Mariinaさんの映画レビュー・感想・評価

Mariina

Mariina

大阪です。
映画館はB,C列目が好きです。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

5.0

心優しい味方しか出てこないけど、この映画はそれでいい!胸いっぱい!

というか、並々ならぬ努力をして誠実でさえあれば敵さえも味方にできる。

美女軍団に目もくれないっていうシーンのとこだけは、みんなそ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

オールナイトで2回目観て再投稿。

これはやっぱりおもしろい!!
ベイビーのドライブテクニックかっこよすぎる。1人車で待機してる時の音楽の完璧なノリ方うける。

デボラとの出会いにキュンキュンしてから
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

オールナイトで2回目みて再投稿。
あらためて2017年心に残る映画。

シャロンの少年期、思春期、成人期の3部構成、「月明かりで黒人は青く輝く」というセリフ、観終わった後にタイトルとこのポスターの作り
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

一回目観た時は、お互いの夢応援しあってるのよかった〜!いい映画!て思った。
二回目観た時は、後半から悲しくなってきて、最後のseb'sのシーンでボロボロ泣いてしまった。

プーーッ🚗ていう合図は何回観
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.5

国から逃れてきた難民の話。

全員無表情。
心は優しい。

SUSHIのくだりは笑った。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

大ヒット。

笑ったし、泣いたし、笑った。

松岡茉優でしかないし、渡辺大知でしかない。

「おれは割と真面目に、ヨシカのことが好き」

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

なんて手の込んだ作品なの…

ゴッホの有名な肖像画の人物たちが、動き出して喋り出すのは、興奮の連続でとても楽しめました。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

夜中に庭で猛烈ダッシュして向かってきて90度にまがって走り去っていくの笑った

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

3.5

ジプシー迫害の映画は初めてみた。

ジャンゴラインハルトのバンド演奏かっこよすぎる。

わたしは、幸福(フェリシテ)(2017年製作の映画)

3.0

アフリカ音楽の演奏に合わせて陽気な感じだと思って臨んだら、違った。ずしん。
コンゴのリアル。

アフリカ音楽のライブ、そして初めて見た黒人の賛美歌、よかった。

優しさを与えてくれる人、幸せを教えてく
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

セルゲイポルーニン探すぞぉぉって気合い入れてたら、おもいっきり容疑者の1人にいた。飛び抜けて美しかった。

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

ズーーンてなりそうだから観るかどうかずっと迷ってたけど、観るべきだと思い観てきた。

フィンランドに行った時に、人口密度低くて外に人が全然いないという印象が強くて、エレが街に出てきた時もそれを感じた。
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

裁判長に憧れている理由が、人の命を自由に裁けるから、という被告人のセリフにズシッときた。
裁判て誰のためなのか考えさせられる。
戦術だてて利益追求のために勝ちにいくのか、弁護人だから被告人の言葉のみを
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

2017年最傑作になりそう。
素晴らしすぎて何回も震えた。

もう後半はケヴィンコスナーが「キャサリン」と呼んでくれるのを待ってる自分がいたわ。

主演の三人、本人自身も優秀なんだね?

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

ひたすらシュールにおならに尽きるのかと思ってたけど、おなら以外にもいっぱい能力?機能?があって、ぉお〜〜すごいって笑った。
少しずつ言葉と感情が豊かになっていくメニーと、彼のアレの方角を信じてひたすら
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.0

こちらもオールナイト企画で再度観たので、書き直し。

公開中に2回観に行って2回寝てしまって、今回も最後の方でまた寝てしまった。
ということはこれは私にとって、そこまでなんだなと思った。
(寝てるタイ
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.5

青春映画3作品のオールナイト企画にて、2回目観たので、書き直し。

サムライヘアのくだりは何回観ても笑う。

ダニエルの個展に来てくれたテオの優しさには涙が出そうになるし、14歳なのに一言一言がすごく
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

初エミール・クストリッツァ
独特。
フルCGでもなさそうな動物たちの使い方が気になる。
ノースモーキングオーケストラが演奏して、村人たちが踊るシーンよかった。
そこからの後半の逃亡シーン長かったなぁぁ
>>続きを読む

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)

3.0

セザンヌの作品が有名になったのは、彼の死後。
どれだけ才能があってもその業界での人付き合いが非常に大切なんだなと。
フランスの風景がきれいだった。
女性陣も美しかった。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.0

父が育ててあとから母が現れるパターン、映画でもドラマでも散々観てるけど、泣いてしまう。

DNA鑑定するまで父親を勘違いしてた母には、このヤリマンがっ!と憤りを感じる。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.5

何かの才能があることでさえ羨ましく思うけれど、「才能を持て余す」なんてそう簡単に誰もできることじゃないから、もうそこは共感不可能の域だ。

ただただ、美しい。

そして、ドキュメンタリー映画って、なぜ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

あとから「あー」て思うこといくつかあったから、もう一回観たい。
ハンサム揃いだった。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.5

どの話も良いけど、パリの話が一番印象的。
ヘルシンキの、タクシーが迎えに行ったら3人で立ちながら寝てるシーンも好き。

>|