まなミさんの映画レビュー・感想・評価

まなミ

まなミ

2019~ 星てきとう

映画(130)
ドラマ(2)

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

2.6

クインテットみたいな人形になっちゃうシーンかわいい

私もこれスタッフになって一緒に段ボールで遊びたかった

東京公園(2011年製作の映画)

3.0

去っていく2人の間で交互に背中を映したり、会話中の2人の顔の正面を交互に切り替えて映している。正面のカットは目が合うのでドキッとする。カメラを向けられた時は緊張してしまった。
印象的なカメラワーク。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.8

エンジェルとマドレーヌ、2人が過ごす世界では、見えるものは違っても感じ合うことが出来た。体温や匂いを感じさせるような距離感の演出に、うっとりして観ることが出来た。
庭でお互いを見つめ合うシーンが好き。
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

諦めと、残酷な希望をのせた大和。平山が甲斐に語るシーンは、深く印象的で立派な見せ場でした。
前半の主人公は甲斐、後半は平山だと思いました。
面白かった。

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.6

1と比べるとかなりフィールドが広くなって、登場人物たちも増える。だからか1で感じた閉塞感や気味悪要素が少なく、2では謎の追求<戦闘だった。
1の最後の正体ネタバレがなかったらもっと面白く観れたような気
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.6

1では、誰が何のために主人公たちを迷路に閉じ込めたのか分からない、謎に包まれた正体に怯えさせられる展開が面白かったが、第三者から見て正体が分かってしまった後の2がどのように展開されていくか気になる。>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

最初は置いてけぼり感があったけど、途中から慣れてきて素直に楽しめた。
主人公とヒロインの恋愛模様と、アクションたっぷりの冒険と、悪役がいてその目的を阻止しようとする話でかなり王道な展開ではあるけれど、
>>続きを読む

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

1.8

話はおもんないけどやっぱり唐ちゃんかわいかった~~~❣️
声の出し方が特徴的で、とっても上品な印象があるので時代劇が似合いそうだなと思いました。

中川大志、たまに細杉くんだった

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2(2012年製作の映画)

4.1

始まりの映像が美しい…

あ~面白かった~!
あれだけたくさんの人物達が出てくるとは思わなかったし、それぞれが魅力的なのでもっと個人を観たかったなと思った

アリスがいなかったら、と考えると恐ろしい…

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1(2011年製作の映画)

3.5

ジェイコブとベラの、恋人じゃないけどお互い大切だっていう関係は辛い感情もあるけどやっぱり素敵。
結婚式で会ったときのハグ、なんか切ないな。

刻印のシーン、グッときた

エクリプス トワイライト・サーガ(2010年製作の映画)

4.3

太陽のようなジェイコブ、暖めてくれるシーンすごい良かった。

レイチェルなんでクビにしたの…1,2でビクトリアのストーリー引っ張ってきて見せ所になったらキャス変って…
どうやら勝手に代えられたらしく起
>>続きを読む

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これは…ビジュアルだけでいくらでも見返せる。監督の他作品で赤ずきんを観たことがあるけど、衝撃的なくらいみんな美形だったな

青白い肌に、赤の混じった金茶の目…、妖艶で不気味な眼差し…。美、美、美。So
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

ギリギリのところを攻めるギャグとか面白要素を盛り込んでいるのに対して、格好つけるところはしっかり魅せようという意思を感じた。強くてかっこいいセリフが出てくる度に、漫画読みたいな~と思った。
あとは俳優
>>続きを読む

リアル 完全なる首長竜の日(2013年製作の映画)

2.5

不気味な雰囲気に不安にさせられた。
それと同時に次どうなるのか予測がつかずワクワクする感じが良かった。常に誰かが後ろにいるような、誰かに見られているような気配を感じる目線や画面が怖い…。ホラーかと思っ
>>続きを読む

やかまし村の春・夏・秋・冬(1987年製作の映画)

4.3

子供たちが笑うと、つられて笑ってしまう

やかまし村の人々はお互いがお互いを好きだし、動物や自然を愛して、また愛されているように感じる。とっても幸せな映画だと思った。

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

4.0

天才が考えた話だこれ

ジェラシックワールドに登場する恐竜が出てきたのは嬉しい!あんなコラボみたいなのも出来るんだ…すご~

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

何回見ても感動し楽しめる作品は貴重だと思う。とても好きだ。

お別れのシーン、ハクの手に胸が締め付けられる

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

3.7

シンプルにすごい!
そして笑える

ジャッキーチェンの出世作と言われる酔拳。うーーん体の動きたまらん!高速すぎる食事わらった。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.4

平手友梨奈、ハマり役だなー良かったな

やっぱり響の言葉は筋道が通ってて強い。大人の世界ではああだこうだという言葉に惑わされない芯がある

これからってところで終わるのは仕方ないけど、面白かった。
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.9

理不尽と正面から向き合って闘う弁護人の使命感と正義感に心が震えた。怒りで泣きそうになる場面もたくさんあったが、希望が持てるラストで良かった。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.2

おぉ柳楽さん…、すごい…となる映画でした。
1番インパクト強いし、凶暴な面とは裏腹にやっぱあの笑顔が人懐っこくてあどけなくて、ほっとけない感じ。あぁ~~~~~~柳楽さんを観るためにもう一回観たいぜ!
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.3

最後はとっても幸せな気持ちになった。

毎日目が覚めると違う人。
123人で1人を演じるなんてすごい…。何も違和感なく、全ての役者がウジンだった。

出てくる家具や空間、雰囲気がお洒落だった。木の温も
>>続きを読む

>|