こけしさんの映画レビュー・感想・評価

こけし

こけし

映画(221)
ドラマ(8)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

テンポが良くて笑いのセンスもあるのに最後にズシーーーーーーン泣かされた。ようできてるわ。

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

-

東がお手軽キャラになってて笑う。こいつめっちゃ暇なんやろな。。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

とにかく各々の役者さんの演技が凄まじい。

展開と演出等諸々に関しては黒沢監督の個性全面に出てる(笑)その割には比較的見やすいし現代的って印象。

ダブルフェイス 潜入捜査編(2012年製作の映画)

3.8

いやおもろ。サスペンス好きは観賞必須やわ。ほんで香川照之見たさに観賞したけど西島秀俊かっこよすぎて引いた。そらこれが結婚したらロスなるわ。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

とにかく美しい、素朴さと憂いを常に持つ描写。何から何まで引き込まれる。
切ない作品特有のもったり感は無くて、背景の音楽やカメラワーク、展開に惹かれるしスピード感さえ感じる。
自然が美しいのもその通りな
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-

他人同士の距離感やエゴを皮肉ってるけど今さらやんとしか。
「フレンチアルプスで起きたこと」の方が身近に潜む利己心って意味ではよっぽど見入る内容やったな。
ほんでリューベン監督特有のもっさり感な(笑)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前知識ゼロで鑑賞してもーたけど、十二分に楽しめた。とにかく背景わかってなくても映像美と展開の惹きが半端じゃないからハリウッドはすごい。

サノスが娘を愛してるってくだりは「愛してた方が悪役的にも箔つい
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ2(2010年製作の映画)

-

わかってたけど怖かった。全力で平気な友達とじゃないとむり。あと1とつながってんのはよかった。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

世界観はめちゃくちゃ素敵やった。ただはらはらドキドキする展開がある訳ではなく、見惚れるようなアクションがある訳でもなく、強いメッセージ性がある訳でもなかった。。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.9

冒頭、早朝のティファニーとオードリーがとにかく画になる。
ストーリー自体は王道のラブストーリーやけど、名曲「ムーン・リバー」から何から何まで芸術映画の良き時代を観たって感じ。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.7

コンパクトにまとめられてる印象がどうしてもあるけど、ストーリーは素晴らしい。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

各々の愛の形が描かれてて、素晴らしかった。どの役者さんの演技も申し分なくズシーンと胸打つものがある。そして松嶋菜々子が国宝級の美人やと改めて痛感する作品。

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

奪うことになるなら与えなければ良かったのかと、その是非について考えさせられる。
わかってたけど名作やったパターン。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.8

まさかの胸キュンラブストーリー。好きやわー。内田監督のこの展開自体は淡々としてるんやけどついつい見ちゃうって感じのおもしろさがなんとも言えん。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

スピード感あって意外と楽しめた。マイムマイム事変で声出して笑った。

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost(2009年製作の映画)

3.8

これはもうアニメ版から大好きやけど、CV木村良平が最強たる所以はここにあるんじゃないか。そして見始めた当初はジュイスがこんなに可愛くなるなんて思ってなかったよね。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.5

これは、あれやな、タイムリープどうこうより、「青春って、不思議で甘酸っぱくてなんでもアリで、儚いよね!」ぐらいの気持ちで見るとすごい楽しいし丁度いいと思う。期待のされ方がちょっとお門違いやったんやろな>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

沸々と込み上げてくる不安とか不満とか憎しみとか劣等感とか、それをこれでもかってくらい身近な世界観でボディーブロー入れてくる感じ。それでも愛しさが残る、吉田作品ワールド全開すぎて。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.9

アカンこれ、好きやわ(笑)
裏切られるとつながるの間みたいな、見てて疲れへん、でも予想とは全く違う真実がぬるぬる出てくる。
ドヤッ!て一気にどんでん返しするんじゃなくて、ジワジワ裏切られながら繋がる感
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.6

基本くんちゃんの成長物語で、そしてくんちゃんは別に窮地に立たされてるわけでも人生の分岐にいるのでもなく、ただ恵まれて育った男の子。だから先も気にならへんし、先がわからんくても困らんストーリー。面白い!>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

法の介入によって小さな命が再び危険にさらされるラスト。
法の下での善悪なんか個々の幸福を守ることとは何の関係もないと思い知らされる。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

良い意味で裏切られた。
キュンキュンのラブコメやけどふるえさせられる圧がある。
そして根暗設定のはずの松岡茉優がとにかくおしゃれ。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

初めて邦題がいい仕事したと感じた。
大筋はわかってたのに良い意味で一杯食わされた。
間違いなく「ワンダー、君は太陽」。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.4

やっっっと観た。
そして面白い。泣けるんやろなとか考えさせられるんやろなとか思ってたけど、それ以上に作品としてまず面白い。
後味も良いし、重い空気もない。
伏線と脱獄してからのカラクリもお見事としか言
>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

4.1

うーん良かった。人間に近づく工程が妙に現実的で、テーマは核心をついてる。そして泣ける!!!!!

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

個人的に大好き。誰に褒められんくても、誰に必要とされてなくても、前だけ見てる一子。これは絶対安藤サクラしか無理。

>|