ユカートマンさんの映画レビュー・感想・評価

ユカートマン

ユカートマン

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヨーロッパ映画の宅飲みのシーン本当に好き。コメディに擬態したホラー映画。コジモの着信音のグロリアゲイナーI'll surviveが良かった。イタリアのゲイ大変そう。オチが秀逸だむた。

お名前はアドルフ?(2018年製作の映画)

3.6

・何人殺害きたら名前が禁止になるんだ?
・自分を上に見せたいだけ
・後半アンジャッシュのコントみたい
・ケルンはゲイに人気
・大人の喧嘩系

去年マリエンバートで(1961年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

BlurのTo the Endというシャンソン風の曲のMVで使用されているので鑑賞。ポストモダン?これ演じてる俳優たちもストーリーわかってたのか?訳分からん。

以下、町山さんの解説を聞いたメモ
・最
>>続きを読む

ガッジョ・ディーロ(1997年製作の映画)

4.6

クストリッツァ以外でジプシーを描いた作品を初めて見たが、これはジプシーをルーツに持つ監督が撮った作品。若いロマンデュリスが可愛かった。

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

3.8

ボスニア旅行した時にオランダ兵(UN)がいかに無能だったのか戦争関連の博物館でよく説明があったので見ていて痛々しかった。

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.8

ゆる〜い脱獄。初めてジム・ジャームッシュの映画を見た。一緒に見た人曰く、ジム・ジャームッシュはアメリカの醜い部分をよく描いてるとのことだったが、この作品だと治安の悪そうな南部ということ以外いまいちよく>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.6

「これは君の物語じゃない」からのタイトルショット→爆音のInbetween Daysが強烈で痺れた。UKロックとフランス映画が両方とも大好きな私からしたらその二つが融合する時はニヤニヤが止まらなくなっ>>続きを読む

パーフェクト・プラン 人生逆転のパリ大作戦!(2017年製作の映画)

3.8

職歴なしのニートが移民の友達の就労ビザをサポートするために偽装同性婚する話。ひたすら多動。クレールのお母さんとアッラーアクバルのところで死ぬほど笑った。3.4と少し評価が低めだけど、フィリップラショー>>続きを読む

シンプルな情熱(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

バレエ回のスターの銀幕デビューがフルヌードのエロ映画っていう衝撃作。年下のセフレロシア人にガチ恋してabsent-mindedになってしまっまシングルマザーの話。

こんなハッピーエンドなエロ映画があ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

入社してからずっとテレワークで最近やっとオフィス勤務が始まり、初めて仕事後に映画館に寄ったので疲れて寝ちゃうかなと思ったら逆に覚醒してしまった。私もこの作品同様明言されていないけどおそらく自死で亡くな>>続きを読む

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

3.8

今年のユーロで頑張っていたドイツ代表のハヴァーツくんがチェルシーでプレイしてるけど、それよりもうんと昔、まだ戦争の記憶が生々しく残っていた時代にイギリスで初めてプレイしたドイツ人キーパーの話。実在した>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

西欧と東欧、貧困、スパルタママ、一家離散。バレエにはあまり興味がないのでそういった記号を意識しながら観てしまったものの、かなり強烈な映像体験となり面白かった。生まれ故郷の殺伐としている旧ソ連の貧しい街>>続きを読む

ノー・ディスタンス・レフト・トゥ・ラン 〜ア・フィルム・アバウト・ブラー~(2010年製作の映画)

4.0

90年代のイギリスの音楽業界を騒がせた張本人であるロックバンドBlurが90年代の映像を交えながらインタビュー形式で当時を振り返るドキュメンタリー。流される映像は楽しいのにメンバーの口から出てくる言葉>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.8

頭を空っぽにして鑑賞できる愛すべき馬鹿映画。一瞬でてきたウィルファレルのヒンディー語のタトゥーが面白かった

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2006年製作の映画)

4.3

ティンダーでマッチしたイギリス人曰くサシャはSome fucking middle class, privately educated liberal that’s exploiting the SJ>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

4.0

世間の評価が3.6と低いのは物議を醸すラストのせいでしょう。キスから始まるモンタージュが圧巻。ちょっと記憶喪失系の作品に似た切なさ。ラブコメだけど純粋にコメディとしても超面白くて劇場内で唯一ゲラゲラ笑>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.1

ララランドもグレーテストショーマンも劇場で見てドン引きした自分はもうミュージカルは楽しめないのかとすら思っていたのだが、これを見てそれは杞憂だということが分かった。ジジイとババアの狂気の大演舞会だった>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.1

うわーーこれは観てないで損した。そりゃ舞台が原作だから設定も話の展開も映画作品にしてはぶっ飛んでて悪く言えば子供染みてる風に感じるけど風光明媚なスコペロス島の自然から音楽、踊りまで全てが良い。キャスト>>続きを読む

約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語(2009年製作の映画)

3.0

ギャスパーウリエル見たさで鑑賞したフランスのB級コスチュームプレイもの。わたしよようにウリエル見たさで見ると登場シーンが少ないので微妙かも。フランスの話なのに登場人物が全員フランス訛りの英語を話してる>>続きを読む

LETO -レト-(2018年製作の映画)

3.7

ソ連の伝説のロックバンドの前日譚。ソ連にもイギリスやアメリカのように30手前で夭折してしまった伝説のロックスターがいて、しかもマジョリティのスラブ人(白人)ではなく高麗人(朝鮮系)だった、というのがす>>続きを読む

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

3.7

既にYouTubeなどで観たことがあるシーンや聞いたことある曲が多くて、これが元ネタなのか!と感心。最悪なミュージカル映画。

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.7

事前知識を何も入れないで観に行ったら最初にHuluの文字が!まさかのHuluオリジナル作品の劇場公開だった。時間無限ループは『恋はデジャブ』みたいだけど、二人で巻き込まれる系はおそらく初で斬新。それ以>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

予備知識がないまま観に行ったので社会的構造に搾取される底辺労働者たちの話かと思ったら、自分の選んだ生き方に責任をもって生きる力強い人たちに焦点を当てた作品だった。不況の煽りを受け、転落してしまった中間>>続きを読む

>|