熊谷卍丸さんの映画レビュー・感想・評価

熊谷卍丸

熊谷卍丸

映画(978)
ドラマ(30)

アップグレード(2018年製作の映画)

3.9

これぞまさに近未来!
世界観も本当にこんな日が来るの近いなと思ってしまいました

人類と高性能AIは分かり合えるのか、、、。

とにかくこの映画を見て一番伝えたいこと、それは、、、。

女刑事の顔がニ
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

2.7

おいー
何やってんだよ!!!
もっと大怪獣プロレス見せんかい!!!

大体主人公!
お前、どんな大義名分があってこの大怪獣バトルに参戦してんだよ?あぁーん???

巨大サメに立ち向かったステイサム兄や
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.6

相変わらず映像はすごい、、、
けど、これはマトリックスでしょうか?
ターミネーター4では???

ネオとスミスの肉弾戦はずっと見てられますね

ペット(2016年製作の映画)

3.0

ペットは飼ってませんが、かわいいなぁと思いました
バナナマンの声も思ったほど気になりません

ウサギは米国版だとケビンハートなんですね!
これはナイス采配!
見た目と声がそのままのイメージです。

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

日本語吹き替えで見ましたが、チャッキーの声がちびまる子ちゃんの友蔵だったので、笑ってしまいました

呪いの力で人形に乗りうつる前作からだいぶ現代的になりました
だいぶチャレンジした設定だと思いますが、
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

うぉーい!
結局ラスボスまで到達せんのかーい!!!
圧倒的続編ありきの今作、アクションシーン以外の魅力は以下の通りです

①ハルベリーと犬の連携殺戮プレー
②マトリックスのネオとモーフィアスの再会的な
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

まず、正義の女ヒーロー集団「バーズオブプレイ」を知ってるのと知らないのとでは、楽しめ方が違うと思います
(知らなかったので、鑑賞後調べました)

かわいい第一主義のハーレイクインがジョーカーとお別れし
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

3.6

雄英高校1-Aにスポットライト当てまくった作品
普通にヒーロー活動できてるやん
インターンシップや仮免許取得の成果がしっかりと発揮されていると感じました

それぞれの良いところがキラリと光るバトルシー
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

探偵物といえば、2種類に分けられます
犯人が分からないまま進んでいくタイプ(金田一、コナン)、犯人が分かって進んでいくタイプ(古畑任三郎、コロンボ)

今回はどちらにも属さないというか、どちらの良いと
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.8

韓国版「鍵泥棒のメソッド」でしたが、韓国が誇る顔面兵器ユ・ヘジンの活躍が本当にすばらしかった

売れない役者の行動全てがいらだたしかったけど、ユ・ヘジンの演技で全てが帳消しです
まさか、あの顔に胸キュ
>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.7

世界観がなんともキリスト教の国だなぁ〜と思いました

束縛おじさんのタイムループもの
こいつの身勝手さと重い愛がホラーです

眼力だけで金玉を握り潰すシーンには思わず股間を押さえてしまいました

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001年製作の映画)

3.8

リュック・ベッソン×ジェット・リーのカンフー刑事モノ

リュック・ベッソンは警察に何か恨みでもあるんでしょうか?
汚職に汚職を重ねた警官が相手です

体の小ささを生かしきったアクションが実にお見事です
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.5

ネオ覚醒、スミス覚醒、そして何よりモーフィアスの私服ユニクロっぽい

難しい用語がたくさん出てきますが、そんなに難しく考えなくて大丈夫ということが分かりました

人間たちがコンピューターウイルス
AI
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.8

小学生のとき観て難しすぎて挫折した映画
それ以来なんとなく食わず嫌いになって避けていましたが、、、

お、おもしろい
色あせない映像美と世界観とエージェント・スミス

Netflixよ、また会わせてく
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.7

ここ最近のサムロックウェルはとても良いですね

現実でおこったメディア&FBIチームvs巨漢正義感変態の戦いの記録

メディアしか情報のない民衆の変動ぶりは恐ろしいですね

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

もっとスピード感ほしかった
個人的にはハラハラがイライラでした

白いのさえ吸わなきゃいいっていう、ご都合主義的な有毒ガスから逃げきるために奮闘する映画

オチはまさかの最先端技術

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(2010年製作の映画)

3.7

「サミェエルLジャクソンとドゥウェインジョンソンのバディもの!」かと思いきや、、、笑

これぞアメリカンコメディ!
結局なんで追いかけてたのか分からなくなりましたが、そんなのどうってこたぁないです

天気の子(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

青春時代の憤り?若気の至り???
新海誠の世界観?????
うるせえ!しつこいんだよ!!!
吐息がやかましいんだよ!!!!!

全てがわざとらしい、リアクションもツッコミもさぶい
声優と絵が浮いてます
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.3

今まさにタイムリーな話

事実がねじ曲げられ、無実の罪を着せられることが普通になっているアラバマの人々

特に黒人はろくな捜査や裁判もなく、死刑宣告を受けるという不条理

そこに現れた、黒人弁護士が非
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.7

こんなもんもうワイルドスピードです
ハゲの少ないワイルドスピードです

こんなもんオーシャンズ 11です
ハンサムハゲのいるオーシャンズ 11です

何が言いたいかと言うと、ステイサム最高

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.0

おい少年、屈曲すぎるぞ!
二ヶ月あんな島サバイバルしてたなんてどんなポテンシャル!?

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.0

主人公が、、、、、すごく嫌!笑
常に上から目線な気がするし、へなちょこだし、何より友達の危機にお前消防車の上で性行為ってお前、、、
ろくでもねぇ奴すぎて、途中の兄への説教が全然染みません笑

兄も兄で
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃(2015年製作の映画)

3.8

前半の春日部お別れシーンが涙腺のピーク!
でも、最近のクレヨンしんちゃん映画によくあるお涙頂戴の演出は目立たず、笑いどころもたくさんありました

野原ひろしはツボです、表情がすごくいいです

日本エレ
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

これは、あれです
綾瀬はるかの美しさを体感するための映画です
ストーリーなんかクソくらえですよ

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.7

訳わかんねぇオープニングだなと思ったら、そのまんまのストーリーなんかい!っていうツッコミは不可避です

これに高評価してる人は変態です
いい意味で

複製された男(2013年製作の映画)

3.8

何がどうなってんの?
最終的に考察、解説まで読まされるところまでが楽しいひと時です

「なるほど!そうやって見ればそうだなぁ!」
という、なんともいえない気持ちにさせてくれます

ギレンホール兄さんの
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

2.5

大好きな漫画の実写版!
不甲斐なきは山崎賢人のわざとらしい演技!
そして、要潤演じる騰のこれじゃない感!
違いのわかる男大沢たかお演じる王騎が思った以上によかったので、残念でした!!!

その他のキャ
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.4

パッケージ負けです!
ロック様あんま関係ないやんけ
事実かもしれないけど、そこはWWEもっと脚色してもよかったのでは?

WWEはもっと試合のシーンに力入れてほしいですねほんと
新日本プロレス監修の「
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.3

戦車内でゴーンってなって気絶するシーンは斬新でしたが、ハードル上げすぎて見てしまいました

コメディ寄りにしたいのか、真剣にしたいのか分かりませんでした

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.4

今作にタモリが出てくれば、確実に世にも奇妙な物語でした

ビートルズを自分以外だれも知らない世界になったらどうする?というテーマではありましたが、現代でビートルズが出てきたら?という世界観も楽しめまし
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.9

カーアクションは色々見てきましたが、作るところからっていうのが痺れました!!!

イライラ、ハラハラ、ドキドキ、そしてガッカリ
感情が色々と揺さぶられました

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

2.5

なんだか茶番に見えてしまう
なんでだろう
「ピッチパーフェクト」と同じようなストーリーの流れなのに


結局は天海祐希が「女王の教室」と同じパターンだったからだと思います

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.8

見るたびに、なんで眉毛ないんだろうと思ってしまいます

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.2

こんなセンセーショナルな邦画があったなんて!!!!!
各界の著名人が絶賛していた、この映画。ずっと気になっていました
一本の映画の中で、まるで何本かの違う映画を観ているような感覚になる感じでした

>>続きを読む

パンダ・コパンダ(1972年製作の映画)

3.5

小パンダのパンちゃんの強いのなんの

親父パンダも最高でした
「竹やぶ」っていうときのサイコな顔もよき

曲が頭から離れなくなって、苦しいです

メガマインド(2010年製作の映画)

3.8

やるじゃないドリームワークス!
視点を変えるだけでこんなにもおもしろくなるなんて

分かりやすく言えば、もしもバイキンマンが勝っちゃったら、、、

または、あたおかボーイが急にスーパーマンの力を手に入
>>続きを読む

>|