はまさんの映画レビュー・感想・評価

はま

はま

映画(706)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.3

アニメ版。期待してなかったが、見始めたら時々痒くなるほど青い感じも含めて、不覚にも落涙。良かった。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

2.5

ドタバタコメディのはずだが、何から何まで、無理矢理過ぎて、苦痛。

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.1

WOWOWで。静かなというだけあって物静かで地味な年の離れた男女。
セリフも少ないし、ほとんどエピソードもない。でも、なぜか退屈しない。
ワイプイン、アウトの場面展開を映画でやると、急にドリフみたいに
>>続きを読む

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由(2015年製作の映画)

3.0

ろくでなしの王様と、自分で言うだけのことはある。
気の毒だが、こういう人にひかれてしまう女性って一定数いる。
年寄ばっかりじゃないリハビリセンターがあって素敵。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

とてつもない喪失感に、悲しみすら表わせなかった頃から、少しずつ時間が経過して、もがき破壊衝動に駆られる時期。
亡くなって半ば神聖視していた妻の生前の裏切りに気づいて、やっと泣くことができるようになった
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.5

ジャンデュジャルダンが、そのまま小さくなってるので、違和感はかなりある。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.0

セリフ然としたセリフを発する浜辺がちょっと残念だったけど、北村はすごく良かった。

PとJK(2017年製作の映画)

2.3

ありえねぇ、という感想が何度も湧き上がってくるのを抑え込んでなんとか早送りで。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.0

メル・ギブソン監督なので、偏りきった視点の映画なんだろうと予想してたけど、それほどでもなかった。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.5

ケネディ暗殺直後の四日のことはよくわかった。次はオナシス夫人になるまでを知りたい。

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.0

こんな女子校、いくらファンタジーだと言い聞かせても、感情移入できない。

無限の住人(2017年製作の映画)

2.0

あまりにつまらなくて、早送りで見た。全く困らなかった。

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.0

人種差別に苦しんだカップルの話。真正面から見続けるのは退屈。

花戦さ(2017年製作の映画)

3.0

全体を包む親しみやすさが仇になったのか、映画でなくても、2時間ドラマでいいんじゃない?とつい思ってしまった。大事な部分で出てくる花は見事。そして、野村萬斎は常に野村萬斎。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.6

実在の人物と、その周囲の人々を温かい視線で描いていて、いいなぁ、と思った。
タライが落ちたり、三上博史以外のシーンでも、所々で笑いが起きていた。
宝田明の名前をエンドロールで見つけて席を埋め尽くすオー
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

壮大なおふざけ。お金かけてこんなことしたかったのか、と感心。途中寝ちゃった。わざわざ行かなくてもDVDでよかった。

(2017年製作の映画)

3.1

役者の格の違いを感じずにはいられない映画。
最後に樹木希林。これは反則技だとおもう。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.0

うさぎは可愛いし、ドーナル・グリーソンはカッコいい。短めで飛行機で見るのにピッタリ。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

あー面白かった。爆笑シーンもあって、これぞ娯楽って感じ。
それにしても、ハリウッド映画はほんとにエンドロール長い。7分以上も無意味な文字列を見せられるほど苦痛なことはなかなかない。オマケライフがありな
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.0

夫の暴力から逃げてきた母と子。
紆余曲折あっても成長し、少しずつおさまる息子の怒り。
ほんとに辛いのは、夫に腹をグーで殴られても、バカな息子から責められる母。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.0

感情移入する場所がみあたらないままに、進み、終わった。

人生の約束(2016年製作の映画)

2.4

竹野内豊はじめ、上から数えて8人めまで、期待できるキャストを揃えまくっているのに、こんなに、つまらないとは。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.8

可もなく、不可もなくという出来を目指して作った挙げ句、スカって感じ。

昼顔(2017年製作の映画)

2.4

ドラマを見ていなかったから、ここに到るまでの波瀾万丈を知らないが、くたびれた上戸、とりつかれたような伊藤歩、まぬけな斎藤他、殆ど全員にイライラする。

追憶の森(2015年製作の映画)

2.9

アメリカの倦怠期夫婦の物語としてだけ描いた方が断然良かったと思う。
わざわざ日本の青木ヶ原にまで来てケンワタナベに会ったのに、薄っぺらい。あんなに痛くて苦しくて、寒くて、汚くて、怖いことが次々襲いかか
>>続きを読む

>|