maomeiさんの映画レビュー・感想・評価

maomei

maomei

最愛の猫様2匹と珈琲があればたぶん生きていけます。英国系や香港系びいきなところがあります。

映画(373)
ドラマ(1)

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.9

モノクロの映像で映し出される、あるメキシコの家族の風景。監督の自伝的作品らしく、当時の政治情勢や格差社会、そして時代を反映しての家族感をしっかりと感じさせる。見せ方としての派手さもなく、言葉で語るわけ>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.5

アニメほとんど観ないけど、フォロワさんらのおススメで鑑賞。脚本が劇団☆新感線の人なんですね。思っていたよりヌルヌル動く、最近のアニメは平面画って感じがしないなぁと思う。ジョーカーが信長、みたいな戦国オ>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.9

面白かった!いや怖かったけどね? だってそういう方向に振ってくると思ってなかったから。鑑賞後の高揚感はゲット・アウトを観た後に似てる。意識して怖がらせに来てない怖さ、好きだよ。ガブリエルバーン様が唯一>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.1

とても好きな空気感。なるほど、言葉は要らない記憶の物語。

シーツ姿の幽霊、ただ佇んでるだけなのに感情が伝わってきて愛しかった。表情は見えないのに、喜怒哀楽を感じさせるゴースト。少しコミカルにも見えて
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

うー…やっぱりそうなっちゃうのねぇ。1作目のわくわく魔法生物ランド&変態級の生物愛スキャマンダーが大好きだったから…。

誰かがハリポタ全国統一模試って言ってたけど、たしかにハリポタシリーズのあれこれ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

1作目で心をブチ抜かれ、待ちに待った2作目でしたがこれはまたこれで!また違った良さで好き!修羅場の種類がまた違う気がしたけど、テイラー・シェリダンのドライでハードな世界観、男たちのチーム感、硬質なかっ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

私は好き!Queenの世代でもなく特にファンという訳でもない、世間一般的な知識とメジャー曲は知ってるレベルの層だったけど。映画だからできる伝記モノの良さがあって、クライマックスへ駆け上がる自然な気持ち>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

一体なにを見せられたんだというレベルの可愛さと愛しさしかなかった。ダーティーなやつ想像したらど根性ガエルがでてきてびっくりしたけど、私は大好きです。

トムハ演じるエディとヴェノムの関係性がまさにど根
>>続きを読む

リグレッション(2015年製作の映画)

3.6

エマ・ワトソンなのに、なかなか全国公開しづらい要素とマニアックさを持ちながら、アメナーバル監督らしさもあって良かったように思う。そして(追い詰められて)輝くイーサン・ホーク!!! いやはやなんでこうも>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

あぁ良かった。2018年最後の一本、この作品を選んで本当に良かった。

小さな町でひとり、静かに日々のルーティンを繰り返す老人。身体の老いを感じ、いつかは待ち受ける死をどう受け容れるか…という人間誰し
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

行き場のない怒り、そして無常感。爆弾テロで夫と子供を失った女性の戦いは、あまりにもやるせなさに満ちていた。

ダイアン・クルーガー演じる主人公の姿は、理想論の強い女性像という感じはしない。現実に身も心
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

何を思い立ったかいきなり観たくなって。就活グループの大学生たち、懐かしい思い出を胸に観たけどとにかく痛い。しかも素直な痛みではなく、インスタやTwitterなどSNS社会ならではのあるあるが詰まってい>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

この結末を夢見ながら散っていった社畜たちよ安らかに眠れ。公開当時から社畜をだめにする映画として名高いこちら、繁忙期に観たら仕事に支障をきたしそうだったので、Blu-rayにて鑑賞。

ユアン演じるクリ
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

怖い…バリー・コーガン恐ろしい子…!少々サイコパスみを感じる怪演に久々に背筋がゾゾッ。というか登場人物みんなどこかおかしくなってしまっている。じわじわと心を浸食する嫌な感じ、これ嫌いじゃないわ。

>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.4

邦題〜〜〜!!!!分からなくもないけど染谷くんの空海だからね? でもこれは妖猫伝!!!妖猫伝なのちゃんと伝えてくれないと日本公開に気づかないじゃん!!!猫!!猫もふもふ可愛い!!!猫ーーー!! な妖術>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.7

バックドラフト系がトラウマ(怖い)な私は劇場を逃してしまったわけですが、周囲の後押しもあって鑑賞。実話だと知らず当然結末を知らずに観たので少々衝撃を受けたが、自分達の仕事に誇りを持って命を張る人たちへ>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

いやーー楽しかった!!!!古のスケヲタ的にも懐かし楽しかった上に、赤裸々なトーニャの全て(with夫・母)みたいな全く遠慮ナシの構成には、思わずいつかの五輪の銀河GOEみたいに笑いながら加点ボタン連打>>続きを読む

マグダラのマリア(2017年製作の映画)

3.4

話の内容は全く分からない…マグダラのマリアとイエスの話なんだけど…全く疎くて分からない…けれど画が、絵が!!猛烈に良い!!!!!! グレーを帯びた色味、彩度低めの世界にスッと佇む輝度高めの美貌とな。宗>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.5

精神的な病の話かと思いきや…。意外な真相に知る、実在のストーリーだった。医学的な解明を成される前は、原因不明の心の病で理解を得られないままの人もいただろう。アップダウン激しい、ほぼクロエちゃんの一人芝>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

ジェレミー・レナーにエリザベス・オルセンのコンビにどうしても、この扉を開けたら君もアベンジャーズ感が拭えずついつい気が散ってしまったなんてね。

時系列的に、ソルジャーズ・デイよりこちらを後に鑑賞した
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.7

アミハマのひとりでできるもんin砂漠。楽しみにしてたのにあんまり劇場でやらなかったもんだから…。 いわゆるワンシチュエーションものだけど、ジリジリした緊迫感だけじゃなく主人公の背景にある物語を見せるよ>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.6

監督の実体験に基づいてるのが大きいと思うけれど、実在の団体をモチーフにしたフィクションながらドキュンメンタリー要素が強い。まだエイズに対する知識が不十分だった社会と時代の中で、鮮烈に輝いていた若者たち>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

ハネケの何とも言えない嫌さやエグさって本当に人を選ぶよね…と思いながら、私は嫌いじゃない方のハネケだった(決して気持ちのいい物語ではないけど)

ある家族の風景、一見して裕福で不自由なく幸せそうなんだ
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.9

ソン・ガンホさんにハズレなし、と勝手に思っているし、韓国現代史で避けては通れぬ光州事件の実話に基づくお話…となれば観ないわけがない。

韓国映画の上手いなぁと思う所は、こういう人情味あふれるコメディタ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

俺はガンダムで行く、位の知識のまま劇場を逃してBlu-ray鑑賞しましたが面白かった!私はこっちのスピルバーグが好き。

シャイニングはもちろん、映画サブカル盛りだくさんでネタ探しに忙しく、終始楽しく
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.2

社会派は好み、今回の題材も興味深く、切れ味鋭くビビッと刺さるものを期待しすぎてしまったのか… 私はこういうスピルバーグとは相性が悪いらしい。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

オーシャンズ的なものを期待して観ると、いい具合に裏切られるのが面白かった。スタイリッシュスマートとは言い難い、なんとも言えないグダグダ感…でも…好きなんだよなぁ〜なんでかなぁ〜っと愛すべき枠に収まりそ>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.7

ダンガルダンガル! レスリングへの夢を娘に託す父親、というのはある種のエゴにも思える。だが、娘たちがちゃんと年相応に葛藤しながらも、自分で選んだ道を突き進んでいく姿は爽快そのもの。昭和的スポ根を思わせ>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.7

で、出たー!!デンゼル強火担のフークア監督だ!気をつけろ!!推しがっょぃぞ!これでもかと格好良いデンゼル様のショットの数々(推しのお裾分け)、本当にありがとうございました。

個人的にはツールを駆使し
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.9

フィクションを交えているとは言え、忠実に描いた骨太ドラマ。民主化運動の政治的側面もありながら、個々の正義が交錯する物語でもあるように思う。観てるこっちも力んで鑑賞したから、なんだか首が痛い。

贅沢な
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

はいカットぉーー!これは楽しい、楽しすぎるでしょ。地元ミニシアター異例の満席、終始巻き起こる笑いと観客の一体感。肩を寄せあってワイワイ観る楽しさという、劇場ならではの良体験がそこにはあった。「何を言っ>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.7

失礼にもプレデター初心者ながら「マグ7みがあるよ!」との勧めに血沸き肉踊りながら激務のスケジュールを掻い潜り、他の待機作をかっ飛ばして鑑賞。

賛否両論がばっくり別れていますが、プレデターとしての是非
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.7

はぁ? 意味わかんない??私もわかんないよ!!!(褒め言葉)大体薄々分かっていながらジョン・ウー作品観に行ってケチつける人、一体何がしたくて観に行くんだろうなぁ…。

いかんいかん、つい熱くなりました
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.5

トムハンクスがサウジに赴任してプレゼン営業する話…というとアレですが。日々に疲れるリーマンの自己実現&自分探し系かな?と思ったけど、いまいちとっ散らかった印象で… まぁ悪い話ではないんですが。

>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

前作も大好き、とりわけパパ三人衆が大好きな私が、この続編にハマらないわけがない。貴重な歌って踊るおじさんたちが観れてしまう大変な映画。おまけに船団が押し寄せるシーンであんなことやられたらもう…www>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

好き、きらい、わかる、わからない、いやわかる、わかりたくないのかも…を幾度も往復しながら観てた。豪奢なオートクチュールで目を眩ませながらも、そこにあるのはキィキィと軋む狂気の世界。いや私には狂気に見え>>続きを読む

>|