MariHosakaさんの映画レビュー・感想・評価

MariHosaka

MariHosaka

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

年寄りだから、体が弱いから、家族がいるから、で魔が差したじじいを許すなんて絶対むり

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.6

そのむき出してるやつ私だったら恋と呼んでしまうやつだなと思う場面が多かった

空洞が鳴り止まない

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

歌いながらノリノリで爆走してすべてが綺麗にうまくいくってこんな気持ちいいことないな

最後の仕事で車出さなかったとこからのベイビーは許せない

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.0

死んじゃう女の子が、上から目線で仲良しくんや親友ちゃんを弄んでるようにしか見えなくて、彼らへの愛は感じなかった。
私が死んだらあの子と友達になってあげてとかも超意味わからない

シャイニング(1980年製作の映画)

3.7

ダニーがかわいすぎて胸が苦しい
あと奥さんは常にめちゃくちゃ良い人で正常なのにホラー顔というところが効いてる

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.0

汗だくおじさんたちの討論。
日本人版のほうが面白かった。

海街diary(2015年製作の映画)

3.9

あーもうなんだこれ…脳と心を妖精に極上マッサージしてもらった感じ

キサラギ(2007年製作の映画)

3.7

最後ミキちゃんが楽しそうに踊ってるのが生々しくて胸が痛かったことにそれまでの感想をもってかれた

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.7

誰の意見もそれぞれの主観だし、理屈の通った理論がその場において正しいとは限らないし、議論てたのしい!ジンジャエール

SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者(2012年製作の映画)

3.7

3回観て、アルバムもおとして、なんだろうこのハマり具合

この勢いでトーキョートライブ再チャレンジしたら余計だめですぐ止めた

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

段取りよく殺していくシーンが本当に気持ちいい。

1とだいたい同じ押すな押すなのジョンウィックで、映画館より家で誰かとつっこみながら観た方が絶対楽しいやつ!

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

まどマギのほむらちゃんの様に未来を変えるために過去を変えるっていう話じゃなくて、この場合は別の未来は存在しなくて過去も未来も全部わかるようになるってだけで、だとしたら電話をかけてから電話番号を知れるっ>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

深い意味なんてないよーんって振り切って、ミュージカルの場面だけ繋ぎ合わせてくれればめちゃくちゃ最高なのに

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

こんなにかわいそうじゃなくてもかっこいいと思うからもうジョンから安らぎを奪うのをやめてあげてくれ

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.9

ジェシーの人間性が素晴らしいけどどうしちゃったんだよセリーヌ!!!

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

セリーヌがワルツ歌ってからニーナ シモンの真似するところが本当にかわいすぎて、こりゃだめだと思った

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.6

「大切な人と自分の間にあるのが神様」って、初めて神様に納得した

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.9

じじい化によって最悪なシチュエーションの最悪度が増しててその悲壮感がリアルでかっこよかった。

でも前作のオマージュちょっとやりすぎ。
あんたら過去の話ばっかりだってベロニカも言ってた

>|