まさんの映画レビュー・感想・評価

ま

マーベル映画とヒュー・ジャックマンが好きです。

映画(376)
ドラマ(4)
  • List view
  • Grid view

アーロと少年(2015年製作の映画)

4.4

評価低くてびっくり

守りたいもののために強くなること
ロードムービー
父と息子
言葉に頼らないコミュニケーション

好きな要素が詰まっている映画だった

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

真っ直ぐすぎる愛に涙するほど純粋ではなく、かといって自分だけを大事にするほどの諦念もない中途半端な年齢なのかな、
誰にも共感できず宙ぶらりんな気持ちになってしまった

あまりにもリアルな風景(商品とか
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

言葉が思考を作るという考え方。なるほどなーって思った
亡くなった人に対する文法が無意識に過去形になるのも同じかな〜

途中で展開が予想できちゃった分、2人の距離感に注目できてよかった

ジェレミーレナ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

求めているものとちょっと違った……
過干渉を自覚しているすべての親に突き刺さりそう

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

何も考えずに身を任せて観てたのにちゃんと理解させてくるのがすごい、これぞエンターテイメント

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ノンフィクション的な冒頭から突然フィクションになるのでちょっとびっくりする
けど世界観に入り込めたら勝ち!綺麗だった〜
最後飛行船のっとっちゃうのは笑った

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

5.0

モアナとマウイの関係がディズニーの中でもユニークでよかった

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

この物語を作れるのも大人だってことに希望を持ちたいよね

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.4

アベンジャーズレベルの衝撃的展開を許容できるようになると、王道だな〜って感想に落ち着いてしまうのが悲しいな
アラジンに続きかっこいい女性を観れるのは普通に楽しかった

アラジン(1992年製作の映画)

4.2

実写版観た後に
実写版がいかにアニメ版をリスペクトしつつも今の時代に受容される作品として上手く成立させているかよく分かった

アニメならではの良さはやっぱりキャラが立つことなのかな〜

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

3.0

2時間半はちょっと長い
そしてやっぱり没入感がない、、良い意味で理屈っぽいマーベル作品に慣れてるからかなあ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.4

前半はフィクションを傍観してるというか物語と自分の間に距離があって(ディズニーのアトラクションと同じ)没入感に浸れなかったのがちょっと残念だったけど、最後は普通に楽しかった!
オーランドブルームの顔が
>>続きを読む

奈緒子(2008年製作の映画)

3.5

評価低くて悲しい、、
確かに誰の物語なのかと言われたら難しいな、
三浦春馬の透明感が際立っていた
なんとなく夜のピクニックを思い出した

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・オープニングですでに涙
・スタンリーの優しい笑顔に涙
・ジュードローがださすぎて最高
・アイデンティティの話、台詞が少なめで良かった
・マリアとの関係がテルマ&ルイーズみたい、マリアが「母親で親友
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

とにかく最高だった!あっという間に終わっちゃうのが悲しすぎて泣いた
メッセージ性が強いのに全くうるさくないのは映像の力か、それともわたしのマーベル贔屓か、、

映画 ホタルノヒカリ(2012年製作の映画)

3.1

1話から一気見してたからエンドロールでうるっときた
幸せを分けてくれてありがと〜って感じ

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

3.9

パプリカ×千ちひ っぽい
白と黒の葛藤→海での綺麗なグラデーションの流れに感動した、、あとふたりの声がめちゃよかった

ブレイブハート(1995年製作の映画)

4.0

昔の戦争ものって一番苦手なジャンルならはずなんだけど、なぜかしっかり観れた

この音楽ってこの映画のサントラだったんだっていう感動

ファミリー・ツリー(2011年製作の映画)

3.8

ジョージクルーニーがダサかっこよくて良い、そして娘たちが可愛すぎる

ハワイのゆったりした空気を存分に感じたからか、邦画っぽい雰囲気があった

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

4.0

今までのシリーズで一番面白かった!
不死身って分かってるから安心して観れる

マシューの適応力すごい、私も強くなりたい…
あとティモシー・オリファントの悪そうな顔大好き

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.4

社会人になる前の、夢でいっぱいな時に観るべきだったかも
なぜかこれを観て、明日から頑張ろうとは私はならなかったな

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)

4.1

1よりグロめ
1に続き明らかに善良な人が出てくるのが好き

不死身なんだけどスマートじゃないところが良いんだなあ

ラストシーン、フィンランディアがめちゃくちゃ合ってた

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.2

面白かったー!これを80年代の空気で味わえた人たちが羨ましい
クリスマスっていう設定が最高

>|