嫁の映画狂いさんの映画レビュー・感想・評価

嫁の映画狂い

嫁の映画狂い

映画(70)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ゴシカ(2003年製作の映画)

3.5

ハル・ベリーとペネロペ・クルスの美の競演で幕が上がり、
そこで上がったテンションを下げることなく予想を見事に覆していった展開に拍手!

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

ホラー苦手だけど勇気を出して鑑賞。
うん、こわかった笑

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.8

こういうシュールな世界観大好き。
間違い探しゲームしてるみたいな気分で観れる。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

本木雅弘さんの演技力が爆発してた。
世の旦那様たちにぜひ
しっかり観ていただきたい作品です。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

青春ラブストーリー系苦手ですが、
メンズの友人から勧められ観てみたら、
これはもう共感でしかなかった。

誰しもが経験するカップルのすれ違いや
それぞれの本音、葛藤を、
どちらの味方をするでもなく平等
>>続きを読む

オテサーネク 妄想の子供(2000年製作の映画)

3.5

クレイアニメで表現される、
絶妙に不快感のある映像がクセになる。
終始不快感が続く胸糞ダークファンタジー。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.0

MCUファンと、
ギレルモ・デル・トロファン、
2つのファン目線でキャストに沸いた!

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.8

"神様"と人間の関係性みたいなものが
分かりやすく描かれているように感じました。
新海誠さんの作品らしく、やはり音楽と映像のシンクロが素晴らしく、体の内側からゾクゾクっと心揺さぶられる感動がありました
>>続きを読む

Dear Friends ディア フレンズ(2007年製作の映画)

3.0

まだseventeenモデルの印象が強かった頃の北川景子さんが、体当たりの演技をしていたのがすごく印象的だった映画!

子宮に沈める(2013年製作の映画)

4.0

観るに耐えないし、年齢制限もあるけど、
こういう事件が実際に起こってるっていう事実は事実。道徳の授業とかで題材にしてほしい。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.8

胸糞映画が好きと言ったら、
役者をやっている友人が勧めてくれました。
む、な、く、そ、、、

渇き。(2013年製作の映画)

3.5

小松奈々ちゃんの妖艶な演技に、
ぞくっとした記憶が濃厚に残ってます。

私の少女(2014年製作の映画)

3.2

実態を理解しようとせず表面的な事実だけを拾い集める警察官、許せなかった。

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.0

まさに、ゴシックホラー!
ギレルモ・デル・トロ監督っぽさは弱め。

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.0

不思議な世界観に引き込まれる。
残酷な中にぬくもりが残っていた映画。

犬に名前をつける日(2015年製作の映画)

4.0

観るに耐えない保護犬の現状、
しっかり目に焼き付けるべき。

あん(2015年製作の映画)

3.8

恥ずかしながらハンセン病のことなんて、名前くらいしか記憶にありませんでした。
この映画を観たことがきっかけで改めて歴史を知ることが出来ましたが、同時に、自分が小学生の頃にやっと隔離政策が終了したという
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.0

前半までが良かった!
後半はちょっと、子ども受けなシーンが多かったような...

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.8

女の子たちがみんなおませちゃんで可愛くて、
それだけでも目が離せなかった。

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.5

インパクトと世界観とブラックジョークと。
癖が強くてしっかり頭に残った。

レベル16 服従の少女たち(2018年製作の映画)

3.0

普通だったら気が狂っても仕方ないくらいの環境で生きてる少女たち。
その感覚さえ無いくらい洗脳されているんだけど、この先この子たちはちゃんと生きていけるんだろうか...

サスペリア(2018年製作の映画)

2.5

ホラーNGの私もギリギリ観れましたが、
痛々しいシーンにどんどん気分が悪くなりました...二度は見れない...

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.8

夏帆さんの演技の生々しさが凄かったです。
自分と重なる部分が多くあって胸が痛んだけど、
否定せず抱きしめてくれるような映画でした。

>|