manonさんの映画レビュー・感想・評価

manon

manon

映画(75)
ドラマ(0)
アニメ(0)

蛇にピアス(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ルイは、子どもが大人になったようなアマとクラブで知り合い彼のスプリットタンに憧れる。アマの年長の友人、彫物師のシバにも魅力を感じてしまうルイに違和感はない。寧ろ、その好奇心が凄くいい。舌のピアスはアマ>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

4.5

ひさしぶりに綾野くんが出ている映画を観たいなと思い検索したところ、東野さん原作の映画に出演されていたことを知り観ました。超巨大ヘリを奪った謎の男を見事に演じる、さすがの綾野くんでした。

ストーリーは
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

刑務所から出所した男のお話でした。ちょっと短気なところが欠点ですが、弱いものには優しく、正義感の強い主人公の姿を役所さんが演じる。
犯罪に手を染めてしまった者が社会復帰をすることの厳しさを痛感致しまし
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

原作を読んだ記憶がない、でも、東野圭吾さんにハマった時期があったので、ずっと前に読んで忘れてしまったのかも。。💦

映像化されても東野さんの愛を感じられた。
人が人を愛し、罪から守るために犯してしまっ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

映画のベースになっているのが、1969年8月に実際に起きた女優シャロン・テートの殺害事件らしく、後で知ってみれば確かにラストは残虐的であり、恐ろしさが際立ちました。
でも、レオナルド・ディカプリオとブ
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

5.0

ちょっと不思議な世界観ではあるものの、時を越えていくもの、人間誰しもが味わう感情がありますし、印象的なセリフが沢山あって痺れました。甘く切なく思わずウルッとする場面もあって、映像であることを忘れ、お話>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

インドのホテルで無差別テロが発生というものですから、鬱々としている時に観ると疲労してしまうかもしれません。ちょっと覚悟が必要です。とにかく、銃撃映像が生々しく人が死に過ぎます。泣く赤ん坊をあやしながら>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.5

原作は伊坂幸太郎さんの『マリアビートル』。こちらは数年前に既読済み。なので、どんな展開になるやらと、若干の不安と好奇心を抱えながらの鑑賞。はじまった途端、いとも簡単に心が躍りました。小説で読んだあの人>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

5.0

過去に戻り、会いたかった人に会える。コーヒーが冷めないうちに。。不思議なお話だけど、願望みたいなものがあるからこそ、こんなに感動するのかな。泣きました。良いお話です。

ダーリンは外国人(2010年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

度肝抜かれました⭐️。アメリカ人のトニーと、漫画家のさおり。このふたりの出会いからはじまり、結婚をするまでのお話。文化の違いや、言葉の複雑さなどの不便はあっても、結婚するまでの緊張感や不安などのアレコ>>続きを読む

序の舞(1984年製作の映画)

3.5

上村松園の生涯を描いた小説『序の舞』を映像化した作品。生まれた時から壮絶な環境にあったワケですが、女でひとつで子どもを育てた母親の気の強さには感服する。母も、娘も、弟子として絵の師匠から才能を認められ>>続きを読む

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子育てが終わって平凡な毎日を過ごす熟年夫婦でしたが、ある日、妻はパーティで出会った若い男性との時間が刺激となり、心に火がついてしまい大胆な行動へと走り出します。なんとなく妻の様子がおかしいと気がつく夫>>続きを読む

起終点駅 ターミナル(2015年製作の映画)

5.0

まじめに生きていても、社会の中にいれば色々なことがあって、どこでどう歯車が狂ってしまったのだろうと、時間を戻すこともできないし、本当に切ないものである。そんな孤独と悲しみの中でも、自分に厳しく、人を恨>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

5.0

素直に恋をしたくなる。素敵な物語でした。
ラスト、よかった。理想的です。こんな風に安らかに終わりたい。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大昔に恋人の部屋で前作を観た想い出と、今の自分(仕事)が凄く重なった。組織の中での重圧とか、人間関係など、実力が伴わない歯痒さで苦しんだりしたこととか、、そういう意味ではマーヴェリックがカッコ良くやっ>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.0

菅田将暉さんの結婚、この作品でしたか。。。「菅田さん、ご結婚おめでとうございます❣️」

生きていると色んなことがありますね。
その時、その時に、出逢うべき人に出逢い、そのなかでもいつまでも切れること
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.0

モーツァルトを天才だと認めながらも激しく嫉妬をしてしまうサリエリの姿が切な過ぎて言葉がでないが、非常に見応えのある作品でした。

危険な情事(1987年製作の映画)

3.4

あー、どきどきしたし、こわかった。惹かれあった大人の一夜限りの情事だとしても、あんな別れ方をしたのでは恨まれてしょうがないと思ってしまう。好い男って、別れたとしても、思い出すたびキュンとさせてくるもの>>続きを読む

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

4.0

秋の京都の旅からはじまり、色とりどり景色に魅了されました。お料理のシーンも本格的、尚且つ、簡単で美味しそうだった。りんごのカラメルと、ブリ大根は真似して作りたい。人を愛するってこういうことだ、と再確認>>続きを読む

冷静と情熱のあいだ(2001年製作の映画)

5.0

原作を読んだ後に映像があることを知り、今ではお気に入りの映画となりました。いつも観て思うのは、恋ってしたくてもできるものではないなぁと思いますし、気がつけばおちてしまっているのだと。。そのお相手が忘れ>>続きを読む

>|