卵かけご飯さんの映画レビュー・感想・評価

卵かけご飯

卵かけご飯

綾野剛作品をマークするため始めたフィルマークス。
そして綾野コンプリートしてしまったため
最近のマークしてる作品がなかなか迷走中。
ニューシネマとか古い伊、仏映画が好きでーす。

映画(97)
ドラマ(21)

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

-

ディファ有明


石井岳龍作品だぜ!砕けますよ
クドカンが脚本ねっ!砕けますよ
原作者は芥川賞作家なんだ!砕けますよ
豪華キャスト陣の時代劇か!砕けますよ
これメジャーなのマニアックなの?
どっちにし
>>続きを読む

水の声を聞く(2013年製作の映画)

3.3

話の進みはちょっと中だるみした感じあったかなぁ。私自身の集中力が低かったとも言えるな(ちょっと疲れて帰宅してすぐ見始めたから)

ただ、植物とか自然、はたまた都会の雑踏などを映す時ハッとするくらいソリ
>>続きを読む

天使の涙(1995年製作の映画)

3.0

90年代。
金城武。
二丁拳銃。
女の煙草。
いい。これでいい。

余談。金城武にことごとくボコられるロン毛の俳優さんが個人的にイケメンだった。

ユメノ銀河(1997年製作の映画)

3.5

先日京橋フィルムセンターの石井岳龍自選シリーズ展で見てきました。

汽車、豪雨、白黒の世界をスクリーンで見て堪能しました。
浅野忠信の姿、小嶺麗奈とほかの女優たちの麗しさ、見てほしい…
息をのみました
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.2

見た。目撃してしまった。
才能ゆえしのぎを削る命を削るハメになる二人の音楽家の話…

緊張感保ちながらいっときも途切れず集中して見れた。終わり方もキュッと締まって思わずカッコいいって言った。
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

3.6

邦画続きでしたが久々にヨーロッパの監督作品を見た。
新鮮だった。
映画だってすごく感じた。

尺や、登場人物、ストーリーの展開
長く多く説明はせず、かといって押さえるところはおさえて伝わるものがある
>>続きを読む

砂丘(1970年製作の映画)

3.5

ストーリーより、サントラが好き。
アントニオーニ監督と音楽の趣味合うわ。

赤い砂漠(1964年製作の映画)

3.5

モニカ・ヴィッティの不機嫌な感じがいい。
好きな女優。

Endress Waltz エンドレス・ワルツ(1995年製作の映画)

3.8

シンプルなラブストーリー。
町田町蔵と広田玲央名の色気たるや。

水の中の八月(1995年製作の映画)

3.8

石井監督暴と美のバランスの美の方の映画。非常に面白かった。途中、オカルト的になってきて本当に背筋が寒くなるくらい引き込まれて見た。

シャッフル(1981年製作の映画)

3.5

とにかく疾走感。
走る背景に映された時代の空気感もいい!
これとDEAD END RUNセットで見て頂きたい。
音がずっと超かっこいい。

DEAD END RUN(2003年製作の映画)

3.5

石井監督は男性をカッコよく描くよねー
俳優さんをすごくいいタイミングで起用してさらにかっこよく仕立てて映し出す。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.0

キャストはとてもよかった。
映像も夜はまあ綺麗だった。
ちょくちょくステレオタイプな見方、演出が見え隠れするから、そのたびに違和感を感じた。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.5

いやぁじつに味わい深い。
役者さん達の味わい、ユーモアセンスの良さ沖田監督らしかった。

極太海老フライとラーメンのシーンも最高。

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.5

これはなかなかでした。
ぐだぐだになりそうな設定でしかないのに、ぐだぐだになりません!面白いんですよ。

商業向けじゃないけどこんな愛くるしい映画があるってことが大事!

一見個性の1番ないおばさまが
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ面白かった!
とことん不細工、
そして超かっこよかった!

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.8

それぞれ家族や守るべき自分の立場と組織があることかベテラン役者さんの面構えだけで説得力がある。
そこをふまえて見れるので、キャストの多さの割にとっちらかった印象にならずに見れた。

綾野びいきとしては
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.8

仰々しいキャスト陣にどうせ大味じゃないのってとりあえず様子見でAmazonプライムをiPhoneで鑑賞し始めたものの、一気に前編後編と見ました。
とにかく佐藤浩市と永瀬正敏に感服。
もうほんと佐藤浩市
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.0

割とこじんまりとよくまとまった味わいのストーリーにしてはメインキャストが大味なように思えました。(こればっかりは私の好みの問題かもしれませんが)

展開から着地までは丁寧に描かれてるので鑑賞後はきちん
>>続きを読む

恋の渦(2013年製作の映画)

3.8

筋書き話の運びなどは4.5
いかんせんギャルギャル男で絵面が荒んでるのでマイナス。
そういう映画なんだけど。
むなくそ悪いのにテンポよく見終えてしまう。
以上↑褒めてます。
ちなみにどんでん返しの鍵を
>>続きを読む

花の谷 -時空のエロス-(2005年製作の映画)

-

綾野剛コンプのため早送り鑑賞

一瞬叫ぶ男として出てきた!

亜人(2017年製作の映画)

3.3

初のIMAX体験でした。
コメントは先ほど別の方のコメントが素晴らしく同意見でして、私の駄文は省かせて頂きます。


追記
4DMXで見てきました。
臨場感をプラスして鑑賞すると、撃ちまくるぶつかり合
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

松山ケンイチの吹替がうますぎてびっくり。
個人的にツボだったのはバルタザールブラットの巨大ロボのわざと特撮的なスローな動きに爆笑した。
あとミニオンズの早口の歌。

(初めてミニオンズ見たんです。)

ローラ(1961年製作の映画)

3.0

イメージフォーラムにてドゥミとヴァルダ特集

アヌーク・エーメのコケティッシュな美しさや水兵が束の間集うキャバレーなど魅力的だが全体として私には、はまらなかった。
ルグランの曲も一曲だけ繰り返すばかり
>>続きを読む

天使の入江(1963年製作の映画)

3.0

イメージフォーラムのドゥミとヴァルダ特集見てきました。

がーん。
期待したわりにはまらなかった私。
ジャンヌモローの魅力は爆発していた。

ジャック・ドゥミがあまり好みでないのだと思われます。

闇のカーニバル(1981年製作の映画)

4.8

ちょと待て、超絶カッコよかった。

太田久美子🕶と当時の新宿風景をモノクロで移し出す映像に痺れた。

もう一回見る。
有り難くて拝みながら見ます。

逆噴射家族(1984年製作の映画)

4.0

見直してみたけど、すごーく面白かった。

この監督特有なスタイリッシュ+悪趣味でロックになってしまうという。

有薗芳記さんと前野朋哉がそっくり!

怒り(2016年製作の映画)

3.0

①映画全体のトーンに対して3人の背景が語られるあたりからがちょっとあっさりしすぎて物足りなかった。

②森山未來の根無し草感が凄くリアルだった。
あと宮崎あおい、目つきや持て余した手足の動き、白痴感が
>>続きを読む

>|