないわ
ホルモンのせいよ”


私自身が昔に知り合ったおじさん
気に入ってしまって、でも相手に
されなくて、、でも私はそのおじさんの
ことめっちゃ知ってんのよ〜
ドジだし、不器
>>続きを読む

>|