marmeloさんの映画レビュー・感想・評価

marmelo

marmelo

2018年4月登録
手元に記録していた過去に観た作品など含めこちらに記録していきます

映画(425)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

2.7

安室ちゃんが引退した日に鑑賞。
この世代ど真ん中なもので、懐かしさでいっぱいになってそれなりに楽しめた。当時の女子高生の描き方にもツッコミどころありすぎだったけど(あんな全員ギャルなクラスないってば!
>>続きを読む

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

2.7

80’sリアル世代には音楽ネタも楽しいし、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアという組み合わせもなかなか凄い。ヒュー様がアメリカ商業映画に完全に馴染めてない感じがまた微笑ましい。時代背景がはっきりして>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

3.7

高倉健主演作だけど脇を固める丹波哲郎に田中邦衛もキャラ強すぎる!何より健さんも霞むんじゃないかと思わせるアラカンの存在凄い。物語自体は思っていたよりたいしたことなかった…(個人差によるものです…)

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.9

アイルランドとブルックリン。時代背景は現代と違うけれど、ここまで文化的な隔たりがあったとは。この隔たりの中で揺れる主人公を演じたシアーシャ・ローナン、瞳の美しさが素敵で射抜かれそうだった。彼女は「レデ>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

自分の出自が気に入らなくて、故郷も家族も名前も、自分にまつわるものすべてが恥ずかしいものとしか思えない、若くて未熟で突っぱった赤毛のレディ・バード。なんだか全て愛おしかったなあ。自分の気持ちに正直に生>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.2

映画にする必要あったのかな…。ドラマ版の吉瀬&北村カップルで見たかった。

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.5

光州事件にフォーカスして描いている映画なのかと勝手に思っていたけれど、ひとりの男性の人生を逆まわしで描いている作品で、その人生を大きく揺るがしたひとつに光州事件があったという内容。その男があまりにもク>>続きを読む

沖縄スパイ戦史(2018年製作の映画)

4.2

沖縄戦での少年ゲリラ部隊(護郷隊)の凄まじい体験。日本軍による日本の民衆への虐殺、だけでなく住民同士でも殺し合いがあったこと。戦争マラリア。知らないことだらけで愕然とする。カメラに向かって語ってくれた>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

前半酔って後半は意外なエピソードのたたみかけ、見事でした。楽しかったー。

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

4.2

公開当時見るつもりでいたのに見る機会を得ぬまま長い時が経ち、早稲田松竹のレイトショーで上映されていたのでようやくスクリーンで鑑賞。フィルムは良いな。高画質とは違う映像の質感とプチプチという微かなノイズ>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

是枝監督、とんでもない映画を撮りましたね…。これはもう一回観ないと。安藤サクラの演技が凄いのはデフォルトとして、最後の佐々木みゆちゃんの表情に息が止まりそうになり、その後に響く細野さんの音楽が不穏な空>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

史実とエンタメが絶妙に絡まって物凄い見応え。映画にしてくれてありがとうという気持ちでいっぱいに。傑作。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.7

ちょっと長いけど時間感じさせない濃密さ。アミール・カーンが若くて素敵!Aal Izz Well、最高。

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

3.5

吉祥寺バウスシアターのレイトにて。19歳の主人公、自殺願望が強く、しょっちゅう親の前で首をつったり風呂場で血まみれになってみたりプールで溺死のふりしたりする。もうその姿が滑稽でばかばかしくて、劇場で何>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

3.5

凄まじいドキュメンタリー。戦争が遺したモノ、人の心、人間の存在、奥崎謙三の生き方は全て正しいわけではないけれども、人の意志として間違っていない気もする。罪となる暴力に対してだって筋を通すその潔さに圧倒>>続きを読む

>|