marbo917さんの映画レビュー・感想・評価

marbo917

marbo917

映画(1103)
ドラマ(70)
アニメ(0)

普通じゃない(1997年製作の映画)

2.9

2022年256本目

ダニー・ボイル作品は好きだけど、“トランス”とこの作品は例外。観続けるのがしんどいほどに退屈。

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.8

2022年255本目

夫を事故で亡くした妻が叔父のいるニューヨークへ、夫の柩と共に娘と向かう。密室の飛行機の中で突如娘が行方不明になる。

いかにも怪しげな顔の機長、アラブ人グループ等がいる中、どれ
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.7

2022年254本目

若かりし日のイーサン・ホークが初々しい。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.7

2022年253本目

身近なところに冒険があると言わんばかりのオープニングクレジットが秀逸。

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.7

2022年252本目

ラストの曲がピッタリハマって収まり良し。

ホワット・ライズ・ビニース(2000年製作の映画)

3.4

2022年251本目

ハリソン・フォードが悪役に扮する珍しい作品。前半の隣人の一悶着は何だったんだろ?

フライトナイト/恐怖の夜(2011年製作の映画)

3.3

2022年250本目

親玉を殺すとバンパイアやれらた人間が復活するのはどうも腑に落ちません。

ジャイアント・ピーチ(1996年製作の映画)

3.5

2022年249本目

キリギリスとミミズがやけに大きいのぎ気になった。ジェームスがそれよりも小さいので愚問ですが。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

4.0

2022年248本目

キモかわいいキャラクター満載のクレイアニメの金字塔。CGには出せない温もり感がやっぱり好き。

親愛なる日記 レストア版(1993年製作の映画)

3.7

2022年247本目

ローマの街並みの中にスッとベスパに乗ったモレッティが“Batonga”のイントロと共にカットイン…初めて観た時に稲妻に撃たれた衝撃でした。

そして“Visa Para Un
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.4

2022年246本目

絵は綺麗なんだけどストーリーがイマイチ。

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

3.7

2022年245本目

ライブ会場までは面白かったけど、一気に急降下してしまった感あり。そのままのテンションで終わってくれたら良かったのに残念。

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.9

2022年244本目

視点を変えたら世界が変わるを主題とした恐竜と人間との友情と成長の物語。

もし隕石が地球に落ちなくて恐竜が生き残り、人間よりも恐竜の知能が発達していたら…という観点が面白い。ヨ
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8

2022年243本目

紙一重という言葉があるようにヨロコビとカナシミが仲がいいのが納得。その反対に、日本版吹き替えのヨロコビが今は亡き竹内結子と明るいイメージのある大竹しのぶが担当しているのが気にな
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.8

2022年242本目

風船が結んだエリーとの絆。
亡きエリーとの約束を果たす為に風船に乗って旅に出る。
そして風船が繋いだ新しい絆。

ほんわかした優しいストーリーが和ませてくれます。

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.8

2022年241本目

700年間もの間生活の全てをコンピュータに任せたせいで肥満体になったり、廃墟とした世界がなかなかリアル。
司令室のハンドル型インターフェースは2001年宇宙の旅のHALそのもの
>>続きを読む

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)

3.7

2022年240本目

髪の毛の細かな表現がリアル。
バグパイプのケルト音楽が心地よい。

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.9

2022年239本目

夢を見て追いかける者が自分の力と運で切り開くストーリーと世間から疎まれているマイノリティの反撃劇を観ている様。

ネズミ=不潔の固定観念がある方が観ると鳥肌ものかもしれないが、
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

2022年238本目

ベターコールソウルのソウルとマイクを同じシーン観たかった。

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.8

2022年237本目

人情、虫、魚、オバケと続きようやく人間世界のお話。といってもスーパーヒーローの一家を描いた作品でスパイアクションてんこ盛り。トイストーリーの次に好きかも。

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.7

2022年236本目

初めは忘れってぽいのがイライラしてたけど、親を探す健気な姿に愛着が湧いてくる不思議。
水族館を巡っているようで楽しめました。

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.7

2022年235本目

ニモが片ヒレが短いことやドリーが忘れってぽい事を思い出した。20年も前の映画なのに、今観ても遜色がないのはスゴい事。

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.7

2022年234本目

マイクとサリーがモンスターインクで働く迄の前日譚。やってる事は前作とほぼ同じなので、ちと長く感じました。

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

3.7

2022年233本目

ドラえもんの”どこでもドア”をまたしても外国にパクられたけど、面白ければそれでよし。

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.5

2022年232本目

虫の題材に興味を持たせるにそもそも限界があり、それに加えてキャラクターに華がない。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

3.8

2022年231本目

役目が終わったオモチャ達は保育所に寄付される者、買い替えられる者、そして捨てられる者。全ては持ち主によって決められる悲しい物語。しかし、オモチャ達は楽しい思い出が財産。それは昔
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.8

2022年230本目

光沢感、奥行き、コントラストが前作から4年で格段にCGが進化。連続して観るとより繊細になっていてる事が分かります。

前作のオマージュやジュラシックパーク、スターウォーズのオマ
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.9

2022年229本目

アンディとって一番の宝物として扱われてきたウッディが初めてその座を新参者のバズに奪われそうになった時、ウッディのダークサイドが現れる…と思ったら2人が拉致され隣人のサイコキッズ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.8

2022年228本目

久しぶりにミュージカルで涙しました。
ディック・ヴァン・ダイクが登場した時は前作そのままの頭取の姿でビックリ!
ラストの風船売りはジュリー・アンドリュースだったら、感動2倍増し
>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

3.9

2022年227本目

メリーポピンズを観てからの鑑賞をお勧めします。原作者にこんなバックグラウンドがあったなんて知らなかった。

“MISSドライビング・デイジー”のような気位の高い女性が心を許すス
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.8

2022年226本目

「チム・チム・チェリー」がメリーポピンズの曲だと初めて知りました。他の方のコメントにあるのように特殊効果に違和感なく素晴らしかった。しかも、これが半世紀以上前の作品とは。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

2022年225本目

使い古して蚤の市にあるようなぬいぐるみが違和感なく動いているのが何とも可愛かった。

観る前に劇場版“くまのプーさん”を先に観ておいた方が100エーカーの森の世界に入り込みやす
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.0

2022年224本目

絵本で始まるディズニー映画(白雪姫、シンデレラ、ジャングルブック)は数多くあるけど、今回はページをめくると飛び出す絵本なのが、まずハートをガッシリ鷲掴み。

幸せが永遠に続かな
>>続きを読む

蒸気船ウィリー(1928年製作の映画)

3.8

2022年223本目

以前からずっと観たかったのをDisney+でようやく鑑賞。クラシックなミッキー&ミニーが何とも可愛かった。

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.9

2022年222本目

東南アジアのエッセンスが詰まった冒険ファンタジー。説教臭くなく、最近観たディズニー作品の中で一番面白かった。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

2022年221本目

エルサに魔法が宿った秘密を解く物語。
安定のディズニー作品たけど、ファンタジー色が強くイマイチピンと来なかった。、

>|