エリカさんの映画レビュー・感想・評価

エリカ

エリカ

年内に500本は映画みた感想を載せます!
1000本近くみたい!
ドラマもよく見ます!

映画(161)
ドラマ(39)

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.0

人生の目的を金持ちになることとした男の話。みていて、とてもこわかった。
でも本当に居そうな気もして、人間のよくの深さが感じられる作品。

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

4.0

面白かった。
作られた街のひと欠片をみれるような映画。染谷将太さんの演技がとても自然で、良かった。飽きずに見れる。

コラテラル(2004年製作の映画)

3.8

最後らへんのシーンは目を離せなくなる。
トム・クルーズの演じる役ががめっちゃ怖くて冷徹な人にみえて、とても新鮮だった。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.7

下水道をはって行くシーンとか受刑者がシャワーに当たるシーンが壮絶。
最後の再会したシーンはとてもいい。
シーンごとに喰らう衝撃が凄かった

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.0

ただの陽気なじいさんの話かと思ったけど、全然深かった。
若いうちから死ぬことを意識して生きることは難しいけれど、生きることを楽しむことくらいはできるのかもと希望を貰えたような気がした。いい映画。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

鮎子ちゃんが朝しゃぶしてるときに泣きながら話すシーンが特に印象的だった。引き込まれた。全体的に映画はよかった。でも、シーンとして母親が無理やり学校に行かせようとするところはとても古い考えの押し付けな気>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.8

スーパー?コンビニ?みたいな所でのふざけあいがバカみたいに面白い。めっちゃ笑ってしまった。
たまにはこういうのもいいなあと思える映画。

手紙(2006年製作の映画)

4.4

刑務所での漫才のシーンで一気にくる。
久しぶりに映画で泣いた。
途中までのろのろな感じの映画だったけど、とってもいい作品だった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

面白かった。
ストーリーわかりやすいし、LIVEカッコイイ。QUEENをもっと知りたいと思える映画。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

劇場版も面白いけど、完全版の方が設定とかとてもわかりやすい。
レオンとマチルダがとっても人間っぽく見えて、とてもいい。

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.5

松田優作さんが日本人とは思えないような危険さを出しててすごいと思った。
日本とアメリカがいい感じに融合されてる映画。

ダーリンは外国人(2010年製作の映画)

2.8

可もなく不可もなくって映画。
あまり面白くなかったけど、外国人の間違えるシーンとかの描き方が良かった!

漫才ギャング(2010年製作の映画)

3.5

ストーリーもとても面白くて、みてて飽きないし楽しい。監督脚本が品川ヒロシさんだからなのかもしれないけれど、漫才のネタがホントに芸人みたいで面白い。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5

フィリップがドリスに向ける笑顔がすごく素敵だった。とても面白い映画だし、みていて楽しい。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

主人公が最後街を歩いてるシーンがゾクゾクした。もちろん学生を襲ってるシーンもめちゃくちゃ怖いけれど。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.9

たたかうとき、世界が変わるところが見てて面白かった。
ストーリーわかりやすいし見やすい。

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

飽きずに見られる。面白い。
挿入歌もカッコイイし、凝られた映画

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.0

何回見ても笑える。
めっちゃ面白い。
仕掛けの一つ一つを思いつくのがすごいと思う

昼顔(2017年製作の映画)

3.2

ドラマの方が面白かったなって感じた。
映画は面白いけど、とても薄い物語に感じる。結末は意外で良かった。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

面白かった!コナンの映画はつまらない作品ほぼないけど、それってすごいことだとおもう。引き込まれるいつも。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.4

あまり面白くなかった
結末は、予想していなかった感じだから良かったけれど、とても微妙な映画。

ニキータ(1990年製作の映画)

4.0

終わり方が好き。ニキータのやせ細ったからだといかれ具合が半端なくて、とても面白かった。
ストーリーわかりやすいし、とてもいい。

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

4.4

めっちゃ面白い。
人間達の掛け合いも死神たちの掛け合いも、飽きないし面白い。
あんなノートがあったら
世界は変わってしまうけど、映画でそういう世界をみれるのはとても楽しい。

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

4.0

ストーリー面白い!出てくる工場が可愛くもあり、怖くもあって、見ていてとても楽しい。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.3

自分の親が、この世界に行ってしまったら、とつい考えてしまう映画。とても怖くなった。もっと精神的に自立したいと思った。しんちゃん映画の中でも1番心に残った作品。

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.0

最初は軽く見てたけど、どんどんハマっていけた。イナズマイレブンと少しかぶって見えるところもあったけど、こっちの映画の方が面白くて、笑えた。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

一つ一つのシーンが美しい映画。
人間が豚に変わるシーンは衝撃的で、気持ち悪かった。ストーリーが面白い。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

2.8

トーンが変わらない映画。
伝えたいことはあるのだろうけれど、
上手くつたわってこない感じがした。
あまり面白いと思えなかった。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

3.3

ロボとーちゃんが犬小屋に入ってるシーンが、印象に残った。
ロボットになってしまった人間なんて、まだ見た事ないけど、面白いはずのしんちゃんでちょっとした怖さも感じた。

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

3.6

原作読んで、これを見たけど、
本も映画も面白い!
実際にこんな世界で生きることになったら足がすくんでたってらんないと思うけど、
映画で面白おかしくされたのを見てるだけだと、楽しめた。

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.6

壮大な感じがした。
メイクもいちいちすごくて、面白かった。
闘うシーンはどこも良くて、すごくいい。

アオハライド(2014年製作の映画)

3.0

原作を知っていて、とても好きだったからめっちゃ期待してたけど、予告が1番面白くて、本編はとても微妙だった。

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

たまたま見た映画だったけど、パディントンかわいいし、ストーリーわかりやすくて面白いし、楽しめる映画!
今度は字幕版見てみたい

告白(2010年製作の映画)

4.0

すごく狭い世界の話だけれど、
面白かった。
主人公の復讐が巧妙すぎて
とてもよかった。

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

3.1

感情が会議してるの、とても面白かった。
あそこまで感情が一つ一つ頭の中で立ってくれてたら、少しは楽になるのかもしれない。笑