まりまりさんの映画レビュー・感想・評価

まりまり

まりまり

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

-

SFは世界観を理解するのが難しい、、
ただ美女が戦う姿ははずれなく美しい
製作費かけてるなあって感じはしたし、映画館で観れたらよかった
シリーズものだけど他見るかは迷うところ

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家族を犠牲にしてしまったけど、隠遁生活を選んだことで、自分まで犠牲にすることはなかったのが安心した

2012(2009年製作の映画)

-

2012年に何か起きるんじゃないかってけっこう本気で怖かった

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

差別をなくしたいって思っても、自分はそのために何ができてる?って考えるとそこで思考停止。トニーみたいにまっすぐ行動すればいいだけなんだ

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.5

映画館だったら冷静に見ていられない
息ができなくなりそうだった

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

子どもって宝だ!!
子どもたちの可能性をどこまで広げられるか、あるいは閉ざしてしまうかは間違いなく周りの大人にかかってる

セッション(2014年製作の映画)

3.8

はじめはなんだか気持ちのいい映画じゃないなあと思って見てた。でも、段々作品に吸い込まれて気がついたら終わってた

>|